本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【チェコ】プラハ・ヴィシェフラドの本屋さん1

a0003079_22104617.jpg

本日はヴィシェフラドの本屋さんを御紹介しましょう。

ヴィシェフラドというのはプラハ市にある地名の一つで、中心街からはトラムで3~4駅分、20分とかかりませんが、それでも街の規模が小さいチェコでは、郊外と見なされてるみたいです。東京でいうと、街のイメージからして鎌倉みたいなところかな?

ここには古城公園があり、そこの「ロトゥンダ」という古い礼拝堂が見たかったのと、公園近くにチェコ・キュビズムの代表的な建築がいくつかあるため、わざわざ出かけてみたのです。

a0003079_2228425.jpg
一通り見学して地下鉄駅に向かう途中、素敵なウィンドウのある店を見つけました。アンティークショップかと思ったら、古本屋さんでした。

チェコでは、古本屋のことをANTIKVARIÁT(ダッシュみたいなのは音を伸ばすしるし)というみたいです。ウィンドウを見る限りでは、ヨーロッパで見かける骨董古書店というより、日本でいう中古本を売る店のようです。ウィンドウの前には、10クラウン均一(日本円にして約50円)と書いた段ボールが置いてあります。
a0003079_231778.jpg

a0003079_22301698.jpg
a0003079_22303732.jpg


それが上の写真のお店です。ディスプレイの他に、目ざとい連れがドアに変な標識を見つけました。

犬に×がついてる…。チェコではたいていの公共の場所が犬同行OKで、地下鉄や公園、お店やレストランでも普通に見かけました。なのにダメとは変わり者の店なのか…?

でも、その日は書店に寄ってる時間がありませんでした。このまま永遠のナゾになるのね、と思っていたら…ということで続きはまた明日。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-10-04 22:29 | 書店めぐり海外編