本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

実はここにも?

皆様こんばんは。

大っっっっつ変ご無沙汰しておりました。またかとお思いの方も多いでしょうが、その通り!はい、ぺこんぺこんに凹んでおりました。今回はかなり深刻です。なんせ2連発だったんで…。ま、とりあえずようやく浮上して参りましたサブマリンをよろしく。また沈んだらそっとしといてやって下さい。

さて、凹んでる間も一応積ん読資料に目を通しておりましたが、どうも気になることが二つありました。

総務省の統計資料を見てたんですが、右肩に「総務省」って書いてあるんですね。それはいいんだけど、そのうえに何か小さな字で書いてあるんですよ。

「実はここにも 
総務省」

実はって…そんなに自信がないんかい!(アホなと思ったら、ここを確認しましょう!)
イヤ待て、「あそこにもいる、そこにいる、実はここにも総務省♪」って、金のエンゼルみたいなものなのかしら♪(そんなはず、ないよね…。)

これ、各省庁にあるのでしょうか。
「ポイ捨てしちゃイヤ☆環境省」
「結局最後は 財務省」
「打ちてしやまむ…」やめとこ。

もう一つはまた今度。
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/3702719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラッコ庵 at 2006-06-07 09:56 x
「国民生活の目につきにくいところまで目配りして支えていく総務省の行政の姿勢、役割を、「実はここにも 総務省」と表現しました。 」
ですって。

お堅い役所のお茶目な一面をみせて、親しみを持ってもらおうという作戦でしょうか。
どういう人が考えるのかなあ?
Commented by silverspoonsjp at 2006-06-07 23:13
☆ラッコ庵さん
>国民生活の目につきにくいところまで目配りして支えていく総務省の行政の姿勢、役割

なんと、そういう意味だったんですか。私ゃまたてっきりお庭番としてあちこちに放たれてるのかと…
こういうの公募なのかも知れませんね。
Commented by snowy_opal at 2006-06-09 19:13
いや~、笑ってしまいました。お庭番説は魅力的です~。
公募じゃなくて、あれやこれやの広告代理店だったりしたら、すっごくおかしいですよね。キャッチコピー考えるだけで、あそこら辺だったらゴマンと取られそう・・・(笑)
Commented by silverspoonsjp at 2006-06-10 08:56
☆snowy_opalさん
ははは。総務省っていかにも首相直結って感じがするのでなおさら?

前に「トリビアの泉」を観てましたら、「携帯メールで告白する上手いコピー」(だったかな?)を、日本の有名コピーライターを集めて考えさせてましたけど、いやさすがに高いお金を取るだけのことはある(笑)と感心しました。(できたコピーは確か「電話してもいいですか?」だったと思います)たった11文字くらい考えるのに5時間かかってましたよ。むちゃくちゃ取られそうですよね、総務省。
Commented by at 2006-08-06 06:43 x
このキャッチフレーズ好きです。
公式なキャッチフレーズではないのですが、特許庁に勤めている友人が経済省を「宇宙船からトイレットペーパーまで」って言ってました。
Commented by silverspoonsjp at 2006-08-09 23:34
☆蓮さん
特許庁はキャッチフレーズないんですかね?あ、早口ことばがあるからいいのかな?
by silverspoonsjp | 2006-06-06 23:59 | プチ日記 | Trackback | Comments(6)