本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

わたしを離さないで/カズオ・イシグロ

えっ、この本、SFなの?!と思った皆様。
残念ながら(笑)、この本はれっきとしたSFです。

著者のカズオ・イシグロといえば、「日の名残り」。
抑えた筆致の中に、豊かな情感が詰まった作品を書く作家で、
「わたしを離さないで」もそういった作品の一つです。

物語は、良くあるイギリス寄宿舎生活の体裁を取って始まります。
介護人キャシーは回想します。
親友だった仲良しのリーダー格の女の子ルーシー、
かんしゃく持ちの男の子だったトミーの思い出や、
エミリー先生を始めとする厳格な教師たちの言葉…。

繊細な筆致で少年少女時代を描いた、普通の文学としても十分通用する物語のところどころに、まるで地雷のように、見慣れない単語や奇妙な出来事が埋め込まれています。
そして-。

***
あらすじをこれ以上書いてしまうと、新鮮な驚きがなくなってしまうと思うので
ここまでにしておきますが、類似の作品と比べてしまったりしたせいもあって、
登場人物の行動に何ともいえないもどかしさを感じてしまいます。
SFとしては、失礼ながら使われているのはあまり斬新なアイデアでもないし。
作品解説が柴田元幸さんらしからぬ煮え切らない文章なので、
ますますそう思ってしまったのかもしれません。

しかし、考えてみれば、この何ともいえないもどかしさこそが、
イシグロ作品の特徴である「抑制」を作りだしているのであり、
そしてその「抑制」こそが、イギリス的、と我々外国の読者が捉える長所であり、
物語としての妙味なのでありましょう。

タイトルの「わたしを離さないで」とは、主人公のキャシーが大切にしていた、カセットテープの中の歌のタイトル。

“Never Let Me Go”は「決して私を行かせないで」だから「わたしを離さないで」なんですが、
日本語から考えると「離さない」は徹頭徹尾相手の行為なのに、英語は「私が行くことをさせない」なので、意味は同じでも切実さが違うような気がします。

訳文は格調が高く、自然な日本語です。

土屋政雄訳
早川書房 1800円
4152087196

あらすじがわかっても良い方は



******

以下、作品の内容に触れています。

******














SFが好きな方なら、あちこちにばらまかれたヒントを手がかりに、半分も読まないうちに、これが何について書かれた話かわかってしまうでしょう。ミステリー(?)としては出来が悪い作品です(作者は、もちろんミステリーとして書いたつもりなんかないでしょうけど)。

問題は、クローンを扱った話としては今やあまりにも陳腐すぎる展開なのをどう考えるかです。臓器提供のために養成されたクローンが、自分の残酷な運命を知るという基本ストーリーは、ごく最近では映画「アイランド」、日本のコミックでは「輝夜姫」が扱っています。そして、この類似2作品はいずれも、運命を知った主人公であるクローンが、どのように運命に立ち向かうかを描いています。

アイデア勝負のお話ならば、類似の作品が2点ある時点ですでにアウトでしょうが、この「わたしを離さないで」は幸い(というべきでしょうね)そういう話ではありません。

臓器を提供をするために作られ、自分自身の人生などは存在しない運命だと聞かされても、それを静かに受け入れる子供たち。そんな彼らの境遇を憐れみ、少しでも良い教育を受けさせ、保護しようとした「ヘールシャム」という施設と、その施設に関わった「善意ある」人々(しかし彼らは、子供たちを解放しようとは夢にも考えていない)。そして、ヘールシャム出身であることを羨む、別の施設出身の提供者たち…。

この構図はやがて来るかもしれないクローン社会への警鐘なのでしょうか?クローンの倫理的責任を問う作品なのでしょうか?

試みに、幾つかの単語を取り替えてみれば、まったく別の出来事にも当てはまるような気がしませんか?クローンという衝撃的な題材を扱いながら、自分には関係ない絵空事とは思えないのは、丁寧なディテール描写によるものでもあるし、実は普遍的な社会の仕組み、ごく普通の人生について語っているからだと私は読みました。
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-10-22 21:27 | センス・オブ・ワンダーの本