本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ぬばたまの…

展覧会を見ようと上野に出かけたら、公園の中の野球場に「正岡子規記念球場」と看板が掲げられていました。

何で球場が子規なの、と一瞬思ったけど、そういえば「野球」って日本語は子規が命名したんですよね。(←これは違うという説もあったなあと気になって調べたら、この日本語を使い出したのは子規らしいんですけどペンネームとしてで、「ベースボール」に当てはめたのは他の人らしいです。すみません)ちょうど正岡子規に触れた面白い文章を読んだばかりだったのを思い出しました。佐藤勝明先生という方が書かれた短い論文で、子規の

「久方の アメリカ人のはじめにし ベースボールは 見れど飽かぬかも」

という短歌が挙げられています。

「久方の」っていうのは枕詞で、元は何か意味があったにせよ、歌で使われているときはそれ自体には意味がないとされています。例えば、

「あおによし 奈良の都…」
では「あおによし」が、
「あしひきの 山鳥の尾の…」
では「あしひきの」が枕詞で、それぞれ後ろにある「奈良」とか「山」を導き出すために置かれた言葉だとされます。

で、この子規の歌なんですが、「久方の」は「光」とか「天(あめ)」なんかを導く枕詞なのを、同じ発音とはいえ「アメリカ人」に使っているところがナイスです。しかも「久方」っていうと、遠い感じですもんね。「遙か彼方のアメリカ人が発明した」って如何にもカッコいい。

こんな感じに、枕詞を形式的じゃなくて、ちょっとシュールに使ってみるって例が論文中に挙げられています。私が好きなのはこれ。

「ぬばたまのクロネコヤマトひっそりと君のメールをポストに落とす」(入谷いずみ)

まるでぬめぬめと生きているような「ぬばたまのクロネコヤマト」がちょっとシュールで怖いですね。「ぬばたま」は黒や闇を導くそうですから、こんなのはどうでしょう。

「川の瀬の石踏み渡り ぬばたまの 黒の乗り手は常にあらぬかも」
(本歌:川の瀬の石踏み渡り ぬばたまの 黒馬来る夜は 常にあらぬかも って同じやん…)

「ブルイネン 瀬を早みかも ぬばたまの 黒の乗り手に逢はむ夕星(ゆうづつ)」
(本歌:天の川 瀬を早みかも ぬばたまの 夜は更けにつつ逢はぬ彦星)

こういうことやり出すと、いくらでも指輪短歌が出来ちゃいそう。
 
家にあれば 6度の食事 ホビットも 旅にしあればレンバスを食う

…いえ、何でもないです。  
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/4252453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mog at 2006-09-09 23:39 x
☆よし、今年の秋はせんりゅ..いやもとい、俳句じゃなくて啖呵、いやいや、短歌でいこー!!!
 決まり、ですね...
Commented by 銀の匙 at 2006-09-12 20:37 x
☆mogさん
「啖呵」いいですね♪エルフ王女様の歌会始ならきっとそれでしょう。歌集も「赤光(もるどおるにて)」とか「月に消える(あ、あれは飛び越すのか)」とか…

昔、漢詩人(日本の方ですよ~!)からお話を伺ったことがあるんです。漢詩は一行5文字か7文字で、行数が4行か8行のものが一般的ですが、5文字は短い分、却って作りづらいんですって。だからお稽古は七文字の七言絶句でするそうです。

私のような初心者には俳句よりは短歌の方がサマになりやすいかもしれません。
Commented by wata at 2006-09-15 01:09 x
> ぬばたまのクロネコヤマト

・・・すてきです。
Commented by silverspoonsjp at 2006-09-15 23:58
☆wataさん
いいでしょ、何か使い魔みたいで…(←発想が貧困?)
Commented by crann at 2006-10-03 23:51
銀の匙さん、こんばんは!
ずっとコメント書きたかったのですが、ちょっといろいろ最近は腱鞘炎で(爆)
子規と野球は有名らしく、これはほんとじゃないらしいけど子規の本名「昇」(のぼる)を分解して、「の」「ぼーる」=「野」「球(ボール)」・・・
なんだか、植木等のように「およびでない?こりゃまたしっつれいしましたーっ!」と消え去りたくなります、失礼。

もっと想像たくましくすると、松山中学の高浜清君と河東へいごろう君が「野球ってどうすんだ?」と慣れないバットとグローブをひねくりまわしているところに東大生の正岡昇先輩が通りかかって「キミタチ、ちょっとかしれくれたまえ」といって一発ノックをカーンと打って、「じゃ、失敬!」と去っていったのを、清君とへいごろう君が「東京さ行ってるかっこいい先輩(はあと)」と見つめていたとか、いないとか(笑)→某早稲田のK教授の受け売りです(笑)
子規というと、病気のことばかり印象に残りがちですが、実はとってもカッコいいヤツだったに違いない、と思うのです。
なので(ようやく結論か?)、トールキン教授の本を子規に読ませてみたいと思うのは、無謀じゃないと思います♪
Commented by silverspoonsjp at 2006-10-08 00:36
☆crannさん
こんばんは。腱鞘炎をおしてコメントくださったのに、お返事おくれてすみません。子規のペンネームの話の中で、升を「のぼーる」と読ませたっていうのは本当みたいです。あと、夏目漱石のこと調べてたときに、漱石ってペンネームはもともと子規のものだったっていうのを見たんですが…ペンネームいっぱい持ってるお人ですね。それに漱石先生と同じくらい負けず嫌いでオレ様なお人だったようで(漱石先生がそう書いてるんだもん!)

それより河東碧梧桐の本名がへーごろーだったっていうのがショックでっ!!!(全国のへいごろうさんゴメン!!!)

そうかー。子規ってスポーツマンだったのね。さすがcrannさん、バッチリ萌えツボを見つけてくださってありがとうございます。
トールキン教授の本を子規先生にねぇ…英語はお嫌いだったみたいだから、どうでしょうね。トールキン教授の詩を金之助君が訳していたら、お好きだったかも?
by silverspoonsjp | 2006-09-09 01:14 | プチ日記 | Trackback | Comments(6)