本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Vは新入生のV(え?)

皆様こんばんは。とってもご無沙汰しております。何かやり出すと他のことが手に付かない単線配列でお許しください。早くゆっくりブログを書く生活に戻りたいですーT T

さて、そういいつつも、用事の合間に皇居へ桜を見に行ってみました。
土曜日ということもあり、花見客で大にぎわい。

北の丸の武道館では

「國○院 水で割ったら 国○舘」

という有名なコピーで知られる(ケッサクだと思うけどダメ?)
某大学の入学式も行われておりましたが、招かれざるこんな客も…。

a0003079_19351081.jpg


つまり…。

a0003079_19352363.jpg


わかる人にはわかるという意味あるようなないような宣伝でしたが(プラカードくらい持っとけ!)、きっと映画「V フォー・ヴェンデッタ」(VはヴェンデッタのV、くらいの意味?)
の宣伝なんでしょうね~。

海外評価じゃBマイナスもくらっておりますが、ヒューゴさんが出るならC級だろうと見る!…つもりです。ずっと仮面をかぶりっぱなしという噂もありますが、アンディ・サーキスのファンならゴラムちゃんやキング・コングも見るでしょ?見ますよね?
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/3427371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from To pass leis.. at 2006-04-05 00:55
タイトル : V フォー・ヴェンデッタ
「V フォー・ヴェンデッタ」の試写会でWBの試写室に行ってきました。 場所がわからなくて20分位迷ってしまった。 やっぱり調べていかないとだめですねぇ。 夕べの寝不足がたたってちょっと寝てしまったんですけど、予告編を観たい時から見たいと思っていたので面白かったです。 想像よりも激しいアクションなどなく、激しく、しかし静かな映画でした。 情熱と静けさ、復習と贖罪、愛と死・・・なんだか相反するものを色色感じさせてくれました。 チャイコフスキーの「1812年」がとても印象的でした。 それと...... more
Commented by wata at 2006-04-03 02:31 x
ええ?海外じゃBマイナス評価なんですか。でも、私もC級でも映画館は行きます。DVD買うかはわかりませんが。
仮面かぶりっぱなしでもいいです。セリフがあれば。

しかし、宣伝ですか、これ?(笑)。まったく、プラカードやポスターくらい持ってほしいです ^^;
Commented by mog at 2006-04-03 12:57 x
☆ナタリーの坊主頭じゃ観に行くつもりは無かったけれど、仮面の中味がだれかわかっちゃったら、やっぱり『ハイ!』でしょ。それも、仮面被りっぱなしなんですって??う~む、そういう役は『国宝』で代々宝探しをしていたなんとか・けいじさんのほうがお似合いじゃない?
 エルロンド@Mr.スミス=ヒューゴさんの心意気に拍手です!
Commented by silverspoonsjp at 2006-04-08 01:30
お返事大変遅れまして失礼しております。今日にも終わるはずだった懸案事項、また振り出しに戻ってしまいました(TT) ああ、困ったものです…

☆wataさん
>仮面かぶりっぱなしでもいいです。セリフがあれば。

この1文に激しい愛を感じました(笑)。 というのは冗談で、私も好きな俳優さんが声の出演してるDVDは絶対見ますので、同じですね~。セリフがプラカードに描いてあって、さっと出すだけ(そんなマンガなかったでしたっけ?)だったら、ちょっと考えちゃうけど…

☆mogさん

>仮面の中味がだれかわかっちゃったら、やっぱり『ハイ!』でしょ

まったく同感なんですが、DVDでメーキングを見るまでは、実は中味はアンディ・サーキスでした!ってことだって無きしもあらず(いや、ない!)。

まあ、でも「オペラ座の怪人」だって、誰が怪人を演じるかが大事ですものね。やはりヒューゴさんの演技力が高く買われたと見るべきなんでしょうね。

Commented by crann_estel at 2006-04-23 19:39
プレミアにお誘いうけて、例の仮面をかぶったleirani@crannです(爆)

ヒューゴさん、とっても素敵な方でした。
スミスとも殿ともイメージが違っていて(なにせ髭があった!)おおーと新鮮でした。
舞台俳優らしい、良い声でつるつると膨大なセリフをこなしていましたよ<映画。
サークル仲間の感想は、ネグリの「帝国」に対するマルチチュードを彷彿とさせる役柄、だそうです。
単純な私はただ「おもしろかった!」
そして銀の匙さんへのおすすめの言葉は「アメコミのコマワリ感覚映像」です(笑)
Commented by silverspoonsjp at 2006-04-23 23:10
☆crannさん
>プレミアにお誘いうけて、例の仮面をかぶったleirani@crannです

おおお===!!!何て羨ましいーーーー!
映画を観ながら、あの仮面、宅配してくれないかな~とまるで不真面目な態度だった私です。

ヒューゴさんが仮面を取らなかったのには、深い意味があったんですね。予告編だけ見た段階で、実はVはナタリーなんじゃないかという予想を立てたのですが、ある意味では当たっていましたね…

>ネグリの「帝国」に対するマルチチュードを彷彿とさせる役柄
さすが、言い得て妙ですね。今週(だったかな?)の「NewsWeek」に「V」の映画評があるので御覧下さいましな。あの映画が「不快」だったんですって。まさに監督の思うツボじゃございませんか。おっほっほ。
by silverspoonsjp | 2006-04-02 19:43 | プチ日記 | Trackback(1) | Comments(5)