本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

センチメンタル・ジャーニー in HAKONE

(写真後ほどアップいたします)

皆様、こんばんはー。

あちこち引っ越ししつつ、祖父の家がある関係で、渋谷区在住歴が一番長いわたくし。転出しては戻り、転出しては戻り…を繰り返しておりましたが、また転出することが(ほぼ)決まりました。

またいつか帰ってくるかもしれないけど、取りあえずお別れ。

ということで、「指輪物語」の故事にならい、思い出の場所あちこちにお別れを言いに回っております。手始めに今回は箱根に行って参りました。

箱根と渋谷、何の関係があるのか?という御疑問はもっともですが、実は箱根に区民の保養所があり、せっかくだから利用させて頂いたのでした。

小田急の急行でとろとろ約2時間、ようやく着いた箱根は2月だというのに春の暖かさ。1日目はラリック美術館に行き、半日まるまる滞在してしまいました。記事は別ブログの方で書く予定ですが、とても面白かったです。

夜はなんと湖畔の元箱根港で花火があり、寒空の下、花火鑑賞と相成りました。知ってる人はほとんどいなかったようで、ほんのわずかのギャラリーと一緒に湖面に輝く2000発の花火を堪能して参りました。道路をはさんだ向かいのセブンイレブンが外でたき火をしてくれていて、にわかキャンプファイア状態になっていました。コンビニなのに駅伝グッズとかおみやげものを売ってるんですね…。

2月3日は節分で、湖畔の箱根神社でも行事がありました。境内で豆まきが終わると、神官や年男・年女は船に乗り、水上スキーに乗った赤鬼・青鬼に向かって豆まきをするという、何ともユニークな祭りです。

肝心の保養所の方は、ロケーションはいいし内装も割と新しいけど、それなりでした。安いのはありがたいのですが、そこここで、宿が最大限手を抜ける方法を工夫してるような、お役所的というより(最近、どこの区役所もそうですが、渋谷区でも区民サービスはとてもきちんとしてます)、むしろ熱海や箱根の古い旅館の悪いところがそのまま残ってる感じです。これを変えるには費用はあまりかからないと思うんだけど…。

ちょっと早めに箱根を出たので、下北沢で下車してみました。そしたら、こちらもちょうど「天狗まつり」の最中で、消防団員に率いられ、ほら貝や鉦、太鼓の音も賑やかに、山伏、七福神や天狗が街を練り歩き、豆の入った小袋を投げてゆきました。なんで消防団員に率いられているのかというと、手に火のついたたいまつ(風のもの)を持っているからです。ハッキリ言って1250年続く箱根神社の神事より、こっちの方が本格的な気はしましたが、まあ、それはそれ。なかなか楽しい一日でした。
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/5073753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by silverspoonsjp | 2007-02-03 23:47 | プチ日記 | Trackback | Comments(0)