本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

出版社占い

「出版社占い」

というのをやってみました。

 出版社の明日を占う!なんて時節柄ブラックユーモアにも程がある内容、ではありませんで、生年月日であなたがどの出版社のタイプか占ってくれるというもの。

やってみましたが…「角川書店」。
ちょっとアタシの芸風に合わないわっ☆
あ、「アニメージュ」を出してるとこでしたっけ。だったら合ってるかも?(をいをい) あ、しまった、これ、徳間書店でしたね。失礼しました…
この占い、試しに30日分やってみたけど(←こういうことするからオタクと言われるんですね。ハイ。わかってますって)、重複があって、出版社タイプはあまり多くないみたい。それでも、ポプラ社とか有斐閣とか、シブイ出版社が入っているあたりとか、占いにつけられたコメントが、出版社の性格を良く掴んでるあたりとか、やるなって感じ?

たとえば「講談社タイプ」

「講談社は明治時代からの長い歴史を誇る、業界最大手の出版社。文芸からエンタテインメントまで、多彩な分野にまんべんなく良書を刊行し、業界を牽引する存在です。
 積極性と行動力で、集団においてリーダーシップ的存在になることも多いあなた。新しいことを真っ先に思いつくのは少し苦手で、別の人が考えた新しいことを二番煎じで真似したり、勝ち馬に乗りがちな傾向もあったりしますが…(後略)

あと、岩波書店タイプの方へのコメントにはウケました。(岩波には)確かにこういうところがあるなあ…と納得。

取り上げてる出版社の意外な一面なども書いてあり、この占いを作った人はただ者ではない、と思ってリンク元を見たら、編集者の方だったんですね。

出版社は全国に知られていても、実際には中小…どころか文字通り机一つみたいな会社もありますが、変人でも許される職種なせいなのか(?)小粒でも面白い会社が多いですね。

私は未だに忘れられないんですが、高校の英語の先生は、長いこと憧れていた某英語専門出版社に原稿が採用され、大ハリキリで出かけたところ、
「びっくりするほど小さな建物でしたね…」
と遠い目をして語っておられました(爆

ま、人生そんなものです(それが結論かい!)
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/5176505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by elfarran_in at 2007-02-28 11:56
こう云うのは、やってみずには居られない・・・(^^;)・・で・・
“文藝春秋タイプ”でした。ムツツリスケベで酒癖が悪いのか・・・
自分に自覚のナイ新たな一面を教えて頂けたキブン!な訳ないやん~
玄冬社とかかな・・とか思いましたが←根拠なし(笑)
どうせなら“あかね書房”とか“ひかりの国”とかならもっと
ウレシイのに・・・あははは
角川=アニメージュで膝を叩いた私を許して(核爆)
Commented by foggykaoru at 2007-02-28 19:30
私は新潮社でした。。。よくわからん。
岩波はやる気を失ってしまうことがあるんだそうですね。最近の児童書部門は確かにそんな感じかも(涙)
Commented by ろーじー at 2007-02-28 23:32 x
その「やる気を失ってしまう」岩波タイプでした、私。
当たってるようなそうでもないような・・・うーん・・・

そんなに生真面目じゃねぇよ、という感じかな。
ま、「売られたケンカは高値買取、返品不可!」なあたり、たしかに岩波かも。(ちなみにこの売り文句の出元は某マンガです。)
Commented by mog at 2007-03-01 14:09 x
☆角川書店、でした...う~む。
 で、ついでに我が家のメリピピもやってみました(親の特権、か?)
 メリー、日経BP...一番ストーカーになりやすいとか..親としちゃ心配ですね..、そしてピピン。
 私と同じ。
 「角川書店」
 う~む×う~むの5乗。
 
Commented by foggykaoru at 2007-03-01 19:28
またまたお邪魔します。
新潮社に勤める友人に私の占いの結果を見せたところ、
「文芸出版と意地悪ジャーナリズムが同居してる会社なので、両方盛り込もうとすると、こういう『教養のある寺内貫太郎型オヤジ』みたいなねじれた説明になってしまうのだろう」
とのことでした。
以上、報告まで。
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-01 22:09
☆Elfarranさん
文藝春秋。
>いわば理想の社会人という趣
というあたりを強調されても良いかと…。
これ一体いくつ選択肢があるんでしょうね。集英社、小学館、講談社、有斐閣、日経BP、ポプラ社、マガジンハウス、角川書店、岩波書店、新潮社が見つかったんですが、日本人はすべてこのカテゴリーのどこかに当てはまるってことでしょうか(爆

あ、それからごめんなさい。アニメージュは徳間書店でした。今日道を歩いててふっと思い出しました(危険)。
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-01 22:17
☆かおるさん
新潮社。
実家の電話の脇に、いつもこちら発行の「谷内六郎カレンダー」がかかっておりました。いつも大丈夫か?と噂が流れるたびに大ヒット作が出て、不死鳥のように蘇るという、新潮社マジックは有名です。

