本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大掃除 退却編

さー、準備編に続けて、行きますよ!

2.下ごしらえ編
・掃除を始める前までに、ストックの野菜などは使いきっておきます。
 冷蔵庫は空っぽに。
・カーテンを全部外して洗濯機にぶち込み、水を張ります(縮むタイプのはやめておきましょう。次買うときは、自分で洗えるカーテンにしましょうね)。
・ブラインドを洗う人は、外して洗剤とお湯を張った湯船につけます。
・窓を全部開けます。
・洗面器にお湯を張っておきます。

3.最初に手を付ける場所
・それは、台所です。
 シンクを洗って、お湯を張ります。
・電源を落とします。
・換気扇を外して、シンクのお湯につけます。
・ガスレンジなど、汚れのひどい箇所をから拭きし、洗剤を吹き付けます。上からティッシュをかぶせて湿布のようにします。
・照明も汚れていたら、同じように湿布します。
・電源を戻して、とりあえず、これでいったん退却~。
・洗濯機を回します。

4.次に手を付ける場所
・一番奥の部屋です。
・掃除用具一式と洗面器を持ってきてください。
・段ボールを持ってきて、組み立ててください。
 1つはこれからも使うもの、1つはもう使わないもの、もう一つはよくわかんない♪もの用です。
 押入があれば押入、引き出しがあれば引き出しの、一番上の棚から始めます。
家具以外、全てのアイテムをこの3つのどれかに入れてください。(入らないサイズのものは、箱の手前に置く)。
・使わないものの段ボールがいっぱいになったら、即、外へ出してください。わかんない♪ものは家がどんなに大きかろうと、段ボール一人一箱限りです。
・ものを動かした場所をすかさず掃除します。棚、棚板、引き出しなど。から拭きを忘れずに。
・使うものだけを元の場所に戻して、部屋全部の作業をします。
 終わったら、わかんない♪の箱を次の部屋へ移動。

・次に、天井に掃除機をかけます。はたきがけをすれば尚良し。
 掃除機の場合、「はばき」アタッチメントがあると便利。
・台所用洗剤を使って、照明器具を拭き、雑巾で水ぶき、から拭きをします。
・新聞紙で窓を拭きます。インクの油分で汚れが落ちます。
・サッシの枠などをから拭き。溝は歯ブラシを使ってこすります。
・机や電気製品を拭きます。
・床を掃くか、掃除機をかけます。
・フローリング・畳ならから拭きします。ワックスを掛けたい人は、全ての掃除が済んでから。

居室はすべてこの要領。

5.お風呂の掃除
・ここも基本は奥から外、上から下です。たいていのお風呂では、外とは、居室側になりますが…。掃除機を持って入れるようなら、換気口の埃を吸い取っておきます。
・ブラインドを漬けておいた人は、すすいで外に干します。
・壁が汚れていたら、洗剤をかけて湿布しておきます。マスクをして作業した方が良いでしょう。
・湯船をスポンジで洗います。お湯で十分落ちるはず。温度が調節出来る人は44度にしてくだ さい。脂を分解します。どうしても落ちなければ、お湯に重曹を溶かして漬けておきます。
・洗面台を掃除します。
 要らない備品、試供品などはこの際処分。
 洗面台の汚れは歯磨き粉と歯ブラシで落とします。
 鏡や蛇口など、金属の部分はナイロンストッキングで磨くとピカピカに☆
・トイレも同じ要領で。

6.台所の掃除・漬けておいた換気扇や湿布をした箇所は熱いお湯ですすぐと、簡単に汚れが落ちると思います。
・電源を落として、換気扇を取り付けます。電源を入れます。
・吊り戸棚、シンク周りのアイテムを、段ボール箱に仕分けします。期限切れのもの、使わない鍋・食器などは「使わない」の箱へ。モノを移動した場所はすばやく掃除します。
この後も使うものを元の位置へ戻します。
・食器棚も同じ要領で整理します。残すものが決まったら洗い、熱いお湯ですすぎます。
 ガラスのコップなどは重曹を使うとビックリするほど綺麗になりますが、粒子が非常に細かいとはいえ磨いているということですから、正確に言うと、細かいキズをつけてることにはなるんですが…。乾いたら食器棚にしまいます。
・シンクを洗います。落ちにくい汚れは歯磨き粉をつけて、歯ブラシで磨きます。
・最後に、ストッキングで拭くとピカピカ☆
・フリーザーの中を拭きます。
・床を掃除して終わり。

7.玄関の掃除
・靴箱も、要るものと要らないものを仕分けし、棚を拭きます。
・窓を拭いた新聞紙を水に濡らして玄関に落とし、外へ掃き出します。(拾っておいてね)

8.カーテンをかける
・乾いたカーテンをかけ直します。

9.段ボールの整理
・「使わない」ものの段ボールを開け、リサイクルできるものは「よくわかんない♪」に移動します。残りはもったいないけど、処分しましょう。分別してゴミ袋に入れます。
・「よくわかんない♪」には1ヶ月以内の時間がとれる日の日付を書き、部屋の隅に置いておきます。その日になっても使わないものは結局死蔵する確率が高いので、思い切って処分しましょう。
・思い切ってモノを減らしていれば、置き場所を工夫して部屋を使いやすくすることも可能です。

お疲れ様でした~。
ちなみに友達ですが、モノを仕分けして捨てないと掃除できない、と言ったら、考えとく、と言われてしまいました。

もちろん、何もモノがない家はすっきりしてるといえばそうですが、実は飾り付けのセンスがないから、モノを減らすしかないということなんです。
モノがたくさんあって、なお片づいた感じに見える、あるいは居心地良い感じがする、というのはとてもステキですが、上級者のテクニックで、私には到底真似できません。そういうお家にお邪魔すると、羨ましいですけどね…ちなみに、一人暮らしのころの私の部屋は、病室のように色気がないということで、名字を冠して○○病院と言われていました。すっごい居心地悪かったらしいです。
[PR]
by silverspoonsjp | 2006-11-22 00:11 | プチ日記