本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

遺す言葉、その他の短編

もうワールドコン開催まで幾日もなくなってしまいました。
本読むヒマもないというこの矛盾した状況。しかし、企画に名前が挙がってる人はきっと来日するだろうから予習しておかねば!

ということで本日はアイリーン・ガン。何せこの本のカバーの「略歴」のコーナーに、2007年横浜で開かれる世界SF大会に参加予定って書いてあるんだもん(来日しなかったらすみません)。

しかしカバーに刷るとは大胆な、絶対来年までに増刷する見込みがあるのねH川書房よ!
あ、いえ私たちが買って増刷して頂くんですね、すみません(低姿勢)。

非常に遅筆だということと、創生期のマイクロソフトに勤めていた、というので知られている作家です。

短編集なので内容を書くと必然的にネタバレになってしまうので書きませんが、自分の一部を何か(傍目にはつまらないもののために)に明け渡してしまう、という話を読んでいると、●イクロソフトっていうのは怖ろしい会社だったのかなーとぼんやり考えてしまいます。

鳥好きとしては、「コンタクト」が嬉しい作品です。
「時間は一方にしか流れないが、精神はおもしろいことにそれを超越する」かどうか、まずは読んでみてください。

1800円
早川書房
[PR]
by silverspoonsjp | 2007-08-06 23:27 | センス・オブ・ワンダーの本