本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バベットの晩餐会

a0003079_21375874.jpg
ノルウェーの小さな田舎町に、父である牧師亡き後、信仰を守って暮らす2人姉妹がおりました。そこへ、フランス内戦の嵐を逃れ、バベットがやってきます。質素でつましい生活にも文句一つ言わず、女中として働くバベットのもとへ、突然驚くべきニュースが舞い込みます。その結果、彼女はこれまで良くしてくれた女主人たちのために、一夜の晩餐会を開かせて欲しいと頼み込むのでしたが…。

先に映画を見て、それから買った原作本です。文庫本にして80ページくらいの短い物語ですが、10年以上経つのに、今でも繰り返し繰り返し読んでいます。運命に翻弄されながらも誇り高いバベットと、彼女の後ろに「フランス」を感じて怖じ気づいている北欧の人たちの造形、単純に見えて奥深いストーリー、芸術と芸術家の魂についての描写のみごとさ、どれをとっても素晴らしい作品です。

バベットはフィリッパをじっと見つめた。不思議なまなざしだった。多くのことを語っていた。同情をしてくれる者に対する憐れみ、その底には軽蔑とみなされかねないものすらあった。
「みなさんのため、ですって」とバベットはいった。「ちがいます。わたしのためだったのです」
バベットは物切り台から腰を上げると、ふたりの姉妹の前に立ちはだかった。

「芸術家が次善のもので喝采を受けるのは、恐ろしいことなのです。あのかたはおっしゃいました。芸術家の心には、自分に最善をつくさせてほしい、その機会を与えてほしいという、世界じゅうに向けて出される長い悲願の叫びがあるのだと」


併録の中編、中世ロマンス…というよりは、なにやら神話的な色彩を持つバーベンハオゼンの盾持つ乙女の物語「エーレンガード」もお勧め。

イサク・ディーネセン著 桝田啓介訳
ちくま文庫
680円
ISBN4-480-02601-0
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/1685128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shou20031 at 2005-02-23 21:43
なんだか物悲しく感じたのは私の受け取り方が間違っているのかな。ちょっと不安です。
大人のメルヘン小説毎日更新してます。気が向いたら覗いて下さい。
Commented by whiteshulo at 2005-02-23 22:09
この映画、わたし大好きです。姉妹たちの変化の様子とか、美味しそうな食事とか、登場するキャラたちの会話とか…素晴らしい映画でした。日本ではまだ見れないんですよ。レンタル屋にもないし。たくさんの方たちに観て欲しい一本ですよね!
Commented by silverspoonsjp at 2005-02-23 22:11
shou20031さん、こんばんは。
小説の読み方には正解ってないんじゃないかと思っております。バベットは偉大だったけれども、客観的に見れば何もかもなくしてしまった訳ですし、その1点だけを取ってみても、悲しい要素は十分にありますよね…。
Commented by silverspoonsjp at 2005-02-23 22:12
whiteshuloさん
こんばんは!映画ご覧になったんですね!レンタルないんですか…。実は書きながら、そうだ、久しぶりにこの映画が見たいなあとか思っていたのに残念。早く見られるようになるといいですね。
Commented by foggykaoru at 2005-02-24 20:10
「私の一番好きな映画。だまされたと思って観てみて」と友人に言われて観たのはかれこれ7、8年前でしょうか。当時、通勤の乗り換え駅の目の前に、非常に品揃えのいいレンタルビデオ屋があったので、そこで借りました。観て感動しました。1週間の間にたぶん、3回ぐらい観たと思います。ところで、バベットはフランス革命を逃れてきたんですか? 私はまたてっきりパリ・コミューンだと思いこんでいました。今度原作も読んでみます。
Commented by silverspoonsjp at 2005-02-24 21:52
☆foggykaoru様
はい、大変失礼しました。バベットはコミューン支持派だったですね。文中に1860年物のお酒の話も出てきます。登場人物の言葉を借りて「内戦」に訂正しておきました。
kaoru様も映画をご覧になったんですね。勧めてくださるお友達がいるとは羨ましいことです…。観た動機は忘れましたが、映画には感動しました。それから公開当時、この晩餐会を再現するというのが話題になったことをうっすらと記憶しております。

