本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

怖わ可愛いウサギの本-「Esterhazy」

a0003079_23331145.jpg
最近、洋書はネットで買うことが多くなったけど、店頭売りが無くなってしまったら、タイトルを知ってる本しか買えなくなるので困りますよね。東京堂も洋書はやめてしまったみたいだし、タトル商会まで和書を扱いだしたりして、神保町の新刊書店で洋書を買うのはどんどん難しくなってきています。

そんななか、三省堂書店神田本店の洋書売り場は、すごくメジャーでもないけど、インディーズでもないような作家のビジュアルブックを何気なく置いているのでときどきチェックしに行きます。

この本はミニサイズの本ですが、「魔笛」のミヒャエル・ゾーヴァが絵を描いていて、とても目立ちました。可愛らしいのは服を着たウサギだけで、色や絵柄はどことなくメランコリックな感じです。悪意すら感じられる絵もあります。
a0003079_23332676.jpg
ドイツ語なので話がさっぱりわかりません。でも、良い本を扱ってるのに売れなかったら、どんどん売り場から駆逐されちゃうんだろうな、と思い、仕入れの人へエールを込めて買ってみました。

家に帰ってネットで検索したら、ちゃんと評論社から翻訳が出てました。「エスターハージー王子の冒険」・・・??あなたは王子様だったのね、ウサギさん。
そんなファンタジックなタイトルほどは甘くない、寒々とした石造りの建物の背景が魅力的な絵本です。(挿絵は本文(たぶん)21ページから。この本ノンブルがないわ…)
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/1462303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sumi2211 at 2004-12-24 13:42
ネット通販だけでは、なかなか本を選ぶのは難しいですよね。
私も高額な洋書などは、まず洋書店で実物を確認してから
ネットで安く買うことが多いです。うさぎ王子、なぜ逆立ちを!?
Commented by silverspoonsjp at 2004-12-26 23:02
sumiさん、こんばんは。もしもドイツ語ができたなら、なぜ逆立ちしてるのかわかるのにー!!前の方にサラダ菜がちょこんと置いてあるのも気になります。一切れの菜っ葉のために、見世物になっているのかしら?かわいそうなうさぎ王子…。やっぱり日本語版も買おうかな~。最近、洋書店もかなり値段を下げてきましたよね。売れないと売り場がなくなってしまうので、たまには洋書店で買うようにしてます。この本も、大きい判のは日本のネットで扱いがあるんですけど、小さい判は海外のネットか、書店にしかないみたいです。
Commented by wata at 2004-12-29 18:01 x
絵に惹かれて熱帯雨林に注文したのが届きました。
1600円という価格からしても大人向け絵本なのだと思いますが、もうちょっと絵が大きく載る装丁にしてほしかったです。それと、ドイツ語の表紙のイラストが載ってないんです。ないのはあの絵1枚だけなのか、他にも掲載されてない絵があるのか気になります。
お話は、わりとイヤミもなくすんなりした展開でした。深読みすれば、何かあるのかもしれませんが、私は気がつきませんでした。
私はこの絵描きさんを知らなかったのですが、すてきな絵ですね。
さて、王子様のお名前だけご紹介します。
「高貴なるミヒヤエル・パウル・アントン・マリア・エスターハージー…」長くて書ききれません(笑)。
Commented by silverspoonsjp at 2004-12-31 18:15
wataさん、日本語版の情報ありがとうございました。もうどんなお話なんだか気になってしょうがなかったので(笑。フランスワインと貴族は名前が長いほど高級だと聞きましたが本当でしょうか??

さて、私の買った小さいサイズの本は(小さいだけに)絵は1ページ使ってあります。でもきっと、普通サイズの本の図版ぐらいの大きさだと思います。なぜこっちにしたかというと、大きい判の方は色味が明るかった(白っぽい)からです。ダークなトーンの方が絵に合ってる気がしたので…。

この判の挿絵は、表紙、扉まで含めると18葉です。絵本なのに、原書と翻訳で絵の数が違うことがあるんですね。ちょっと驚きです。

画家のゾーヴァさんは、映画「アメリ」でアメリの寝室に掛けられていた動物の絵を描いた方だと聞いております。
Commented by wata at 2005-01-05 00:23 x
銀の匙さん、絵の数を数えていただいてありがとうございます。
邦訳本は表紙・裏表紙の絵は中で使ってる絵と同じで、絵柄は扉も含めて16点でした。

本の帯には「M.ゾーヴァの話題作」と大きく書いてあり、絵が売りだってことはわかってるはずですが、どうして2点も削られてしまったんでしょうか。不思議ですね。

さて、昨年中はいろいろありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by cymru at 2005-01-05 17:14
ゾーヴァいいですよね。好きです
Commented by silverspoonsjp at 2005-01-06 00:21
☆wataさん

あらら…2点削った理由はいったい何だったんでしょう???1点につき使用料いくらって取られたとか?あるいはドイツ語版が他の版より挿絵が多いとか、表紙が書き下ろしいうことはあるかもしれませんが、おっしゃるとおり大きなナゾですね。

こちらこそ、いつもお世話になっております。今年も引き続きよろしくお願い致します。

Commented by silverspoonsjp at 2005-01-06 00:40
☆cymru様

初めまして!このウサギ王子の本にはあまり不気味な絵ってないんですけど、そちらのブログで紹介されているタッチの絵の方がゾーヴァらしい感じがします。不気味可愛いというか…。

Commented by Elfarran at 2005-01-07 08:52 x
お久しぶりです。ちょうど昨日12月中借り切っていた
本達を図書館に返しに行って(叱られて^^;)
見つけた本でしたので驚きました。相変わらず
チェックが鋭いですね~嬉しくなっちゃいます♪
何気に読んだだけだったので、挿絵画家や
枚数の事等知りませんでした。皆さんの
情報収集に敬服です。今年もこの調子で
感性を刺激して頂きたいっす(笑)
Commented by silverspoonsjp at 2005-01-10 23:27
☆Elfarranさん

こんばんは。お返事遅くなり失礼しました。近くの図書館はどれも規模が小さく必要な本が見つからないので、図書館から借りるのはもっぱらCD(…おいおい。)な私でございます。蔵書充実の図書館が近くにある皆様が羨ましいです。

エルさんこそ、いつも面白そうな本を読んでらっしゃいますよねー。最新情報をキャッチするというより、昔からあるものをボチボチ紹介したり、あまり時間がかからずに読めるものばかり御紹介してお茶を濁しておりますわがブログですが、皆様からのコメント・TBでいろいろ教えていただき、大変有難いです。今後ともどうぞよろしく!
by silverspoonsjp | 2004-12-21 23:52 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(10)