本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

○○○は世界をつなぐ?

先般仕事調べモノをしていたとき、たまたまウィキペディアのこの単語の説明にぶつかりました(信じてください!ホントだってばー!!)

その単語とは、

OTAKU!

なんでwikiにこんな単語が…といぶかりつつも読んでしまう私。それにしても
ビジュアルも…き…きもっ

思わず読みふけってしまいました(仕事中にごめんなさい<(_ _)> )

日本語「オタク」のページの翻訳なのかと思ったら、海外での使われ方の違いもあって面白いですね。こりゃ絶対オタクが書いたに違いないと思わせる詳しさです。もちろん海外のおたく用語なんかもあり、Eihongo, Otakuese、Otakuismsなんて呼ばれているそうです。オタケーズ(って読むのかな?)。ははは。

baka、ahouなんてKansai(関西)、non-Kansaiでの違いまで解説してあるし、
bishonen美少年、bishojo美少女は短縮形がbishかbishyですって。へえ~。
日本語のhaiは必ずしもyesではない、という解説も。
kithune shitajiki senpai omake ってどんなとき使うんだろ(いえ、教えてくださらなくてもケッコウです)。hentai…当然のようにあるのね(T T)

しかもこの語はイタリア語、韓国語、中国語(御宅族ってスゴイ訳だこと)ドイツ語、エスペラント、など等他に12の言語で立項されております。

そして私が一番感動したのは、このフレーズですね。

an Otaku

そっか。an なのか。
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-01-07 23:23 | プチ日記