本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【素敵なビジュアルの本】ku:nel 2005年1月号

a0003079_19145298.jpg
しあわせな物語の後ろには、いつも知りたくなかった物語が隠れている。小さいころ、数少ない蔵書(?)の1冊だった「ちいさいおうち」もそうでした。

「ちいさいおうち」は絵本で、丘の上にたつちいさな家が、周りにどんどん街が出来て取り残されてしまったものの、最後にはまた田舎に引っ越すというお話です。
そのふるさとを訪ねる、という記事に惹かれて買いましたが、読む前から何となく、読みたくないようなことも書いてあるという気はしてました。

本なら本そのもの、絵画なら絵画そのものを見るべきで、作者のことを知る必要はないんじゃないかといつも思うものの、知ってしまった後では、作者抜きに作品を見ることは難しくなります。第一、作者について何の知識もなかったにしても、やはり作品を見ればなんとなくわかってしまう。逆に、作者のことを知ってしまうと作品の解釈が限定され、ずいぶん簡単にオチがついた気がしてしまうので、知るのを避けてしまうのかも。

とぐるぐる考えてしまった特集は全体のたった10分の1。読者対象も取り上げる事柄も全然違いますが、かつての「暮らしの手帖」を思わせる雑誌です。今回は松谷みよ子さんのインタビューも掲載。いろいろなカフェに置いてあるのでいつも買わずじまいでしたが、今回は全体的に好きな内容だったので買ってみました。

マガジンハウス
月刊 
680円
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/1354537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wata at 2004-11-26 01:13 x
何が書いてあったのか、気になりますね(苦笑)。
「ちいさいおうち」は持ってはいませんでしたが、小学校の図書館の低学年用棚にあって、わりと好きな本でした。
童話や昔話はわりと暗い部分がありますが、このお話はほのぼのという印象をもってましたが、やはり、何かありましたか。
Commented by silverspoonsjp at 2004-11-26 22:42
こんばんはー!いい引きでしょう?(笑
この絵本自体には暗いエピソードはありませんが、作者についてはやっぱりねって感じでした。もっとも、いつも明るいだけの人生というのは滅多にないですが…

裏話を聞いてショックNo1だったのは、私の場合「大草原の小さな家」シリーズでした。今ではそういう舞台裏があってこその名作かなと納得してますけれども…。この件に関しては何とも思わない方が大多数でしょうが、私同様、動揺なさる方もいらっしゃると思いますので、ここではちょっと伏せておきます。詳しく調べたい方は「ローラ&ローズ 大草原の小さな家・母と娘の物語」の本、またはHPでも「大草原の小さな家」「ローラとローズ」などのキーワードで検索するとみつかると思います。
Commented by wata at 2004-11-27 01:32 x
「大草原の小さな家」・・・私はテレビシリーズを数話しか見たことがないのと、自分が田舎暮しのせいか大草原に憧れを持たなかったのですが、あの家族に憧れたという感想はききますね。
私が作家の生涯でショックだったのは英雄「コナン」シリーズの著者、R.E.ハワードの最期でした。
Commented by amethyst at 2004-11-27 14:01 x
初めまして!
横から突然失礼します。
大草原の舞台裏は、壮絶な物語ですね。
そう言う意味では松谷みよ子さんの、「モモちゃんとアカネちゃん」シリーズも同じではないでしょか?
もし興味があおりでしたら、「小説・捨てていく話」をお読みくださいませ。
Commented by silverspoonsjp at 2004-11-27 22:53
☆wataさん
私のアメリカ観はだいぶ「大草原の小さな家」に左右されているところがありまして…今はどんなにダメダメでも、こういう本を書く人がいる国なら信ずるに足りる国だなあという気がしているんです。先住民への視点とか、エコロジカルな観点とか、先進的なところがあると思います。それから、シリーズ後半のローラが自立していく話も好きです。本にはちらっとしか書いてありませんが、伝記などを見ますとやはりローラは独立の精神が旺盛だったみたいですね。(そしてその娘さんも…)
うう、R.Eハワードですか…天才は夭折するとはまさに彼のこと?
Commented by silverspoonsjp at 2004-11-27 23:05
☆amethystさん
こんばんは、初めまして!素敵なHNですね。アメジストは一番好きな色です。

さて、「モモちゃんとアカネちゃん」もうわずかな記憶しかないんですが、お話の中で、お母さんが「ヤドリギ」に蝕まれているというようなことを言われるシーンがあって、子供ごころに強く印象に残りました。
「小説・捨てていく話」についてご紹介ありがとうございました。モモちゃんのシリーズには続きがあったんですね!今度ゆっくり読んでみたいと思います。
by silverspoonsjp | 2004-11-24 19:17 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(6)