本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

備忘録:バタフライの泳ぎ方 その1

さて、バタフライ。

それ、旨いのか?!というお決まりのギャグはおいといて。

急に暖かくなったので、近所の屋内プールに行ってみました。
そうしたら、バタフライを教えてくれるプログラムがあって、つい、はずみで参加してしまいました。
だってやったことないんだもの。

学校ではクロール、平泳ぎまでしかやりませんでした。
皆様の学校では習いました?
背泳ぎはまあ、自己流ですが何とか前には進みますし、
なんと言っても、どんな泳ぎか知ってる(爆)

だけど、バタフライって、実は泳いでいるところをちゃんと見たこともないのです。
ただ、話によると、平泳ぎが変形したものだということなので、
いきなり習うとはいえ、まあ溺れずには済むでしょう。

そんな軽い気持ちで参加してみると、他の人もレベルは似たりよったり。ああ、良かった。

さて、コーチが登場して練習開始です。

まずは、プールの中で立ったまま、背中を動かす練習です。

背中!

これが、見事に全然できないんですよ
(コーチに、腰痛か、肩を怪我したことありますか、
と聞かれてしまった…どっちもないです…)

まず、肩を落とします。

両手をでれんと伸ばし(力を入れないこと)それぞれ、太ももの前までもってきます。

次に、両肘を少し曲げて、肩胛骨を寄せます。これが出来ません。
私なんて、「よいしょっ」と言う感じでかなり寄せたと思ったのに、背中は全然動いてないらしい。
(ひょっとして背中にお肉が付きすぎ!?)
このとき、胸は張った状態になります。

つまり、
 肩の力を抜き→背中が広がった状態(胸はすぼまり、手はだらり)
 →肩の力は抜いたまま→肩胛骨を寄せる(胸は大きく開いて、肘を少し曲げている)

の繰り返しになります。コーチ曰く、この動作がバタフライの基本で、
これさえマスターできればバタフライが出来たも同然!とのこと。
そりゃ、やるっきゃない。

…が、出来ない私をよそに、練習は次の段階へ進みます。

 この動作を、水に浮いたままやる。

立ってても出来てないので、当然水中でもできませんが、
ここでもう一つ注意事項があります。それは、視線を下に向けること。
(立っててやっていた動作を水平でやるわけですから)。
私はつい、頭を上げて進行方向を見てしまったり、
背中の動きにつられてあごを上げ下げしてしまい、お辞儀状態になってるのですが、
それではダメ。

実に簡単な動作なのに、なぜ出来ない?

ま、お料理番組と一緒で、ここは出来たということにしといて、
次の手順。

次は足です。水中に浮きながら、肩胛骨を寄せて、肩胛骨を離して、
という動作を連続してやっているときに、足をだらんとしてると、実は自然に
バタフライっぽい足になるんですよ(おおーーっ!)

なるほど、背中の動作ができれば出来たも同然とはこのことなのですね。

バタフライの足の動きはドルフィンキックといい、かえる足ともバタ足とも違います。
足にフィンをつけて泳いだことがある人は分かると思いますが、
足を揃えて、えぴとかイルカとか人魚(見たことないけど)のように、
上から下へ打ち下ろすキックなんです。

打ち下ろすとき、足は揃えてまっすぐ。
(浮いてますから、腰の部分が持ち上がって、
横からみると「へ」の時のようになってます。)

終わったら、足を揃えたまま、膝を90度くらいに曲げます。

そこからまた打ち下ろす、の繰り返し。

面白いことに、足を揃えたままで水中で肩胛骨を開くと、
どうしても身体全体では「へ」の字になります。
肩胛骨を戻すときに膝を曲げるようにすると、
もうそれでドルフィンキックのできあがり。

あとはこの動作を無限ループ!

いやぁ確かに、こりゃ簡単です。ちゃんと背中が開いたり閉じたりすれば、
(そして、むりやり頭を上げ下げしなければ)自然と前に進みます。

でも何だかコレ、芋虫が這ってるみたいで可愛くないんですけど。
プールのレーンを目一杯占領してジャマ豪快な、バタフライの泳ぎ方とは
だいぶ違うんですけど。

という、生徒たちのがっかりしたような表情を見てとったのか、コーチはにこやかに、

皆さん、この動作を忘れないように復習してください。来週は手をやりますからね。

ら、来週!?

ここでやめたら芋虫のまま生涯が終わってしまうではないですか。
つまり、来週もプールが確定ってこと…?
つか、復習しないと忘れるし。パソの前に座って肩胛骨を寄せる練習をせねば。

あ、今気づいたけど、パソ打つ動作って、肩胛骨を開いてる動作ですよね。
道理で寄せるのが難しいはずだわ…頑張らないと。

ということで、願わくば来週に続く!

備忘録2へ続く!





[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/14743768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by silverspoonsjp | 2012-02-25 20:36 | プチ日記 | Trackback | Comments(0)