本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

春が来ました。

ここ数日、職場あてに、驚くような問い合わせやご意見電話/手紙が増えてきました。
風は冷たいけど、もう春なのね~という感じです。

「私は最近、新しい言葉を作りました」というカミングアウトに至っては、
「悪いことは言わないから、それをうまく使って小説を書いてみては如何ですか?」と本気で勧めたくなってしまいます。三部作で映画化されて、アカデミー賞獲るかもしれませんからね!

最初にトールキン教授から「シルマリルの物語」を真顔で渡された編集者の人って、内心すごくビビッただろうなあ…と想像する今日この頃。

テレビ局に勤めている友達のところへは、この時期になると、
「おたくの電波のせいで困っている」
という電話が来ているそうです。
本当に困ることもあるのかも知れませんが、
毎年同じ時期に困る必要はないんじゃないでしょうか。

Spring has come!
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/1709135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wata at 2005-03-06 15:43 x
3月は「啓蟄」の月だそうですが、眠ったままでもいいものも、冬の眠りから目覚めてしまうんでしょうかねぇ(苦笑)。

「ムービースター4月号」ショーン・ビーンのインタビューで、ちょっと変わった人たちからのファン・レターに触れて「世の中には妙な人もいるものだね」と訳されてるコメントがあります。
その手紙がどの季節に書かれたのかはともかく、ファン・レターにして送るより、小説や脚本にまとめてみた方がよいのになぁと思いますよ。冗談や皮肉ではなしに。
Commented by silverspoonsjp at 2005-03-08 00:09
☆wataさん
「ムービースター4月号」はLotR関係者大集合で読みごたえがありましたね~(J.デップも嬉しかったですけど)。
さて、ショーン・ビーンがインタビューで触れていた「変わった人からのファン・レター」なんですけど、要するに「私は最近離婚してうんぬん…」という、「自分語り」の内容みたいですね。それを個人宛に送ってこられると、確かに対処に困るかも…

日本では私小説の伝統がありますが、それでもやはり(というかそれ故に?)、一人称の小説はよほどのワザがないと作品に仕立てるのは難しいんじゃないでしょうか。まずは、ウェブ日記をお勧めしたいです(^^
by silverspoonsjp | 2005-03-02 23:37 | プチ日記 | Trackback | Comments(2)