本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

The Rough Guide to the Lord of the Rings

a0003079_22279.jpg日本でいう「~がわかる本」というジャンルに相当するであろう、軽い本です。コンパクトな体裁の2色刷。内容は、映画と原作の豆知識みたいなものを、これでもかこれでもかと集めてきたもの。よくぞここまでというのが最初の印象です。ただし、はっきりソースが書いてある記事ばかりではないので、ここから孫引きはちょっと憚られる感じです。
 どこかで聞いたような逸話がごろごろ載っていますが、「読むとき飛ばすべき箇所」とか、「スターウォーズとの比較」とか微苦笑を誘うコラムもあり、なかなか捨てがたいです。
 面白いとおもったのは、最後の「The Context」の章。ここも、どこかで聞いた話のオンパレードではありますが、ミドル・アース・レーベルの話とか、ジミー・ペイジがトールキンをテーマに曲を書いてたとか、マーク・ボランが指輪の大ファンだとか、意外なアーティストやバンドが「指輪物語」に影響を受けていたりするのが面白いですね。さすがはカウンターカルチャーの文脈で読まれていただけのことはあります。
 以前にグワイヒアさんのサイト「ミドルアースの風」で紹介を見て以来、すっかり虜になってしまったLeonard MimoyのBallad of Bilbo Baggins(「ビルボ!ビルボ・バギンズ」ってコーラスが入るキテレツ(でもなぜか耳に残る)な曲で、傑作なフラッシュ映像もあります)のこともバッチリ出ています。雑学のおともに。
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/104517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by silverspoonsjp | 2004-03-26 22:28 | 「指輪物語」関連の本 | Trackback | Comments(0)