本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

オススメSF その5 人類を補完せよ-「鼠と竜のゲーム」

a0003079_23195181.jpgさて、ここで一つ手強い作品に参りましょう。とは言っても、理屈っぽいSFではないので、これがファーストSF、ということでも好きな人は好きになるだろう短編集であります。

全く偶然に、収録作の「アルファ・ラルファ大通り(Alpha Ralpha Boulevard)」というタイトルに惹かれて、本も手にとってみた、というだけなのですが、作品を読む前に、まえがきですでにノックアウトされてしまいました。

コードウェイナー・スミスというのはペンネームで、本人は戦時下においてはアメリカ陸軍情報部の大佐であり、戦後は日本・中国・フランス・ドイツで少年時代を過ごし、あの孫文に「林白楽」という中国名を授けられた、という、ある意味SF的な経歴の持ち主。

「運命が決められている人々」というモチーフはカート・ヴォガネット・ジュニアの『タイタンの妖女』に通じるところがありますが、予告された通りに物語が進む運命論的な語り口は、どことなく東洋っぽいものを感じさせます。

友情や優しさ、ロマンスやハッピーエンドといった要素がちりばめられていながら、読み込んでいくうちに、社会の仕組みの冷酷さというか、組織の論理みたいなものに気づかされたりもします。

そして何といっても一番の魅力は、一種独特のセンスを持った、そのことばの遣い方です。例えばタイトルでは、先にあげた「アルファ・ラルファ大通り」の他にも、
「スキャナーに生きがいはない(Scanners Live in Vain)」
「黄金の船が-おお!おお!おお!(Golden the Ship Was- Oh!Oh!Oh!)」
など印象的なものがありますし、
何の説明もなく文中に登場する「人類補完機構(The Instrumentality of Mankind:この訳は面白いですね。「エヴァンゲリオン」にも引用されてます)「クランチ」といった用語にも惹かれます。たとえば、「アルファ・ラルファ大通り」の一節-


「それできまった」とマクトはいった。「三人でいっしょに戻ってみましょう」
「戻るってどこへ?」とわたし。
「アバ・ディンゴへ」
(中略)
「そこへはどうやって行くんですか?」とヴィルジニー。
マクトは悲しげに眉をひそめた。「道は一つしかありません。アルファ・ラルファ大通りです」ヴィルジニーが立ち上がった。わたしもそれにならった。


ここへ至るも、アバ・ディンゴって何なんだ?アルファ・ラルファ大通りって何??とはてなマークが頭の中で点灯しっぱなし。最後まで、はっきりとは説明されない用語も多数あり、いろいろと解釈できて面白いです。

とは言っても、アシモフの「ファウンデーション」同様、スミスの「補完機構」も切れ切れながら、一つのまとまった世界を形作っているので、続けて読むとそれなりにわかりはしますが…。

コードウェイナー・スミス著
伊藤典夫、浅倉久志訳
早川文庫
ISBN 4150104719

短編
ハードSF度   ★★★★☆(「竜の卵」を★5とカウント)
ファンタジー度  ★★★☆☆ SF(サイエンス・フィクション)度 
個人的好み   ★★★★★

〈お好きかも〉
意味のわからない言葉でも響きがよければ好きな方
見方によっては暗い作品でもOKな方
イメージするのも困難なほど途方もない話が好きな方

SFのその他のオススメ作品は、下のSFタグからどうぞ。
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-09-21 23:22 | センス・オブ・ワンダーの本