本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

備忘録:バタフライの泳ぎ方 その3

さて、夏も近づいて参りましたバタフライ。

いつもの講座の時間に出られなかったため、2回ほど、別の講座に出席。
そこは別のコーチなので、教える順番が違っていて結構とまどいました。

前のときは、手は最初から最後まで伸ばしたまま(初心者用訓練)だったんですが、
今度のコーチは最初から完成形で教えるらしく、手の曲げ方から入ります。

まず、けのびの状態で手を伸ばしますが、

・手を左手10時、右手2時の方向に伸ばします。
・その場で、肘を内側に曲げてきます。手のひらは下。
・手を体側にそってぐぐっと伸ばします。
・手のひらを返しながら、左手8時、右手4時の方向に伸ばしきります。
・小指を下にして水面に出し、そのまま水面を通って、
 最初の位置まで持ってきます。
・親指から着水

あとは繰り返しです。

確かに水の抵抗は受けづらいですが、
力が入らないので初心者はぶくぶくと沈みます…。
沈みつつも、これにキックを2回、付けねばなりません。
いや、沈むのがイヤなら、キックして身体を浮かせるしかないのです。

しかし、このキックのタイミングというのが、コーチによってバラバラ。

もう独りのコーチの方は、初心者に合わせて易しいやり方でまず教え、
徐々に補正する方針らしい。

ということで、キックはもうちょいハッキリするまで書かないでおいて…。

バタフライの泳ぎ方の基本は、体幹を使った上下のくねくね運動です。
コーチの模範動作を見ていると、本当に水中でイルカがうねうね泳いでいるような感じです。
手やら足やら付けるとついこれを忘れがちになりますが、
手の力や足の力で前に進もうとしてはいけません!

見てると実にカンタンそうなんですが、自分でやるとさっぱりできません。
他の受講生の人を見ていると、手やキックに頼りすぎていて、スゴイ水しぶきがあがったり、
ばちゃんばちゃんキックの音がしていますが、それは間違い。

音もなくすいすい泳げる日は来るのか?!

ということで、次回に続く。

備忘録4へ続く
[PR]
by silverspoonsjp | 2012-04-22 14:31 | プチ日記