本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

詩的遊戯術〈黄金の馬車叢書Ⅰ〉/未生 響 著 

a0003079_234249.jpgプライベート出版社、空中線書局による、さりげない造本も洒落ている本です。

作者によれば「言語遊戯」には、暗号やクロスワードなど遊び自体が目的のもの、掛け言葉など修辞上の技巧、そして言葉を使う本人にも予想外の驚きをもたらす、「詩的遊戯」があると言います。

たとえば、ランダムに単語を選んで、そこから連想を広げる「言葉のコラージュ術」、レイモン・ルーセルが使った「類音異文」(彼の著書「アフリカの印象」Impressions d'
Afrique〈アンプレッション ダフリック〉は、「自費出版」Impression a fric〈アンプレッション アフリック〉という言葉から連想されたものだとか。)等々、上げられている例はフランス語のものですが、とても面白いです。中でも、音響詩というのは圧巻(厳密には詩的遊戯ではない)でした。「樹」を「樹」といわず、自分で作った響きのよい言葉に入れ替えてしまい、全体として、とても響きはいいけど他人には何のことだかわからない詩を作ってしまうなど、まさに遊戯の極北の例が出ています。…といっても、英語もよくわからないくせに英語の歌を聴いているときは、ただ響きだけを楽しんでるわけでして。これからは「音響詩」をたのしんでるんだと思うことにしますかね(;;)

何の変哲もない材料から金が生まれる錬金術のように、日常的な言葉の組み合わせだけで豊かな世界を創り出すイマジネーションに感動する1冊。

76ページ
2004年 
書肆啓祐堂(サイトはこちら
1500円(税込)

空中線書局の手製本展についてはこちら
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/607896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chubb at 2004-07-08 02:39
こちらでは初めまして、こんばんは。chubb(=丸面)です。
空中線書局の手製本展に行かれたのですね。

私は京都の恵文社さんで行われているのを知ってはいたのですが帰国後忙しく、結局行くことができずじまいでした(泣)。
その後、アスタルテ書房へ行った時に空中線書局の本たちが並んでいてしげしげと見てきました。
この本も置いてあったように思うのですが・・・
う~ん、もう一度行く機会があれば見てこようと思います。

ところで事後報告ですみませんが、リンクさせて頂きました。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by silverspoonsjp at 2004-07-10 00:47
chubbさん、こんばんは!素敵な旅行の記録、拝見させて頂きましたよ!このブログは使いやすいけど、写真があまり載せられないのが玉にキズですよね(裏技も教えてもらいましたが、大変すぎて諦めました)。

恵文社さんとアスタルテさんは、一度は行ってみたい憧れの本屋さんです。しょっちゅう覗きにいらっしゃれるなんて羨ましい…(泣。

リンクありがとうございます。こちらもリンクさせて頂きました。これからもどうぞよろしくお願い致します。
Commented by aki at 2004-07-12 18:21 x
銀の匙さん、こんにちは!北国のあきです

言葉の遊戯、とても惹かれる世界です
その時の好みや気まぐれや人生観までが自然に含まれてしまいそうな感じ
あと20年くらい修行したら一緒に遊ばせていただけますか?(笑)

恵文社さんとアスタルテさん・・・・憧れの気持ちすらここからは届かないんじゃないかなぁ・・・・ちょっと悲しい(TT)

新しいblogの方にリンクさせていただきました(^^)
エキサイト同士だとこんなに楽しく簡単にぺったんできるんですね!
Commented by silverspoonsjp at 2004-07-12 23:17
北国のあきさん、こんばんは!
ようこそお越しくださいました。

確かに、言葉選びは、断片的であっても人柄を良く表しますね。この本の中に、適当な単語を選んでそれをランダムに組み合わせて詩を作る、という例が出ているのですが、ダダの人たちが選んだ語彙って本当に(T△T) 妙な語彙が多いです。あきさんは詩人でいらっしゃるので、私がお弟子となって鉢をかついで歩きます~。

エキサイトは、中で交流できるので楽しいですよね☆素敵な本がいっぱいのブログ、拝見させて頂きました。こちらからもリンクさせて頂きます。これからもよろしくお願い致します。

あ、それから、別のところの話題で恐縮ですが、書き漏らしましたのでこちらで…。星空の壁紙をお借りしたサイトさんに面白い仕掛けがあります。こちら↓で、
http://www.fixedstar.jp/
左フレームの下の方にある「アレ」をクリックしてみてくださいませ。あきさん、きっとお好きじゃないかと思います…
by silverspoonsjp | 2004-07-07 23:44 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback | Comments(4)