本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Paper Sky no.16

a0003079_00443.jpgお久しぶりでございます。今週来週と地獄スケジュールのため失礼しております。お返事遅れて申し訳ありません。来週が終わればとうとう解放の予定なので今しばらくお許しくださいませ。

さて、積ん読だった「Paper Sky」(ペーパースカイ)16号、ようやく最後までめくりました。何とか行きたいと思っております島根の特集だったので買いました。今を去ることん十年前に(そればっかり)仕事で空港を通過したっきり、送迎バスと宿舎、依頼先から一歩も出ることなくトンボ帰りしてしまったので、いつかゆっくり歩いてみたいなと思っているところです。特集自体はそれほど目新しいところはありませんでしたが、行きたい気持ちを再確認してみました。

地上で読む機内誌、のコンセプトにふさわしく、とりとめがなく、ただし全てが旅へと続く記事を読んでいると(行かれない状況だけに T T)心が落ち着くようです。

中国の大量生産の現場、っていう写真も良かったし、旅に行って歌い出しちゃうっていう歌手Yaeさんのインタビューも面白かったです。そういや、外国へ行って日本から来ましたっていうと日本の歌をうたえって良く言われたな~(若い頃…。遠い目)。 あ、そういうときは意味を説明しつつ、「幸せなら手を叩こう」を歌いました。中国に行ったとき市バスで歌ってはとバス状態になったと思ったら「それ、中国の歌ですよ」といわれてムッとしたのも懐かしい思い出…。

次回は4月25日発売。ギリシャ特集だそうです。

ISBN4-931407-16
ニーハイメディア・ジャパン
900円
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/3131732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by crann at 2006-02-04 18:14
銀の匙さん、こんにちは♪
島根は松江と宍道湖を猛スピードで、親類一同のバス旅行をしただけです。
もう一度ゆっくりと行きたいところのひとつ。
私のネットお友だち「普段着のココロ」http://hudangi.way-nifty.com/blog/さんが島根の方です。島根に行くときはぜひご参考に♪ ラフカディオ・ハーン珈琲だけはおやめになったほうがよござんすよ(苦笑)
Commented by silverspoonsjp at 2006-02-06 22:47
☆crannさん
こんばんは!おお、ここにも出雲に憧れるお仲間がまた一人。(サンライズ出雲に乗りたいという、不純な動機もちょっとあるのですけれども…  く(*´ー`) お友達の御紹介ありがとうございます☆早速遊びに行ってみましたところ、松江城では大茶会もあるとか。さすが不昧公の御城下ですね。 お茶はいいけど珈琲はイマイチ?
Commented by crann at 2006-02-09 01:00
大茶会といえば。
旬のイギリスのlisaさんが、抽選でお子様3000人の女王様主催お茶会をポストしていらっしゃいましたよ。
見事当選なさって、レポートを拝見したいものです♪

松江の大茶会、行ってみたいですね。
松江ではコーヒー以外は何でも美味しかったので(笑)
Commented by silverspoonsjp at 2006-02-09 01:10
☆crannさん

>抽選でお子様3000人の女王様主催お茶会
おおっ!!それはウォンカさんのゴールドチケット並ですね。しかし、脳内ではハートの女王が長ーいテーブルの端っこに座ってぶちゅトマトを食べている、という図が投影されてしまっているのですが。(不敬罪…?)

>松江ではコーヒー以外は何でも美味しかったので
こう言われて飲まずに済ます方がおられましょうか。いや、いない(爆)
by silverspoonsjp | 2006-02-02 23:59 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback | Comments(4)