本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

明けましておめでとうございます。

ついに2005年となりました。明けましておめでとうございます。

元旦早々、「カンフーハッスル!」を見に行く予定です。

香港映画には「賀歳片」というジャンルがございます。ご存じの皆様も多いと存じますが、英米のクリスマス映画みたいに、スター総出演でにぎにぎしくハッピーエンドになり、なぜかエンディング近くには本編とは関係なく、登場人物が並んで「恭喜恭喜」(おめでとう!)と挨拶する、というものです。あまりに唐突で最初見たときはちょっとビックリ…。でも、お正月には家族揃って映画を観るという習慣が残っている香港ならではの楽しい映画です。

カンフーハッスルは賀歳片じゃないみたいですけど、笑って入場料のモトは取る決意です(新年の抱負)。ということで、今年もどうぞよろしく!
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/1498114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by crann at 2005-01-04 23:28
@の匙さま(笑)、おめでとうございます!今年も賑々しく楽しい年でありますように!
「賀歳片」(なんと読むのでしょう?)、まるで11月歌舞伎顔見世のようで楽しいですね♪お正月歌舞伎もご挨拶とかあって、これはアジアの風習なのでしょうか。アジアンでなくても演劇は幕が下がればそこで世界は現実に戻ってしまいますしね、ひとたび夢が終わると現実のご挨拶が始まるあたり、おもしろいですよね?・・・年明け早々何をいいたいのかわからなくなってきました(苦笑)
今回の旅行は○ニならぬ、kappaが相棒でした。kappaとの道中記を少しずつポストできればな~と思ってます。
今年もよろしくお願いします♪
Commented by silverspoonsjp at 2005-01-06 01:58
crannさま

○の匙でございます(ちょっと復活・笑)。明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

「賀歳片」の発音は「ホーソイピン」って感じだと思います。なるほど、演劇から来てる伝統という可能性はありますね。さっきまでお芝居してて、終わったとたんにずらっと役者が舞台にならんで「おめでとうございます!」とか挨拶するのは別に不思議じゃないですものね。映画でやられるとかなりビックリですが。

ふふふ、crannnさんも両生類(kappaさんて両生類?)とのご旅行だったんですね。イギリスは古いものが残ってて素敵ですよね。記事楽しみにしています。
今年も良いこといろいろありますように!

by silverspoonsjp | 2005-01-01 01:25 | プチ日記 | Trackback | Comments(2)