うーむ。占いの文面というのは、誰が読んでも少しは当たってると感じるように作られてるみたいなのですが、ここは占いより会社の説明が主になってしまったようで。

>文芸出版と意地悪ジャーナリズムが同居してる会社
この会社で異動があったら泣きそうですね。どっちからどっちへでも…。

>「教養のある寺内貫太郎型オヤジ」
さすが新潮社。上手いコピーに特製座布団進呈いたします。
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-01 22:21
☆ろーじーさん
岩波書店は相変わらず地道です。でも、神保町の大地主という事実はあまり知られていません。大手出版社には、大型企画がコケたときの用心のため、儲かったらすぐに不動産を買う習性があるのです。
土地成金は間違いナシです。

>「売られたケンカは高値買取、返品不可!」
ハリーポッターがやるとバッシングですが、そういや昔からやってたところがあったんでしたね…。
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-01 22:27
☆mogさん
おお、同じタイプですね!(っていうか、ワタシは「集団から浮いている」「時おり奇矯な行動を起こしたり、」というとこだけが該当しておりますが)

理系で日経BPなら当たってると思われるのですが、この占いの文面、知り合いの日経BP社員のことを書いたのかと思われるほどです。女子だからストーカーってことはないと思いますが…ないといいなあ。
Commented by wata at 2007-03-02 00:11 x
遅ればせながらやってみました。
「集英社タイプ」・・・なぜだ〜!!(笑)。たしかに、ジャンプはときどき読みますけど。

希望は「評論社」とはいいませんが、「早川書房」「新紀元社」「東京創元社」あたりだったら嬉しかったのに ^^;
Commented by crann at 2007-03-03 20:19
小学館タイプと出ました。
強気運だそうです。

うーん・・・小学館で読む、いや読んだものといったら少女コミックくらいです。あとは小学館文庫をたまに?
東雅夫さんの妖怪・怪談シリーズは小学館文庫だったけど、それくらいです。ご縁がなさそうなんですけど、もっとご縁を作れという意味なのかな?(笑)
Commented by ラッコ庵 at 2007-03-06 18:07 x
(大前春子風に)
岩波書店でしたが、それが何か?
Commented by 北国のあき at 2007-03-09 08:57 x
講談社でした
思わず、ファンフィクに走りがちな自分を振り返ってドッキドキでした
講談社=京極堂な自分なので、ショックは5割減ということで(笑)

順番がひっくり返りましたが、お久しぶりです!
いるもROMROMさせていただいています
反応したい記事にぴくぴくする時に限ってドタバタのど真ん中です
これからもこっそりとよろしくです~
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-25 23:10
☆wataさん
他の占いだと、「ま、そういうこともあるかも…」なのに、この占い、微妙に外してきますよねえ?

残念ながらハヤカワや評論社は入ってないみたいなんですよ。もっと増やしてくれたらいいのに。

国書刊行会は最近SFに力を入れてくれて嬉しいです。
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-25 23:15
☆crannさん
「小学○年生」はお読みになりませんでした?
私、小学館というとそれしか思い出せませんでしたが、
(ちなみに学年誌は学研のを取ってました…)
そういや中国語辞典とか日本国語大辞典とかで、かなりお世話に
なったんでした。

ビッグコミックあたりも、タイトルくらいは知ってるんですけどね~
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-25 23:27
☆ラッコ庵さん
NHKウォッチャーのラッコ庵さんにはぴったり?
(岩波は出版界のNHK…なのか?!)
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-25 23:37
☆北国のあきさん

こちらこそご無沙汰しております。こちらはようやく桜もほころんで参りましたが、北国の春はこれからでしょうか。きっと春休み、お忙しいことでしょう。

私もバタバタしておりましたが、ようやく今春からまたゆっくり読書もできそうです。一番凹んでいるときにあきさんからお言葉を頂いて、何とか浮上して参りました。本当にありがとうございます。

というわけで、講談社。
えっ、なぜドッキドキなの?と不思議に思いましたが、あきさんのブログの記事で意味がわかりました。
ファンフィクは立派な創作ですよー!二番煎じなんかじゃありません。
何かお話を読んで続きを考えたり、歌をつくったり、絵を描いたりできるのってスゴイなーといつも思います。(世間ではそれをインスパイアされたという…)
Commented by Titmouse at 2007-03-28 23:24 x
遅ればせながら、岩波書店でした~
そりゃあもう、ランサム読んでますから(笑)
Commented by silverspoonsjp at 2007-03-29 00:59
☆Titmouseさん
出るべくして出た結果、おめでとうございます!
ああ、昔は良い本出していたのに(と過去形で語っては可哀想なんですけど…)
by silverspoonsjp | 2007-02-27 23:14 | 本にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(19)