本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Poems from the Lord of the Rings

 『指輪物語』に登場する詩全てを、アラン・リーの挿絵とともに収録した本です。トールキン教授の作品にはいろいろな方が挿絵をつけており、作品に想を得たイラストなども多数ありますが、私はアラン・リーの作品が一番好きです。ファンタジーものというと、きらびやかな色彩を使う画家の多いなか、この人の作品は自然に近い色合いなところもいいし、英米の挿絵によく見られる鉛筆画のタッチ(「毛皮タッチ」と勝手に命名。この技法で描くので、地面を描いても生きているように見えるのです。)なところも好き。また、数々の神話や伝説の挿絵を描いておられるので、どことなく絵に神さびたところが感じられるのも気に入っております。
 縦167×横128ミリと小ぶりで、詩のアンソロジーにぴったりのサイズだと思います。
 と、褒めてきたところで何ですが、この本は本文組にあまり気を遣っていませんね。せっかくのアラン・リーのイラストがもったいない。デザイン担当者は自分とこで出したPoems from the Hobbitをよく研究して、反省するように! 
ISBN 0-261-10312ー1 
[PR]
by silverspoonsjp | 2004-03-27 22:03 | 「指輪物語」関連の本