本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ドイチュラント ドイツあれこれおしながき

a0003079_23141281.gif
帯をハズしてスキャナをかけよ~っと、と思ったら、外れない。カバーの地の部分が折り返してあるのでした。この何気ないギミックが、良く本の性格を物語っています。

ともすれば、カワイイとは無縁と思われがちのドイチュラントですが、探せばなかなか面白いものがある。この本にはそんな宝探しの楽しさがあります。


映画「グッバイ、レーニン!」で気になっていた「サンドマン」やら、東ドイツの日用雑貨や調度、
壁崩壊少し前の東独のレコードや本、船のようなデザインを得意とするメンデルゾーンの建築とか、メジャーどころではケストナーとか、ああ、こういうのが読みたかった!っていう要素がこれでもかこれでもかと詰まっていて、嬉しいです。

以前買って大大お気に入りの「von der partei zur party」の作者たちについて知ることが出来たのも収穫の一つでした。紅い糸で結ばれてる感じ…。

山田庸子 著
1900円
ピエ・ブックス
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/2064229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Elfarran at 2005-07-02 09:10 x
ドイツ好きを豪語するならのぞいて見なければ
なりませんか?!^^;カワイイ?(笑)
妙に時間が無くて、まだネコの旅も買いに行けて
ないのに次々ともう・・・イヂワルっ(>_<)
・・・あっ、今更気が付くなんてナンですが、お題が
書斎でしたね・・・次々と魔力のある本の紹介も
道理でした~すいません^^;では早速本屋に・・・
そうそう、銀の匙さん(笑)我が家では、ドイツ、
以外にファンシー好き国民として認識されています。
シュールに近いグッズの数々・・・かわいい??(苦笑)
と思うものが満載なお店。なにより欧州1番の(多分・・・)
オタク含有率の高さ(爆)・・・失礼しました、BBS荒し
では、ありませんの事よ(笑)
Commented by silverspoonsjp at 2005-07-03 02:03
☆Elfarranさん

すいません、ここのとこ音楽ブログのような有様で(^^;。
音楽の話は始めると止まらなくなってしまい、オタクの地金丸出しなので避けていたんですが…ってとっくにバレバレ?

エルさんはドイツに行らしたことがあるから実態もよくご存じだと思うんですけど、実は私、ドイツに行ったことがないんです。映画や本なんかでも、日本に紹介されているドイツのイメージは堅い感じでしょう?こだわりがあって、オタクだし(笑 なんかこう、カワイイのベクトルが日本と違うのがとっても面白くて。六本木ヒルズにあったベアとか(爆
by silverspoonsjp | 2005-07-01 23:28 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(2)