本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

なぜか続弾・おたく考

皆様こんにちは。

先日、英語版ウィキペディアに載っていた「OTAKU」の定義をこちらで御紹介しましたところ、
foggy かおる様の「foggyな読書」より ウィキペディア・フランス語版のオタクの定義をトラックバック頂きました。

じゃ、何か他の言語のを、と思いまして、以下中国語ウィキペディアのオタクの項目を御紹介してみました。

中国語でもやたらと詳しいです(笑)
内容からみて恐らく、台湾の方が主に書いたものと思われます。

中国語では「おたく」は「御宅族」(ユィヂャイズウ)と言うんだそうです。
記事後半に出てきますが、現在では「宅」が主流とか。

以下、記事の拙訳です。

***********
御宅族(日本語 おたく 読み otaku)とはアニメ、ゲームなどのサブカルチャーの熱心な愛好者を指す。
日本語ではネガティブな意味合いを持つが、欧米の日本アニメ・マンガ愛好者の間では、使う人によって良い悪いが分かれる語のようだ。

一般には、この語がこうした一群の人々の呼称として正式に使われるようになったのは中森明夫が1883年の月刊マンガ誌『漫画ブリッコ』に連載した「『おたく』の研究」の記事が初めであるとされる。「おたく」の本来の意味は「あなた様の家」であり、日本語では二人称としても使われる。ちょうど1982年に日本で放映が始まった「超時空要塞マクロス(中国語は「超时空要塞」)で主人公が相手を「おたく」と呼んでいたことに影響され、愛好者たちの間でお互いを呼ぶ語として使われるようになり、後にこうした人々全体を呼ぶ代名詞になったものである。

ガイナックスの創始者の一人であり「オタキング」(中国語:御宅王)の異名をもつ岡田斗司夫の定義によると、おたくとは「映像情報が爆発」する21世紀において、映像情報の世界に適応すべく生まれたニュータイプのことであり、映像に対するセンスが極端に進化した人々を指す。

【おたくの三定義】

・資料収集能力が非常に高い
・映像爆発に適応し、ジャンルを超えて情報を収集できる能力を持ち、映像の制作側が暗示するメッセージを余すところなく解読し、検証できる
・飽くなき向上心と自己表現欲を持つ

【類似の概念との比較】

英語のMania(中国語:狂热者,发烧友)はある程度まで同義であり、日本ではしばしば混同される。しかし、(特定の領域に対する熱中の度合の)レベルによって分類するならば、オタクの方がマニアよりもやや高次のレベルに属する(ということは、一般に社会への適応力が更に劣るともいえる)。

日本には他にも「アキバ系」(中国語:秋叶原系)という「おたく」と切り離せない語が派生している。この語は、おたくの興味がアニメとゲームを主なフィールドにし、また電子機器への興味も一般より高いため、かつて日本のスタンダードであったPC9801全盛期に電気専門街として知られていた「秋葉原」一帯に、彼らが出没していたためである。後に秋葉原はさまざまな要因や商業地区の改変によって各店舗が電気製品から漫画やゲームの専門店へとシフトする傾向にあり、自分の趣味嗜好を優先して身なりに構わない人のことを「アキバ系」と呼ぶようになった。日本に出現した18禁のパソコンゲーム「アキバ系彼女」はここから来たものだ。

この名詞が指すのは男性に限らない。似た嗜好と特性を持つ女性もいる。同性愛(男性)の作品をターゲットにした腐女子と呼ばれている同人女もオタクの中に入っている。腐女子とはもともとこうしたタイプの女性による自称だったが、のちに中国語で借用されるとさらに広範囲に使われるようになった。日本ではオタ女(中国語:宅女)を直接同人女と呼んでいる。比較的狭い言い方としては「やおい女」がある。

オタクの指標とされる「アニメ」「マンガ」「ゲーム」の3つは本質的に不可分であるが、日本にはこの三者をまとめて呼ぶ言い方はない(内容面からはよく「二次元」という言い方がされる。これはどれもが二次元の画像であることからきている。現在のように高度な3Dモデル技術の時代になっても、この名称の包括性は揺らいでいない)

