本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし

a0003079_23213784.jpg
その辺に猫がいると、つい目がついてってしまう、という程度には猫好きでありますが、ちまたの猫愛好家の皆さんに比べればまだまだ猫好きの入り口にも立てない私。

でさえ、この本を見た瞬間、ハートがグワシとワシづかみに!なんて絵になるんでしょう、ヨーロッパと黒猫って…。よくほら、人形を旅行に連れて行って、一緒に風景写真を撮るっていうの、あるでしょう?あれはあれで好きなんだけど、でも生きた猫にはかないませんよ。

旅先で猫を見かけると何かトクした気分になるのに、常にフレームの中に猫が!それは良い旅だったことでしょう。著者は、猫と旅すれば具体的に何かもっと良いことがある、と心の奥底では期待してたみたいですが、旅先で特別ちやほやされることはなかったみたい。その辺の醒めた描写も、ネコの愛好家にふさわしいクールさなのが良いのであります。

ネコと旅行に行くなんて、検疫だとか飛行機だとか、大変なのでは?と誰しも思う疑問にも答えてくれます。エアラインで犬猫の搭乗は普通のサービスなのだとか。

「なので遠慮は要りません。もちろん猫のやる気も要りません」

なんかこう、猫的な文章でしょう?
a0003079_23221446.jpg
写真がとってもいいし、レイアウトも、たまに入っているイラストのぺージもとても良い感じです。ブルースインターアクションズといえば、ジャック・タチの本とか雑貨の本とか、結構あるみたいなんですけど、ブラックミュージックとかPファンクの本を出してるとこだと思ってたのに…この方面ではひとかたならずお世話になったので、不思議な気持ち。

ところどころ、猫とは関係ない話題があります。ヨーロッパの車のデザインはなぜ派手か、とか、時間があって何かを探す旅に出るとしたら、インド放浪じゃなくてホームセンターめぐり、とか。めちゃくちゃツボに入りました、この本。著者の方は全く存じ上げませんが、「ぼくの伯父さん」的な方を想像してしまいます。

a0003079_23223311.jpg


平松謙三 著 
blues interactions
1600円
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/2037907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 心の旅 at 2005-08-17 22:08
タイトル : 心の旅8月16日
とことん出不精のわたし でものんびりベッドに入った状態のトラベルは大好き 昨夜はこんな旅でした この本を知ったのは銀の匙さんの「書斎のうちそと」 手に入れて嬉しくて、でも何だか勿体無くて(笑)そのまま積読山に入ってしまっていたのですが、今回読めました^^ いえ、実は本当は10日に函館に持って行ってたんです 夜ホテルのベッドでのんびり読み始めて面白くて半分ほど進み・・・・そしてぐっすり眠ってしまったんですが、そのまま翌日枕の下に潜り込んでいたであろうその本を、翌朝ホテルに忘れてき...... more
Commented by DADA. at 2005-06-23 01:27 x
こんばんは。
あまりにも面白そうな本が紹介されていたので、思わず書き込んでしまっているのですが(笑)。
ぜひ手にとってみたいと思います。
で、よろしかったらなんですが、僕からの「Musical Baton」を受け取っていただけませんか(掟破りのバトンの渡し方ですみません)?
http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton
こういう本を紹介されるsilverspoonsjpさんのセレクトってどんなのかなぁ、と興味が湧きまして...。
ホント、よろしかったらで結構ですので。。。
Commented by Elfarran at 2005-06-23 09:01 x
うわ☆ツボ☆・・・
ネコと旅とホームセンター・・・(爆)
犬と旅をするのは、お供を連れている
感じですが、ネコと旅をするのは、
結婚の話の見えない恋人と旅する
みたいですねぇ~ドキドキとハラハラと
一触即発的な・・・個人的見解ですいません(笑)
Commented by silverspoonsjp at 2005-06-24 01:33
☆DADA.さん、こんばんは。
相変わらず魅力的なエントリーがいっぱいですね。充実した美術ライフを堪能されていらっしゃるようで、何よりです。

