本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

幸せなら手をたたこう、でどうかな

とある官庁に行ったら、国会答弁の様子が流れていました。音だけしか聞こえませんでしたが、切れ切れに聞こえる内容だけでも、背筋が寒くなりました。

自国の国旗や国歌を愛さないのは国際人として恥ずかしい、とか。
今だに卒業式で国歌を歌わせない学校がある、とか。

民主主義の国でこんなこと言う人がいるのが恥ずかしいですよ、私は。
ま、民主主義だから何でも言っていいのは、ありがたいですけどね。

誰しも郷土は誇りに思うし、日本国民なら強制されなくたって日本を愛しているでしょう(と私は思う)。それをわざわざ「何かに服従する」という形で示させようとするからには、きっと何か裏があるはず。

強制に逆らうことができない雰囲気を作ろうとしてるのはもちろん恐いけど、
「愛国心を養う」本当の意図が、別のところにありそうなのが一番恐い。

大抵の国では、愛国心を強調するのは戦争をするため。
愛する祖国のために、なぜか遠い砂漠の国で死んだアメリカの人たちのようにはなりたくない。

国の方針にちょっとでも逆うと「非国民」よばわりされるようでは、冷静な判断なんか出来ません。「愛する者を守るため」「愛する祖国のため」なんて甘いキャッチコピーに騙されて、関係ない戦争に首を突っ込むと、それで得をする人たちはともかく、長い目で見れば、結局日本国民のためにはならない。しかし、国益にならないとわかっても批判できない。つまり全然愛国になってない。その結果が、大量の国民の犠牲と負の歴史遺産なんて、一度失敗すれば十分です。

いまの国歌も国旗も、負の歴史が染みついている。
周りにとやかく言われたくないっていうなら、変えたらいいじゃないですか。
日本はクリエイティブな国だもの。いくらでも良いのができると思う。
そしたら私も胸を張って歌います。

いつまでも日本が悪口言われるっていうけど、そりゃ言いますって!
日本だっていつまでも「ヒロシマ・ナガサキに原爆を落とされた」って抗議するでしょ。
抗議しない方がおかしい。
日本が抗議するのは、地球のどこかで同じ惨禍が起こって欲しくないからだと信じてます。

村上春樹さんが書いてたけど、「上を向いて歩こう」が国歌だったら嬉しいな。
暗い?じゃ、「幸せなら手をたたこう」で手をうってあげてもいいです(日本の曲じゃないみたいですが)。そしたら皆で歌えるもんね。日本の人だけじゃなくてもね。
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/4730713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by elfarran_in at 2006-11-23 14:11
いやぁ~民主主義ですよね、ホント。
日本をアイしてるのか?と聞かれると返答に
困るけど、関西は無くなると困るので、ピンポイントな
郷土愛もまあ、ある種愛国心と認めて頂けるとウレシイナ♪
国歌・・・訳したらすごい事歌ってたりもするので
何でもいいや~とニートな意見なのですが、でも
今のアレは違うんでないの?とか思います。
かといってナニといわれると・・ん~・・・なのですが。
まぁ天皇さんに作詞してもらって作曲は国民投票で
キメルとか?(爆)うさぎ追いし~でもいいよ別に。
この前ネパールの人と荒城の月を歌ったけど
あんなのでもいいし・・・暗いか^^;
大きな過ちは、懲りない面々になって欲しくないですね~
○○の為に~って・・ね。。。自分の為に生きようよ~(笑)
Commented by wata at 2006-11-23 16:38 x
地元の小学校〜高校は、日の丸も君が代も、ふつうに存在してたので特に気にとめてなかったんですよね。
とくに敬意は払ってなかったけど、親しみを感じてたんですけど、でも、けっこう君が代や日の丸を否定する人って多いようですね。

私は君が代の歌詞って悪くないと思うんですけど・・・君が代が話題になる場(話題になることすら滅多にないけど)で、そう思ってるのは私だけのことが多いです(苦笑)。

でも、正直言って、私の関心は国のことより、目先の部屋そうじと今夜のご飯。
日本って、一般人は国家のことを考えなくても生活していける平和な国なのは有り難いです。
Commented by silverspoonsjp at 2006-11-27 01:08
☆elfarranさん
私も新国歌は「ふるさと」に一票入れさせて下さい!そして、国民のほぼ全員が「うさぎおいしい」とか「しかの山」とか、むちゃくちゃ解釈しているという(今の国歌と状況が同じ?笑)。荒城の月は…国歌のB面に収録ということで(←古い?)
Commented by silverspoonsjp at 2006-11-27 01:12
☆wataさん
>日本って、一般人は国家のことを考えなくても生活していける平和な国なのは有り難いです。

そうですね~。本当にしみじみしてしまいます。徴兵制もないし、戦争もない、今の日本は本当に良い国です。弱腰と言われようと何と言われようと、これも日本が武力でなく、外交と経済で交渉しているおかげだと日々感謝しております。
Commented by rina at 2006-11-29 21:35 x
こんにちは、はじめまして。rinaと申します。
いつも楽しみに拝読しております。
普段はROMなのですが、今回思うところがありまして書き込みさせていただきました。

>いつまでも日本が悪口言われるっていうけど、そりゃ言いますって!

