本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Arne 10号

a0003079_2245476.jpg2002年9月創刊の小さな雑誌。
最新号は2005年12月発行の第14号です。

編集・発行はイラストレーターの大橋歩さん。
編集者だの何だの、中間に挟まってる人がいないせいか、
ブログ的といいますか、個人色がはっきり出ています。
こんな雑誌を作りたいという思いがそのまま形になった
すがすがしい作り。

情報は多すぎず、
背伸びせず、目の届く範囲の手作り感覚が今風です。
大橋さんのコラムや本は、覚えている限りではずっと
こういう雰囲気だったので、やっと時代が追いついたというべきなのか…。

ちょっと良いなあと思う本屋さんや雑貨屋さん、
コーヒー屋さんなどには必ずと言っていいほど置いてあるので、
底辺にきっと何かつながるものがあるのでしょう。

大橋さんの本はとても品がある一方で、
趣味が良く、観察眼が鋭い中高年女性にありがちな、
どこかイジワルな視線も感じられ(そんなことないよ!と皆様おっしゃるでしょうが)
(勝手に)苦手に思っていた一時期もありました。

この歳になって、ヘンに気を回す人よりは、
本音をはっきり言ったり書いたりしてくれる人の方が
ありがたいということに、ようやく気づいた訳ですが。

で、この号はバックナンバーなんですが、
村上春樹さんの自宅について取り上げていたので、買った号です。
ファンだからというよりは、なるほど文章もお住まいも共通するセンスをお持ちなんだなあ、
と感心したためです。同じ場所に住んだり、同じものを買いそろえたり、
あるいはこのお宅を譲り受けて(そんなことあるはずないけど)住んでみたりしたところで、
絶対こうは行かないなあとしみじみ思った記事でした。

発行所 イオグラフィック
定価525円
アルネのHPはこちら
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/3259555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wata at 2006-03-15 00:14 x
ちょっと見てみたいな〜、でも、うちの近くでは売ってないだろうから取り寄せ・・・と思ったら近くに2件も取扱店がありました。ビックリです。田舎まで普及してる雑誌なのですね。
両方ともオシャレな感じの店で、私にはちょっと入りにくい店なんですが・・・この機会にがんばって入ってみようかしら。
Commented by 銀の匙 at 2006-03-15 23:39 x
wataさん、こんばんは。

>両方ともオシャレな感じの店で、私にはちょっと入りにくい店なんですが・・・

私、きっとそのお店に行ったことあると思います(笑)
置いてあったの見たもの…。
Commented by wata at 2006-03-19 14:53 x
行ってきました。外見から想像してたより店内が広くて、少し驚きました。
Arne は5号と10号を買ってみましたよ。

ほんと、ブログ的としか言いようのない雑誌ですね。
第1号が2002年9月の発行なので、世にブログが普及するより前ですから、これも時代を先取りしてたってことなのかもしれません。

私も雑誌などで見かける大橋さんの文(絵といっしょに載ってる文)に、何となく苦手意識を感じていたことがあります。まともに文章を読んだことはなかったので、何が苦手だったのかわからないのですが、品が良さげなのがとっつきにくかったように思います(苦笑)。
Commented by silverspoonsjp at 2006-03-19 23:50
☆wataさん、こんばんは。
ついにいらっしゃいましたか。「Arne」を置いてあるお店って、お店のテイストが雑誌にどことなく似ていませんか?高崎に展覧会を見に行ったついでにひょっと入った器のお店にもたまたま置いてあって、そのお店の雰囲気がやっぱり「Arne」っぽいんですよね…。雑誌名の由来は知らないんですけど、アルネ・ヤコブセンを連想させるだけに、置いてるお店も北欧雑貨っぽいお店というか。

>何が苦手だったのかわからないのですが、品が良さげなのがとっつきにくかったように思います(苦笑)。

おお、そうそう、そうなんですよ。あまりにも俗っぽいところがないというか、センスって真似はできないから、どうせついて行けないわ…とか思っちゃったりして、雲の上のことのように思っていたんですよね…。
by silverspoonsjp | 2006-02-26 22:16 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback | Comments(4)