本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外国語をマスターするには?その3

さて、これからが本題です(前ふり長いよ!)

コツコツ努力するのが大苦手なわたくし、
もう英語はダメだと見切りをつけて(使う機会もないしね)
ほったらかしにしておりました。
旅行に行くたび、あーもうちょい英語できたらなーと思いつつ。

そんなときに私は1本の映画を観ました。
そうです、「ロード・オブ・ザ・リング」でございます。

それまでも洋画は好きでよく観ていましたが、
この映画の見方はそれまでとちょっと違いました。

とにかく長い!
上映時間が3時間(倒…)

にもかかわらず、セリフを聞き取るしかない!
当時、字幕に問題があると言われておりましたので。

このような困難があるのに、
私はこの映画にすっかりハマってしまいました。
まだDVDが出てませんから、都合何回、映画館に通ったでしょうか(爆)
ナレーションからセリフまで暗記するほど観ました。

翌年には第2部が公開されましたが、日本上映が待ちきれなかった私は
のこのこと、先に上映してたアメリカに出かけました。
そしたら何と、聞き取れるんですよ、現地のテレビが!!
もちろん全部じゃありませんけど。
いやー、本当に驚きました。思い当たる原因は、映画を観たこと、
これしかありません(他に勉強してないから)。

よく宣伝してる「○アリングマラソン」とか
「○出のドリッピー」とか、
あれで英語が出来るようになるなんて、ウソでしょ~と思っていた私。
しかし、場合によっては効果があるのかも。

ただ、自分が本当に好きな教材じゃなきゃ
繰り返し聞いたりしないので、
あてがいぶちの教材よりは
自分の好きなものを観たほうが良いと思います。

それにしても、オタクごころが何かの役に立つ日が来ようとは。
好きこそ物の上手なれ、とは言いますが…。

英語は基礎を長年学校で習ってるからねーというご意見はもっともですが、
広東語を習ってる人に聞くと、香港出張を命じられてる人より、
香港スターのファンの方が上達が格段に早かったそうです。

おそるべし、オタクごころ。

やはり、動機付けが大事です。
そしてこの動機は不純なほど…バキッ! ( -_-)=○)°O°)アウッ

ちなみに、第2部を観て、もうネタバレしてもいいやと思い
(それまで原作を読むのを我慢してた)
原作を読み、関連書を読み漁り、未訳本に手を出し、
果ては、欧米のファンがネットで書いてるサイドストーリーの類まで読みました。
(ヒマだなあ…)

まあ、ファンと言ったってたぶん書き手は中・高生なので
他愛のない話が多いんですけど、
おかげで語彙は簡単だし、話の筋は見当つきやすいし。
ときどき、私ですらわかる文法間違いもありますが。
面白いのは、一読して、書いたのがイギリス人かアメリカ人か、
かなりの確率で当てられることです。
語彙もかなり違うし、アメリカの子は大抵、歴史物の書き方を理解してない(爆)
元がイギリスの話だってことは、あまり気にしてないのかな…?

おかげで読解力もついた気がする(どこがだ!)。

というわけで、実戦的体験談(どこがだ!)はここまでにして、
次回はその2の続き。
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/6900213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by silverspoonsjp | 2008-03-14 09:15 | 英語の本 | Trackback | Comments(0)