本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

初級ロシア語文法

この秋(って去年ね…遠い目)、ロシアに行って参りました。

ロシアといえば、神保町の住民なら、
「バラライカ」のロシア!
「ナウカ書店」のロシア!
「サラファン」のロシア!
おや、結構ゆかりが深いですね。おっと、そうそう、
「ニコライ大聖堂」のロシア!

そして、指輪ファンなら当然、
シュロブ大好物マトリョーシカのロシア!(こらこらこらこら!!)

際限ないのでこの辺でやめときますが、気が付かなかっただけで、
結構ロシアって身近にありますね。
そういや昔から結構ロシアのモノが好きだったんでした。
映画とか、音楽とか、絵とか、SFとか…。
今は独立しちゃってる地域のモノが多いから、正確にはロシアじゃないけど、
ソビエトっていうと、イメージまた違うし。

ま、とにかく、遅い夏休みが取れたのと、いまはツアーじゃなくてもロシアに行ける、という人の話を聞いたので、これはチャンスとばかり、出かけてみたのでした。

そしたらもう、ツボにはまったの何のって。
うら寂しく寒々しい平原や、ひっそりした森をバックに、
絵から抜け出して来たような美しい人々や建物。
物見遊山で覗く教会、覗く教会、どこでもめちゃくちゃレベルの高い
アカペラの合唱が聞こえ、(もちろんby普通の信者さん)
街のカフェではびっくりするほどおいしいお料理が…。

これで気に入らなかったらヘンですよ。
物価が高いのが玉に瑕だけど。
まあ、東京よりは、安かったですけどね…。

以来、人に会うごとに旅行先にはロシアを勧めまくってる私。
(ご興味があれば、旅行の様子も別のところに書いたので見てやってください)

さて、そんなに面白かったロシア旅行ですが、一つ残念なことがありました。
それは、ロシア語がほとんど分からなかったこと。

ロシア語の旅行会話本がとても良くできていたので、
ほとんどそれで用は足りたし、片言のロシア語でも
皆さん、それなりに親切にはしてくれたのですが、
じっくり観察できるという利点はあるもの、言葉がちゃんと出来ないと、
テレビの紀行番組を見ているみたいで、良いことも悪いことも
ダイレクトに心に響いてこない気がします。

日本人には言われたくないと思いますが、
とにかくモスクワでは英語が通じないし、二カ国語表示はほとんどありません。
(ゴンドールに王が必要ないのと一緒ですかね…)
サンクトペテルブルクの人は結構英語ができたんだけど、
せっかく英語圏以外の国に来たのに、それじゃ面白くないですもんね。

で、きちんと勉強しようかなと思って、読み始めたのがこの本、
黒田龍之助 著 『初級ロシア語文法』(三修社)。

えっ、会話のために勉強するんでしょ、何で文法が必要なの…?
と自分が思うけどこればかりは仕方ありません。
何せロシア語には「一致」と「変化」という厄介な性質があるので、
旅行会話帳の単語を入れ替えただけでは、通じる文章にならない(らしい)んですよ。

「一致」と「変化」 なんだそりゃー?
知りたいでしょう?!
ほら、文法書を読まなきゃ、と思うでしょ?!

取りあえず私はそう思ったので、まず文法書から始めることにしました。
外国語は音から、がポリシーではありますが、何とおいしいことに、
この本にはばっちり音声CDが付属しています。

しかも著者が、あの「羊皮紙に眠る文字たち」の黒田龍之助先生ですよ!
当然、文法用語の知識をひけらかそうとして書いているとしか思えない、
凡百の類書とは比べものになりません。

著書にはほとんど目を通しているくらい、好きな先生の本なので、
当然学習にも身が入る…といいなぁ。

400ページもあって、ボリュームもばっちり、お得感満載。
しかも、課をとても細かく分けている上に、各課が扉で始まっていて、
実質4ページ進むと1課が終わり、非常に達成感があります。
本当に小さな工夫ですが、見開き単位でレッスンが進む本が
いかに見えないストレスを与えるか実感しました。

まあ、ただロシア語は、
キリル文字が何とか読めるくらいまでは嬉しいんだけど、
日本語遣いにとっては発想の違いが大きくてやっぱり大変。
複数形なんて男性、女性、中性の他に、最後の文字によって
作り方が微妙に替わったり、アクセントの位置が変わったりと
正直面倒…と思っていたら、先生のこのお言葉。

「このように、ロシア語は複数形の作り方一つとってもこれほど複雑であり、
学習者を飽きさせることが決してないのです。」


どうですか、モノは考えよう このポジティブ思考!
私なんかすっかり感化されてしまい、変化表を見ると、
ああ、これがロシア語流のおもてなしなのね、お気遣いすいません。

と思える境地に…


なりたいなぁ…。

周りの人にロシア語の勉強始めたんだ~と言うと、
意外な人が
「自分も勉強したことある」
「英語塾の先生が実はロシア語専攻だった」
「(バレエを極めたくて)ロシア留学を本気で考えたことがある」
「ロシア語で I love you」が言える」
「実は自分、正教徒」(マジですか!?)
と言い出し、ロシア語学習人口の多さにも驚く今日この頃、
もし皆様がロシア語に興味をお持ちだったり、
あるいは過去に囓って挫折していたり、するならば、
ちょっとご覧になってみると、毎日が楽しくなるかも知れない本でございます。

健闘を祈る!
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/14750269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by silverspoonsjp | 2012-02-26 21:06 | その他のことばの本 | Trackback | Comments(0)