本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Departure/柳本浩市

飛行機のチケット、ボーディング・パス、荷札などを集めた本。
今でこそ権威は失墜気味だけど、その昔、ナショナルフラッグには国の威信がかかっていて、デザインにもとても気を遣ってありました。この本にも、国を象徴するアイコンを巧みに使った例がたくさん入っています。

かと思うと、いやにローカルななごみ系のデザインもあるのがいいですね。
もう無くなってしまった航空会社のものも貴重です。その昔、誰がPANNAMが無くなるなんて想像したでしょうか。

ちょっと開きづらいのが玉にキズですが、ボーディング・パスを模した帯や縦長の判型など、所有欲をくすぐる造本です。鉄道編(「Mind the Gap」)も欲しいな~。ISBNが無いので、私家版なのでしょうか。私は青山ブックセンターで買いました。

発行:Glyph
03-3719-0392
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/287356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Proust+ プルース.. at 2008-03-30 17:32
タイトル : 『Departure』
小さな男の子はどうして、乗り物にあれほどの関心を示すのだろう。 かくいう自分もそうだった。道路を行き交う車の種類をほとんど言えたような気がするし、絵を描くだけでは飽きたらずに、架空の電車路線図まで作ったりもしたものだ。 小学校に入る前は、旅客機が大好きだった。空港の出発ロビーでは、ガラス張りの窓外をずっと眺めていた。離着陸の様子や機体のフォルムを観察するのはもちろん、もっとも注視したのは、旅客機の尾翼に描かれた航空会社のマーク。国旗にも強い関心を抱いていたせいか、どこの国からきた飛行機なの...... more
by silverspoonsjp | 2004-05-17 15:53 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback(1) | Comments(0)