中国語の世界では、台湾で早くに創設され、現在に至っているアニメマンガ関係団体「シャッフル同盟」(中国語:扑克同盟 この団体名は日本のアニメ「機動武闘伝Gガンダム」のシャッフル同盟から来ており、夏佛同盟,洗牌同盟とも呼ばれる)の元老「Alplus先輩」が考案した「ACG」(Animation,Comic,Game)が主に使われ、現在でも広く通用している。

【転用】

日本の「おたく」という語はアニメや漫画、ゲームの愛好者以外にも、「軍事おたく」「鉄道おたく」など他の方面で熱狂的なマニアである者にも使える。端的にいえば、ある分野において常人以上に熱中する者(ことにある特殊な分野で)を「おたく」と呼べるのである。しかし、一般にはやはり、アニメ、漫画、ゲームの熱狂的な愛好者を指す。日本ではカタカナで「オタク」と書くことが多いが、差別化するために「ヲタク」または省略して「ヲタ」とも書く(おもにネット上で見られる)。該当者の増大に伴い、この語がネットで使われる頻度もますます高くなっている。また、現在ではさまざまな異表記や転用用法が見られる。

熱烈な愛好者の呼び方としては他に「マニア」があり、この言い方は反感を招きにくい。中国語では「御宅族」という呼称はすでにあまり目にしなくなっている。海外ではローマ字表記「OTAKU」がよく使われている。台湾、香港、中国のアニメ、漫画フォーラムでは「宅」が一般的である。名詞として使われ、おたく本人、または本人のしていることを指す。また、動詞や形容詞への転用、「宅人」の類の連用法も見られる。

【「おたく」への評価】

サブカルチャーへの愛好が度を超しているため、世間から生産的でないと見なされやすい。また、サブカルチャーグッズ、たとえばモデルガンやポルノ関係のグッズなどをコレクションすることから、潜在的な犯罪者と見なされる可能性すらある。

日本では有名な「東京埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の犯人・宮崎勤被告の自宅から大量のポルノビデオが見つかったことから、おたく全体が社会から疑いの目で見られることとなった。さらに、ある特定の分野に過度に熱中することにより、人間関係の構築や社会性において一般人より劣る者も多く、世間の「おたく」への印象は良いとは言いがたい。

現在、日本ではこの状況に変化が起きつつある。資本主義国家を標榜する日本では「経済的価値」が一切の指標になるのである。大手シンクタンク「野村総合研究所」が2004年に発表した「おたく市場報告書」がその市場価値を2兆三千億円の規模と見積もった。しかし、当初対象とした範囲は十分広いものとは言えず、実際の市場規模は更に大きいものと思われる。

イタリアで開催された「ヴェネチアビエンナーレ 第九回国際建築展」の日本館の出展は「萌え」(中国語:萌)をメインテーマとし、また二次元の美少女画像が国際的に知られるブランドで採用されるなど、その価値が改めて世の中から認められ始めている。

********

なるほどねえ…。勉強になりました。自分はアニメ、マンガも世間並みにしか詳しくないし(ガンダムってあんなにいっぱいあったのね)、ゲームはほとんどやりません…が、何が楽しいんだか延々翻訳しちゃったところを見ると、ここでいう「転用」の部類に入るんでしょうね。

ふっ…新年早々何やってんだろ。
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/2994495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by foggykaoru at 2006-01-10 20:55
私はオタクじゃないですね、やっぱり。となぜか納得いたしました。
それにしても詳しいですねえ。この詳細な書き方自体がすでにオタクっぽいです。
あっ、そういえば、日本語版Wikiのトップページに、「秀逸な記事」としてトールキンの記事が紹介されてました。秀逸であると判断するには、その分野に詳しくなければならないけれど、誰が選んだんでしょうね。「乗り手」の人とか、Wikiに関わっているんでしょうか。
Commented by Elfarran at 2006-01-10 22:12 x
良かった~私もヲタクぢゃないです!!
どっちか、つーとフェチかもしれない、という懸念は
ありますが、腐女子でもやおいでもありませんし・・・
仏にも伊にも普通にキティちゃんブランド店がありました。
あれは、オタクではないのですね?想像世界の事象に
傾倒ということであれば、ピーターラビットとかアリスとか
ホームズとかパティントンとかスヌーピーとかも
全てコレクターはヲタクなのでしょうか?
スヌーピーのRPGとか出来たら有るイミ怖いかも・・・
話が全然進まないし。。。。。(核爆)
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-12 00:29
☆foggykaoruさん