私も、なにも知らない頃はのんきにそう思っていました。
ぜひ一度こちら↓のサイトを見てください。

http://3.csx.jp/peachy/data/korea/

http://koreaphoto.hp.infoseek.co.jp/index.html

韓国限定ですが、中国も捏造度合いは似たような感じです。
Commented by silverspoonsjp at 2006-11-29 22:48 x
☆rinaさん
こんにちは。書き込みありがとうございます。
ホームページも拝見しました。御説はまったくごもっともです。
自分の国で困った事態があると、人の国のせいにしたり、
移民のせいにしたりするのは、古今東西を問わず、人間共通の心理のようです。日本も例外じゃありませんし、韓国も中国もきっとそうでしょう。たとえば、自分たちがやってたことは棚にあげ、イギリスやフランスの人がドイツをいじめる様は、自分がドイツ国民だったらきっと耐えられないと思います。 続く
Commented by silverspoonsjp at 2006-11-29 22:51 x
ただ、相手が大げさに言ってるからとか、自国の政治に利用してるからといって、自分が過去にやったことが帳消しになるとは、私は思いません。日本も堂々と原爆の被害を言い続けるべきですし、中国・韓国には植民地にされた歴史を世界に訴える権利があります。その妥当性については、加害者側、すなわち日本の場合はアメリカや戦勝国が、中国・韓国の場合は日本などの宗主国側が、断罪することは難しいでしょう。

もしも言われて悔しければ、日本の側で、ここまではやりました、というのと同じ程度の「別に侵略でもなんでもない」ことを、中国や韓国に、試しにやってもらってはどうですか。たとえば、日本の工業を発展させるために中国資本の工場にばんばん進出させたり(もちろん利益は中国がもっていきます)、アジアの平和のために東京以外の場所に新京が出来てみたり(トップはもちろん韓国人)、日本の首相はお飾りで中国の首相が実権を握ったり、天皇家に韓国大統領の娘が嫁いできたり、といったことです。別に侵略じゃないですよね、歴史事実として日本が昔やったのと同程度のことです。でも、私なら腹が立ちますけどね。
Commented by silverspoonsjp at 2006-11-29 23:03 x
なぜ私がこんなことを言うかというと、それはアメリカにいたときに、「戦争が終わったのはアメリカが原爆を落としたからだ」と言われてとても悲しかったからなのです。しかも、「あのとき戦争が終わってなければ、日本は消滅していたかもしれない。実際には日本のためになったんだ」とも言われました。確かにそれは、あり得ることです。しかし、彼らの発言は、原爆を落とされた側の痛みのことは、まるで気にも留めていないように聞こえました。

中国、韓国が戦争被害について大げさに言い立てると、私たちはそこまではしていない、本当は彼らのためを思ってやったことだってあるんだ、と反論したくなるのは、日本人として自然な感情です。しかし、踏まれた側の痛みは永遠に踏まれた側にしかわかりません。私は別にアメリカ人を責めるつもりはないけど、貴重な人命を奪って申し訳なかったと少しでも思って欲しかったのです。ただそれだけです。
Commented by silverspoonsjp at 2006-11-29 23:23 x
中国や韓国が国内の団結を高めるために、日本をスケープゴートにする、ということは、あるのかもしれません。ただし、そうされてしまう否が日本に全くないと言えますか?それに日本だって、わざわざ「隣国が反日って盛んに教育しているよ」と繰り返し報道する意図には似通った点があるとは思いませんか。

むかし、貿易摩擦が日本の懸案事項だったとき、日本のマスコミではアメリカ人が日本の国旗を焼く姿が盛んに報道されました。しかし、私が見聞きした範囲では、日本のことなんかに興味を持ってない人が大多数でした。あまり過剰に反応する必要はないと思います。

日本はエンジンをつけてアジアから逃げ出すわけには行きません。隣の国とは折り合いをつけて行かなければいけないし、上手くつきあえない理由を相手のせいだけにするのは間違っていると私は思います。
Commented by silverspoonsjp at 2006-11-29 23:38 x
100歩譲って隣国が日本を故意に貶めているという事実があったとしても、日本が過去に戦争をし、国籍を問わずたくさんの犠牲を出したという事実は変わることがありません。

よそから言われるまでもなく、日本はその過去の痛みを知っています。先の大戦で身内が被害を受けなかった方は、きっといないでしょう。だからこそ、二度と戦争はやらない国であって欲しいです。万一挑発されたとしても、それを理由に戦争を仕掛けたり、戦争を起こさせるように仕向けたりすることはない国であって欲しいと願っています。
Commented by mog at 2006-11-30 12:56 x
☆過去は消せませんからね、やった事は恥ずかしがろうが責められようが“ごめんなさい”を言う事を続けていかなくちゃいけないと思っています(だから殺人に関しては時効はなくせ、とも思ってます)。
 だからといって卑屈になることもありません。
 日本が戦後、世界的に果たしてきた事は「軍事」じゃ無い事は誇りにしてきた事は誇りにしていいと思います、それがしたくても出来なかった国になんやかやと言われて開き直る事もないんです。国の成り立ちが違えば邦民の根本的思想も、またおのずと異なるのですから。
 父も叔父も戦争に行き、義父はシベリアで1954年まで抑留され、義母の母は広島にピカドンが落ちた時庭で洗濯物を干し、義母は後片付けをしていました。
 私の世代では戦争を知らなくても、戦争の痕はそこかしこ、すぐ触れるほど近くにありました。
 だから、息子二人持っている今、私の年齢に息子たちが戦争に行かずに済む今のままの日本でいて欲しい、そう祈り願っています。
Commented by mog at 2006-11-30 12:57 x
 つづき

