本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【チェコ】プラハ・アンデェルの本屋さん

a0003079_21181687.jpg

プラハ市内にアンデェル(Andél)という駅があります。
夜遅くまで若者が集まる賑やかな場所で、スミーホフという大きなショッピングセンターがあり、中に入っている大型書店は夜10時まで開いています。
プラハ市内は8時閉店の店が多いので、他の買い物を済ませて本は最後にここへよって買って帰ればいいや!と思っておりました。そしたら…ないんですよね、必要な本が。

日本でも駅前の大きな本屋さんに行くと、広大なフロアに雑誌と実用書ばかりでガックリすることがあるんですけど、ここも全く同じ。ああ、しまった。トラムでここへ来る道沿いには何軒も本屋さんが建ち並びいかにも面白そうだったというのに…。あっちに行っておけば良かったと後悔しても後の祭り。早々に店を出て、レストランでも探そうと思ったら、向かいになにやら本のショーウィンドウが見えます。

a0003079_21183796.jpg
まだ開いている本屋さんがある!とダッシュで駆けつけたら、表にはなにやらヘブライ語が書かれていました。ユダヤの本屋さんなのかしら?ドアが大きく開いていて入りやすい雰囲気なので、早速覗いてみます。
a0003079_21143199.jpg

中は平台中心で、探しやすいレイアウト、お手頃価格の古本が並んでいました。それはいいんですが、外のウィンドウにある本と違って中の本は今にも崩壊しそうなボロボロの本ばかりだったのでどうしようかと思っていたところ、連れが隅の方から薄い本を掘り出してきました。
a0003079_2114549.jpg


書いてある数字は、車両の型番のようです。いろいろな種類のトラムを一堂に紹介した本なのでした。
a0003079_21135480.jpg


よし、買うぞ!と値段を見ると、200コルナ(1000円)。最終日のこととて、こんなに持ち合わせがありません。店番をしていた、またまたダンディな紳士にカードダメですか?と聞いたら、現金のみですとのこと。自動引き出し機が向かいにありますよ…というアクマのごときサジェスチョンを受けてダッシュでお金をおろしに行きました。どこでも簡単に外貨が引き出せるって良いんだか悪いんだか…。

ということで、明日はいよいよチェコ編最終日です。

ダンディなおじさまの店はこちら。
Antikvariát Korouš
地図はこちら
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-10-17 21:37 | 書店めぐり海外編