ふっふっふ。フランス語版、じっくり拝見させて頂きました、kaoru様。
昨日の幽鬼は今日のオタクなのですよ!
試しに大先輩ナズグル様をオタク三原則に当てはめてみると

・資料収集能力が非常に高い
→ふんふん嗅ぐだけで、どこに指輪があるかすぐ当てる

・映像爆発に適応し、ジャンルを超えて情報を収集できる能力を持ち、映像の制作側が暗示するメッセージを余すところなく解読し、検証できる
→王様の作った羽根枕の山をホビットと理解し、ちゃんと攻撃、返り討ちに遭ってます。

・飽くなき向上心と自己表現欲を持つ
→ウマがダメなら怪鳥、ガンダルフがダメならローハンの王様と、手を変え品を変え頑張ってます。

さらに!コレクション充実のためなら指輪ばかりか所持者まで「そいつを寄こせ」と要求するコレクター魂。如何ですか、幽鬼のお一人として、これでも○○○ではないので?
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-12 00:47
☆Elfarranさん
そーですねー、そういえばマニアは類義語としてあがってますけど、フェチやコレクターは書いてないですね。なぜでしょう?(十分オタクの範囲内だと思うんだけど…)

私たち(勝手に一緒にして済みません)の世代だと、どうしても「おたく」にはネガティブなイメージが先行してしまいますが、今や限りなく軽く、ヘタするとトレンディなニュアンスのようですねえ(そんなことないか ^^;)。そういや、連休にアキハバラへ行ったら、歩行者天国で生メイドさんを見てしまいました。メイド喫茶に行かなきゃ見られないと残念だったので(一人で乗り込むほどの幽鬼もとい勇気はないので…)ちょっとトクした気分です。
Commented by ラッコ庵 at 2006-01-12 08:30 x
一連の記事、さすが「オタク」でも切り口が違う、と感心しています。

英語版、フランス語版、中国語版ときたら・・・ドイツ語版とか韓国語版とかも見てみたい(と書いておくと、誰かが紹介してくれそう・・・)。

それにしても、あちこちで(私のブログでも)「私はオタクじゃなかった」自慢?が繰り広げられているような気がするのは何故。



Commented by silverspoonsjp at 2006-01-12 23:24
☆ラッコ庵さん

日本発で世界同時進行のトレンドを知るって、なかなか面白いですよね。

>ドイツ語版とか韓国語版とかも見てみたい

絶対ドイツ語は詳しいはず!と該当ページを見てみると、案の定、長い長い(笑)私はドイツ語はとんとわかりませんが、大項目が8まであるのはわかりました(核爆 有志の参戦をお待ちしております。

>私はオタクじゃなかった」自慢?

同じくウィキペディアからの引用で恐縮ですが、「趣味」を見るとこーんなキビシイ一言が…。
「社会的評価が低い趣味をもつ者は、当人に対するネガティブな評価に繋がる事があるため…(中略) 
特に男性がいわゆるおたく趣味をもつ場合、人格を否定されることがあるので表面的な隠蔽に必死になっている者がいる」

いやー野村総研に持ち上げられたくらいで、あんなもんと一緒にされたくない!というキモチはわかりますが、人間、諦めが肝心ですよね…(←他人事) 

いや、むしろ今は高く評価されているのですから(ホントかい)皆さん謙遜なさってるんですよ。ねー、そうですよね、皆さん?
Commented by etica at 2006-01-14 02:49 x
こんにちは オタクです(あ!)
日本国民はある種の天国に住んでいるのだということをもっと自覚してもいいような気がします。
外部オタクから見たら日本は紛れもない天国・天竺・ガンダーラ。
せっかく(端からみたら)天国にいるのに、天国たらしめているメンツの立場が低いというのはこれいかに。そんな天国イヤだしーというお気持ちはわかるような気がしますが。