 話はずれますが、自衛隊の自殺率、とても高いのだそうです、他の職種に比べて。なぜか?札幌市で自衛隊なんかいらないって市長が言った
のを聞いてそれなら雪まつりお手伝いするの辞退します、と自衛隊が言ったら非難されたのは自衛隊のほうでした。その時私が感じたことは「それってあり?」
 困った時だけ使って、存在は違反の、いらないのと言われたら、そりゃ...辛いと思うな、仕事柄自衛隊員知っているせいもあるけれどね。
 軍隊に出来ないし、かといって存在は中途半端。
 国際救助隊はいろいろ名前に異論もあるから“日本救助隊”って言うのはどうかなぁ...、のイオレスです。
 wataさんじゃないけれど、戦争の痛みをしっている平和な国でい続けて欲しいです。
Commented by elfarran_in at 2006-12-01 09:18
物凄く真剣に読ませて頂きました。色々賛同・異論は有るけれども
兎に角、アタリ前に明日が来る幸せ・・・ってなんて素晴らしい&危うい
事なんだろかと、最近ひしひしと考えてしまいます。
Commented by silverspoonsjp at 2006-12-01 23:53
☆mogさん
>国の成り立ちが違えば邦民の根本的思想も、またおのずと異なるのですから

本当にその通りだと思います。日本は封建社会、立憲君主制、軍国主義、全体主義国、敗戦国…などなど、いろんな立場を経験してきました。今、それぞれの段階にある国の人たちがどういう状態かも、ある程度想像がつくのではないでしょうか。だから、想像力を働かせて、相手の立場を思いやるということも、時には必要なんじゃないかなと思います。

日本人はロシアが何をしても、心底信用できないところがありませんか。社会主義だったことも影響してると思いますが、それ以上にシベリア抑留の事が尾を引いてるんだと思います。その感情を抑えるのは結構難しいものです。それを思うと、アジア諸国が日本のやることにいちいち不信の目を向けるのもわかる気がします。このわだかまりをなくすには、かなり時間がかかることでしょう。残念ですけど…。
Commented by silverspoonsjp at 2006-12-01 23:59
続き
自衛隊に入隊したのは人助けがしたいから、って人が結構いるそうですね。災害救助で活躍している映像などをテレビで見て、志願しておられるようです。立派な方々だと思いますが、軍人は軍人ですからね…。災害現場でなく戦場に派遣されれば、上官の命令一つで人を殺さなければいけない仕事です。きっと辛いだろうと思います。mogさんがおっしゃるとおり、「救助隊」にすれば良いのに…。
Commented by silverspoonsjp at 2006-12-02 00:17
☆Elfarranさん
なんかここで一つボケをかまそうかと身構えていたのですが、難しいですね、この流れだと…(自分でやっといて・苦笑

イスラエルの話なんか読んでると、兵役がない、戦争がないって有り難いなあとしみじみ感じます。
Commented by ラッコ庵 at 2006-12-04 08:17 x
私は「民が世」に一票(笑)。
今春の娘の卒業式でも、1人で歌ってきたもんね、こっそり・・・ヘタレです(-_-)

井沢元彦の「逆説の日本史」をずっと読んでいます。
目からウロコのことも多く「通史」って大切だなと思うのですが、「どうかな?」と思うのが、「和をもって尊しとなす」以来の「たとえ理が通らなくても、話し合って双方が納得すればOK」的な日本の伝統的問題解決法を否定してるところ。
イスラエルとパレスチナなどを見ていると「双方痛み分け」以外のどんな解決があるのか!?と思ってしまいます。
いまこそ日本的解決が必要なのでは?
Commented by 銀の匙 at 2006-12-04 23:58 x
☆ラッコ庵さん
なるほど、替え歌もいいですね。「民が世」な場合、個人的にはコケがむすのは嫌ですね!力強く転がって欲しいです(え?)
替え歌にしなかった場合、ぼーっと聞いてると「キミが弱」と聞こえるので、第一次ヘタレブーム(?)の時はこれってヘタ…エレスサール王の歌かも…と秘かに思っていたものでございます(爆

>「双方痛み分け」以外のどんな解決があるのか!?と思ってしまいます。
身の回りをみても、そういうことって多いですよね~。第三者が見ると、お互い譲ればいいのに、と思うのに、当事者になると意地が邪魔するんでしょうか。
by silverspoonsjp | 2006-11-23 03:16 | プチ日記 | Trackback | Comments(18)