本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

オススメSF その3 壮大なる実験-「星を継ぐもの」

a0003079_21121418.jpg
小説の面白さ、というとストーリーの面白さと同義のように考えがちですけれども、「星を継ぐもの」の面白さはもうちょい違うところにあります。

もちろんストーリーも面白いです。
イギリスの科学者ヴィクター・ハントは、突然アメリカへ呼ばれます。
理由は、月面で発見された遺体を分析するため。
何をそんな大げさな…と彼ならずとも思いますが、チャーリーと名付けられたこの遺体は、なんと5万年前のものだったのです。
なぜそんな大昔に人類が月にいたのか、そもそも「チャーリー」は人類なのか…。

この謎を解くため、古生物学、数学、言語学…等々のエキスパートが仮説を立て、議論を進めていくくだりが物語の中心になっていて、その過程がエキサイティングで面白いんです。

「サイエンスフィクション」たるゆえんが舞台や小道具だけではなく、「科学的な手続きによって議論を進める」という物語の進行そのものにあるのが斬新。
読み手も、自分もメンバーとして真相究明に参加しているような、臨場感あふれる読書体験ができることでしょう。

沈着冷静なハント、切れ者のコールドウェル、科学者魂あふれるダンチェッカーなどキャラクターも魅力的ですし、遺品が解読されていくにつれ、ただの分析対象でしかなかった「チャーリー」にも親しみが湧いてくるのがまた不思議です。

エピローグの余韻も、爽やかな読後感を与えてくれます。

ダンチェッカーの発言から取られたものと思われる、本のタイトルも印象に残ります。原題は“Inherit the stars”。うまい訳ですね。

ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社
ISBN 4-488-66301-X

長編
ハードSF度   ★★★★★(「竜の卵」を★5とカウント)
ファンタジー度  ☆☆☆☆☆  
個人的好み   ★★★★☆

〈お好きかも〉
ミステリーが好きな方
SFらしいSF作品を読んでみたい方
重く心に残るよりも、爽やかな読後感を求める方

その他のオススメはこちら
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-08-04 21:17 | センス・オブ・ワンダーの本