そういう私も現役バリだったのは遠い昔で、せっかくの天国を享受しているとは言い難いのですけど・・・まぁ「姉は一級建築士」という18禁ゲーのタイトルみただけで爆笑できる程度にはまだオタ<このネタがウケるかどうかってオタなネタ(姉キャラ萌え)がわかるかどうかにかかってると思うんですよねー。
ちなみに姉はドジっ子で時々うっかり鉄筋の数間違えちゃうらしいです。
あらゆるものを勝手に変換してしまうオタ世界。楽しいですよー。ウェルカム!
Commented by wata at 2006-01-15 23:53 x
う〜ん、私はやはり「転用」の部類のおたくですね。
【おたくの三定義】には当てはまらないですが・・・なんと言うか、例えばPJ監督とか見て「あ、この人オタクだ」と親近感を感じるあたりが、自分もオタクだと思う理由です。
それに、10年ほどコミック・マーケットに買いに行ってたのですが、世間からみればコミケによく行くような人間はオタクですよね?
いろんな程度のオタクがいて、オタクからほど遠い人も大勢参加してましたけど。

今は狭義のオタク(アニメ・マンガファン、外見ダサメで場の空気が読めない人)だけでなく、マニア、コレクター的な趣味があれば、オタクと呼べるような気がします。
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-16 00:26
☆eticaさん

勇気あるカミングアウト、ありがとうございます(え?)
昨日テレビを見てたら世界に広がる「カワイイ」の輪、の話題をやってましたが、ワカメでもおじさんでも「カワイイ」になっちゃう変換能力が「姉は」ネタ(←笑わせて頂きましたわ。きっとメガネっ娘なんでしょうね)が市民権を得られる土台にあるんですね~

母集団の数が多く、最低足切りラインが高すぎて、堂々とオタクを名乗れない人も多いかと思いますが、外国人から見れば十分に黒帯に達してますよねー!

とはいえ、ゲーム、マンガ、アニメは奥が深いですからね…実家がアニメ屋なので、普通の人よりは詳しいつもりでおりましたが、真のマニアの会話には全くついていけません。

趣味のものなので、消費者がいないと成り立たない世界なのですが、質が良ければお買いあげ確実なオタクの皆さんは貧乏制作者の有り難い味方。オタクなしでは日本のサブカル市場がこれほど栄えることはなかったでしょう。まさにオタクは日本の宝です。
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-16 00:42
☆wataさん

>「あ、この人オタクだ」と親近感を感じるあたりが

うーむ、知将、知将を知る、というヤツでしょうか(類は友を呼ぶとも申しますが)。

あるジャンルについて高感度なアンテナを持ってて、その人なりの見方ができる人は今やマニアやファンよりオタクって呼ぶ方がしっくり来る気もして来ました。それに昔から、マニアは排他的な雰囲気だったけど、オタクは何かしら人との接触があるイメージなんですよね(二人称だからかしら?)

私の中でオタクの好感度がアップしたのは、タランティーノ監督の登場からです。どう考えてもマニアックっていうよりオタクです。あと、タランティーノ監督ほど本格的なオタクじゃありませんが、イライジャね。オタクにもキレイな人はいるんだと( by foggyかおる様)、認識を新たにした次第。でも、少ないオフの合間に「まん○らけ」に行ってみたり、口を開けば蘊蓄が10分は止まらないあたり、オタクはとどのつまり、オタクですけどね(- - ;)
Commented at 2006-01-17 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ラッコ庵 at 2006-01-19 07:02 x
実家がアニメ屋、実家がアニメ屋、実家がアニメ屋・・・アニメ屋。
うーん、何だろう?
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-20 23:34
非公開コメント、ありがとうございます。すみません、今週突発的に忙しくなってしまいまして。来週からは通常業務なので、また遊んでやってくださいませ。のちほどそちらにも遊びに伺いますね!
Commented by silverspoonsjp at 2006-01-20 23:36
☆ラッコ庵さん
おっと!コメントいただいて初めて気づきました。そうか、今はアニメグッズを売るお店があるんでしたね。残念ながらアニメ○ト、とかではなくて、製作側です。でもテレビアニメじゃなかったので、子供心にもつまんないなーと思ってました、ハイ。
by silverspoonsjp | 2006-01-10 01:10 | プチ日記 | Trackback | Comments(14)