もう1回観たいんですけど、DVDは廃盤なんですよ…。再発売してくれないかなー。
Commented by Roko at 2005-02-26 14:03 x
この映画、わたしも8年くらい前にレンタルビデオで見ました。
バベットさんが台所で料理を作っていると、おじさん(この家の使用人なのかな?)がやってきて、おいしそうに食事をしているところが、妙に印象に残っているんです。
オイシイ料理は、人間を幸せにするんだってことが伝わってきて、とてもイイ映画でした。また観たいなぁ。
Commented by silverspoonsjp at 2005-02-26 18:55
☆Rokoさん、こんにちは!
>バベットさんが台所で料理を作っていると、おじさん(この家の使用人なのかな?)がやってきて、おいしそうに食事をしているところ

おおーっ!そんなシーンがありましたっけ。覚えていない…(T T)
やっぱりもう1回観なくっちゃ。「オイシイ料理は、人間を幸せにする」って本当ですよね。人様が作ってくれたお料理だとさらに幸せ…。
Commented by Elfarran at 2005-02-27 03:05 x
最初にタイトルを見たときは“マペットの晩餐”?とかボケをかまして
おりました←馬鹿^^;
そうですよねたしか晩餐内容を再現したディナーを開催するとか
しないとかの話題が出た事は覚えております。
これが公開された頃は、映画を見に行かない時期とちょうど
かぶってまして、興味は引かれたんですが遂に未見。
レンタルも無いんですか~俄然見たくなってきたのになぁ・・
原作の方を読んでみることにします。
Commented by silverspoonsjp at 2005-02-27 21:28
☆Elfarranさん

お風邪、大丈夫でしたか?
「マペットの晩餐会」ちょっといいかもですよ。クッキーモンスターが出てきて、ひたすらクッキーを食べまくる!いや、メニューにレンバスしかなくて、ひたすらレンバスを食べまくる!でもいいけど…「王の帰還」ってそういう映画じゃなかったでしたっけ?(^^
映画はよく原作の雰囲気を伝えていたと思います。どこぞの「L○tR」と違って(って伏字になってないか)
Commented by asunsion at 2009-03-02 03:37 x
突然おじゃまします。大好きなカレンブリクセンのことでしたので、黙っていられなくなりました。この映画は、すでに日本で公開され、ビデオ屋さんにもあります。数年前にレンタル屋さんでビデオがあるのを確認しました。DVDにはなっていなかったので、私は観られませんでしたが。是非もう一度大きなレンタル屋さんに行ってみてください。
Commented by silverspoonsjp at 2009-03-04 00:38
☆asunsionさん
こんばんは。情報ありがとうございます。私は映画館で1回見ただけなので、記憶も薄れてきてしまいました。ビデオはレンタル可能なんですね…(うちのビデオデッキは故障したきり…泣)。一回発売されたDVDは、今のところ再販されてはいないみたいです。残念。

ブリクセンの小説は、バベットとエーレンガードしか読んだことがありませんが、どちらもとても好きな作品です。他のも読んでみようと思ってそれっきりでしたが、せっかくお声をかけて頂いたこの機会に、読んでみようと思います。ありがとうございます。

『アフリカの日々』の映画版もなかなか良かったですね。
Commented by asuncion at 2009-04-11 10:52 x
ブリクセンは、原作が素晴らしいのです。私は映画はあとから観たのですが、やはり原作に勝てる映画はなかなかありません。原作と比べなければとてもいい映画ですが。
ところで今気がついたのですが、銀の匙、中勘助の作品から取られたのでしょうか。銀の匙もいい作品でした。
Commented by silverspoonsjp at 2009-08-01 22:35
☆asuncionさん
お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。原作と映像化の関係は本当に難しいですね。映像を見てから原作を見た作品の中には、映像の方が良いのではと思えるものがあるのですが、原作を先に読んでいて映像の方が良いと思った作品は今のところ思い出せないので、きっとこの作品も、本を先に読んでいたら映画は楽しめなかったかもしれません。
中勘助の小説も好きですが、実は「銀の匙」も遠回りにこの話題に関係があります。実は、このHNはトールキンの「指輪物語」に登場する重要(?)な小道具から取りました。指輪物語も先に映画を見たので、映画も楽しめましたが、原作ファンには映画が気に入らない方も多いようです。
by silverspoonsjp | 2005-02-23 21:39 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback | Comments(14)