本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Matryoshka ! ~How to paint 168 Russian Nesting Dolls

a0003079_23442381.jpg
代官山にある素敵な書店「ユトレヒト」の店先で、買おうかどうしようかず~っと悩み続けていた本。ユトレヒトが発行した本で、日本の56人のアーティストが自由に絵付けしたマトリョーシカの写真が載っています。
何より、装幀が可愛いですね(写真はユトレヒトのHPから http://www.utrecht.jp/genre/?g=16)。←購入、問い合わせとも。

私が行ったときには、まだ限定300部の白木のマトリョーシカつき、というのが販売されていて、その誘惑をふりきるのにえらく苦労しました。お店に行った当初は「王の帰還」を見た直後だったので、買わずに帰って惜しいことをしました…。(それと何の関係が?と思われる方は、こちらのコメント欄をご覧ください)
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/1732493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マキ at 2005-03-11 06:37 x
可愛いですよね〜、この本。ワタクシも見たことだけはあるのですが、ちょいとお財布が薄すぎて購入できませんでした。
この本に載っているマトリョーシカ達は確か色々な雑貨屋さんで展示されていたことがあります。それは見に行きました。
白木のマトリョーシカは確か楽天のルイノクというロシア雑貨を扱っているお店で1000円弱で売っています。五個入りです。
一番大きいもので約10センチ。実は買ってしまいました。
Commented by silverspoonsjp at 2005-03-12 01:05
☆マキ様
マトリョミンのみならず、マトリョーシカオーナーでもいらしたのですね。どんなふうに彩色されたのでしょうか…。ぱかぱかっと開けていくたびに、プレゼントの包みを開けるような楽しさがありますよね。よくロシア料理屋さんなどで飾ってありますが、必ず開けてしまいます。

そんな私でも加古里子さんが絵を描いた「マトリョーシカちゃん」は子供心にちょっと怖かったです…。
by silverspoonsjp | 2005-03-09 23:50 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(2)