本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ラテン語のしくみ〈CDつき〉

いやー、ホントに今日はびっくりしました。

お休みだったんで映画を見に行ったんですけど、上映途中でいきなり地震が。
1回揺れただけで、そのまま上映は続きました。

終わってロビーに出てようやく、地震ではなく、近くで爆発事故があったと知りました。
しかも現場は、たった2ヶ月前に住んでいた家から500メートルと離れてません。
もし元の場所に住んでたら、映画を観るときは必ず前を通っていた場所です。
次の回を見るつもりなら、巻き込まれてたかも。

外へ出ると格段煙も炎も見えず、あまり被害はなかったのかとそのときは思ったのですが、これまで見たこともない数の消防車が集結し、救急車が通りから外へ溢れるほどやってきていたところを見ると、かなりひどかったのでしょうか。せめて被害が最小限であったことを祈ります。

さて、本日のエントリーは上記、ラテン語学習本でございます。
この本には本当にびっくり、まさにセンス・オブ・ワンダー本です。

だって、「~語のしくみ」シリーズの統一仕様とはいえ、ラテン語本でCD付きですよ!?

ラテン語といえば、死語でありながら未だ至るところで使われている、日本人にとっての漢文みたいな言語です。死語というからには、当然、習うといえば書き言葉なのかと思ったら、なんと、本の頭からしばらくは、ずーっと発音練習なんですよ。

しかしこれはなかなかナイスな構成で、意表を衝かれると同時に、すぐにラテン語の世界に入っていけました。なにしろラテン語はローマ字読みなんで、書いてあることがすぐにスラスラ発音できてしまいます。

まったくの初心者なのに

「われ思う。ゆえにわれあり」(コーギトー・エルゴー・スム)

なんて難しい文章がすぐ読めちゃう嬉しさ(ラテン語の表記が上手くブログで出ないので、原文は本を見てチェックしてくださいね)。この達成感が思いっきりモチベーションを高めてくれます。しかも、この文章、御覧の通り真ん中の発音がのびるので、発音してみると思いっきりマヌケなんですよね…

第2課に行くと、もう速攻、遺跡に書いてあるラテン語が発音できちゃうし、意味もわかっちゃう。ラテン語は難しいって聞いてたけど、なーんだ、簡単じゃーん。(←と思わせる見事な作戦)

例文も良く考えてあって、おおと思うようなのが挙げられています。聖書、文学のみならず、文具好きにも良く知られている「クオ・ウァディス(あなたはどこへ行くのか)」とか、P.S(ポストスクリプトゥム・追伸)とか。

ま、私は直接業務でラテン語は関係ないんで(?)、個々の単語の意味はどっちでもいいんですが、それでもラテン語にまつわるあれこれのエピソードは面白く読みました。

例えば人名は、個人名・氏族名・家名となっており、
ガーイウス・ユーリウス・カエサル といえばユーリウス一族のカエサル家のガーイウス君という意味だそうですが、いかんせん個人名のレパートリーが少ないので同姓同名さんばっかりになってしまい、大小を付けて呼ぶとか。(大カトー、小カトーとかね。ちなみに、この大小は年長年少という意味だそうですが、それぞれMilor,Minorと書きます。メジャーなカトーとマイナーカトーって覚えてしまいそう…)

口語は戯作の中に残っているということで、ちゃんと話し言葉のレッスンもあります。答えの「はい」という言い方がないというのも面白いです。代わりに、「そうです」「確かに」に当たる言葉で答えるんですって。何か、時代劇で「如何にも」「左様」といい「はい」って言葉がないのを連想しました。

後半に行くと、前半ほどのキレはなくなって来るんですけど、日本の建物に刻まれたローマ字を読んでみたり、グレゴリオ聖歌「グロリア」を解読してみたりと、最後まで飽きさせず、新鮮な驚きを提供してくれます。

本のサイズも新書判がちょっと大きくなったくらいで読みやすいです。

小倉博行著
白水社
1600円
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-06-19 23:30 | その他のことばの本