本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

オススメSF その12 圧倒的な破壊力- 「象られた力」(かたどられたちから)

a0003079_23383890.jpg
表題作は圧巻。これは読んで頂くしかありません。
非常にユニークな作品です。褒め言葉以外見つかりません。

って言うか、中味に触れずに紹介するのは困難。
私が読んで最初にイメージしたものは「プリオン」。

で(えっ、もう終わり?)、

すごい筆力なので、かなりリアルに情景が想像できるため、読み終わった後、ちょっと気持ち悪くなるかも…(ホラーではないんですけど)。

2004年出版の本なんですが、ごく最近2つほど巻頭作「デュオ」を思い出させる邂逅があったので、何か引き合う力があるのかなとしみじみしてしまいました。

「デュオ」というのは、ピアノ調律師を通して描いた、とあるピアニストの物語なんですが、2007公開になった「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」と登場人物の設定が似てるので、おおっ!と思ったわけです。過去にも同様の設定を使った作品はありましたが、その枠をどう生かすか、ここが作家の腕の見せどころ。本作は最後の飛躍がSFらしくて好きな作品です。

飛浩隆著

ハヤカワ文庫
ISBN: 415030768

中編
ハードSF度   ★★★★☆(「竜の卵」を★5とカウント)
ファンタジー度  ★★☆☆☆
個人的好み   ★★★★★

〈お好きかも〉
グレッグ・イーガンのファン
ミステリー、ホラーのファンもいけるかも(私は両方とも苦手だけど、この本は面白かった)

その他のSFのオススメは↓タグからどうぞ。
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-02-06 23:45 | センス・オブ・ワンダーの本