本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

○○○は世界をつなぐ?

先般仕事調べモノをしていたとき、たまたまウィキペディアのこの単語の説明にぶつかりました(信じてください!ホントだってばー!!)

その単語とは、

OTAKU!

なんでwikiにこんな単語が…といぶかりつつも読んでしまう私。それにしても
ビジュアルも…き…きもっ

思わず読みふけってしまいました(仕事中にごめんなさい<(_ _)> )

日本語「オタク」のページの翻訳なのかと思ったら、海外での使われ方の違いもあって面白いですね。こりゃ絶対オタクが書いたに違いないと思わせる詳しさです。もちろん海外のおたく用語なんかもあり、Eihongo, Otakuese、Otakuismsなんて呼ばれているそうです。オタケーズ(って読むのかな?)。ははは。

baka、ahouなんてKansai(関西)、non-Kansaiでの違いまで解説してあるし、
bishonen美少年、bishojo美少女は短縮形がbishかbishyですって。へえ~。
日本語のhaiは必ずしもyesではない、という解説も。
kithune shitajiki senpai omake ってどんなとき使うんだろ(いえ、教えてくださらなくてもケッコウです)。hentai…当然のようにあるのね(T T)

しかもこの語はイタリア語、韓国語、中国語(御宅族ってスゴイ訳だこと)ドイツ語、エスペラント、など等他に12の言語で立項されております。

そして私が一番感動したのは、このフレーズですね。

an Otaku

そっか。an なのか。
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/2982250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from foggyな読書 at 2006-01-08 21:14
タイトル : 世界に広がる○○○の輪!
銀の匙さんの記事に触発されて、フランス語版Wikipediaで、「Otaku」を調べてみました。 フランス語では「u」は「ウ」ではなく、「ユ」と発音します。 だから、otakuは「オタキュ」になるのかもしれませんが、未確認です。 案外、日本語の発音を尊重して、「オタク」と発音しているのではないかと。 「おまえ、オタキュだな」と言われたフランス人のオタクが、「ノン!正しい日本語では『オタク』って言うんだ」とオタッキーに言ったりしてるかもしれない(爆) 「1人のオタク」は un otak...... more
Commented by wata at 2006-01-08 15:01 x
an が付くとどういう意味合いになるんですか? 一般名詞?

しかし、外国で使われる「日本語由来の単語」、日本で使われる外来語を考えても意味が変わってしまうのはわかるんですが、hentai は何とか別な言葉に変えてほしいです (^^;
最初見たときは日本のオタクをけなしてるのかと思ったんですが、「ロリコン」の意味だそうですね。

先週「英語でしゃべらナイト」見たら、秋葉原の紹介に出た外国人さんはもとより、原宿で情報誌を編集してる人も外見がオタクでした・・・(^^;。
私もオタクですが、オタクに国を越えた外見の共通性があるのが不思議です。
Commented by crann at 2006-01-08 18:23
オタク学元年でしょうか、06年?

今年もどうぞよろしくお願いいたします・・・
ってここにご挨拶しなくてもよかったのに、なleirani@crannです。

オタクはある種のグローバルスタンダードなんでしょうか・・・
an がつく一般名詞とすると、現象ではないという見解?
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-10 01:41
☆wataさん

こんばんはー!今年もよろしくお願いします。

>an が付くとどういう意味合いになるんですか? 一般名詞?

はい、これは「一人のオタク」ということになると思います。ウィキペディアの該当項目では、続けて「複数形はotakuが多い。ほとんどの日本の単語には複数形はないが)とありました。

どうもオタク関係で使われてる日本語というのは、日本の妙なビデオなんかで使われてる用語らしくて、きっとちっちゃい女の子が「hentai!」とか言ったりするんでしょう…(ため息)

しかも、10日付で挙げた中国語の記事にもありましたが、英語版でもおたくがあまり良くないニュアンスなのは幼女殺人事件との関わりがあるということが書いてあり、hentai=ロリコンもどうも褒めてるとは言い難そうですね。

>私もオタクですが、

えっ…??!!
少なくとも外見からは、そうは見えませんよWataさん。
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-10 01:47
☆crannさん

新春から妙な記事ばっかりですみません。
それから、そちら様でのDVDのおねだり、大変失礼致しました。
拙宅にもようやくDVD再生機が参りました。これを持って広い会場を確保し、大鑑賞会をやりたいですね。…って正月早々こういう相談してるからオタクと言われちゃうのね(反省)

>オタクはある種のグローバルスタンダードなんでしょうか・・・

らしいですね…。喜ぶべきかどうか微妙ですが。

>an がつく一般名詞とすると、現象ではないという見解?

英語版ではa variety of geek(各種変人)とされており、人を指すようです。

いえ、ほら、Oで始まるから冠詞はanなんだ~というのが何か新鮮だったのでございます。 ちょっとエルフ語講座から帰ってすぐだったものですから。

ってことで今年もよろしくお願い致します。
Commented by ラッコ庵 at 2006-01-10 12:30 x
kaoruさん経由でお邪魔しました。こんにちは。

初コメントが「オタク」というのもなんですが・・・(^^ゞ、wikipediaのページ面白かったです。moeという項目も独立しているんですね。「眼鏡っ子萌え」について勉強してしまいました。

「オタク的なるもの」が、人類の普遍的無意識の中に存在していたのかなあ・・・
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-12 00:02
ラッコ庵さん、こんばんは!
kaoruさんのブログでお名前存じあげております。
ようこそお越しくださいました。

>初コメントが「オタク」というのもなんですが・・・(^^ゞ

ははは。そんなラッコ庵さんには、こちらエキサイト本家のエントリー
「メガネ!メガネ!メガネ!」http://media.excite.co.jp/book/news/topics/081/
を捧げます(もう御覧になってるかも…)


>「オタク的なるもの」が、人類の普遍的無意識の中に存在していたのかなあ・・・

きっとそうですね。
肩こりという単語のない言葉を使う国から来た人が、日本で
「肩こり」という言葉を知ると、急に肩こりするようになる、って話を聞いたことがありますが、「オタク」って言葉を知ると、やっぱ自分もそうか、と思う人が多いんでしょうかしら。

それから、ブログのコメントって送れないと思って再クリックすると、重複しちゃうことがありますよね。お気遣い、ありがとうございました。
by silverspoonsjp | 2006-01-07 23:23 | プチ日記 | Trackback(1) | Comments(6)