Musical BatonでDADA.さんが紹介なさっているモダン・ジャズ方面は全く疎いのですが、JACK DeJOHNETTEのジャケット素敵ですね(あのレーベルのはどれも素敵みたいですけど)。聞いてみたいです。

バトンをお渡しくださいまして、ありがとうございました。できればこの週末くらいに、書かせて頂きたいと思います。DADA.さんのような素敵な曲は紹介できそうもありませんが…。
Commented by silverspoonsjp at 2005-06-24 01:36
☆Elfarranさん
きっとお好きだと思います、この本(^^
実践も可?
犬はつないで歩かせることができるけど、猫はそれが期待できないので、
だっこしたり、車に乗せたりして連れていくんですって。肩車されてる猫の得意そうな写真がまた何とも☆☆☆どう考えても、人間の方が
「お供」って感じです…。
Commented by hanipyon2 at 2005-06-24 16:03
困った・・・・すごく好きな感じです
本屋さんで探してみます

猫を肩車している人を見かけるとうらやましくてしかたがないです^^
うんうん、どう見ても主導権は猫さんにあり
Commented by derochan3 at 2005-06-25 12:01
こんにちは。
この本ほしいです。はい !!
Commented by crann@leirani at 2005-06-26 20:57 x
しまった、こちらでバトンをお渡しされてたのですね・・・
銀の匙さんの音楽バトン、楽しみにしていますね。

犬猫の搭乗は、国内線はとってもお安くなったそうです。
10回乗ると1回タダとか(笑)サービスされてきたみたいですよ。
Commented by silverspoonsjp at 2005-06-27 00:54
hanipyonさん、こんばんは。ようやく少しお時間も出来たのでしょうか。ゾーヴァさんの御本をたくさん紹介されていて嬉しかったです♪
猫の肩車よりさらに羨ましいもの、それはオウムの肩車です!幼少のみぎり、恵比寿駅のガード下ですれ違ってからというもの長年憧れておりました。爪が痛そうなのが難ですが…。

Commented by silverspoonsjp at 2005-06-27 00:56
☆derochanさん、
お写真を拝見する限りでは、もう夏の気配ですね。
力強いゲット宣言、ありがとうございます(って私が御礼をいうのも何ですけど)。買ってソンしない本だと思います。
Commented by silverspoonsjp at 2005-06-27 00:59
☆crannさん
別館の方でバトンありがとうございました!何か必要以上にはりきっちゃうとダメですね~。映画音楽っていうお題でしたので、さくっと考えてみたいと思います!

赤ちゃんだって泣いちゃうのに、犬が飛行機に乗って吠えないのかな?と思うけど、しつけのいいワンちゃんなら大丈夫なんでしょうね。旅行や引越のときってペットが一番気がかりだから、一緒に行かれると気が楽ですよね。
Commented by hanipyon2 at 2005-08-17 22:13
お忙しさ、ピークでしょうか
お久しぶりでございます

やっと黒猫ノロさんに会えました
とてもとても楽しい時間でした
TBさせていただきました
Commented by at 2005-08-20 00:51 x
北国のあきさんの書き込みから慌ててこちらに飛びました。滅茶苦茶ツボな本です。カートの上のキャリーバックから顔を出してるノロさんにハートをグワシと掴まれて速攻で買い込んでしまいました。しばらくは枕元にころがり続けそうな本です。
Commented by silverspoonsjp at 2005-09-06 22:16
☆北国のあき様
お返事が遅くなり、大変失礼いたしました。北国は、はや秋、でしょうか。東京はまだまだ残暑が厳しい毎日です。

黒猫ノロさんがお供をした楽しい旅のご様子拝見致しました。ホテルに居残ってしまったそうですが、旅が名残惜しかったのでしょうか…。
Commented by silverspoonsjp at 2005-09-06 22:19
☆蓮さん
長いことお返事お待たせいたしました。お気に召したようで良かったです。わざわざノロさんの色に合わせて旅行鞄をあつらえたのかな??と思うほど、カートと黒猫は絵になりますよね。同じ飛行機に乗り合わせたら嬉しくて小躍りしちゃうだろうなあ…。
by silverspoonsjp | 2005-06-21 23:36 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback(1) | Comments(14)