本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フィンランドの伝統装飾 ヒンメリ(HIMMELI)

a0003079_14142344.jpg

工作機械からチャーハンまでDIYする男、いやワニが、
家の階段をじゅうたんから板張りに替えたため、
接着剤がきちんと付くまでお泊まりに行くことになりました。

選んだ行き先はなぜか京都。
いえ、桜が見たかったんですけど、
工事の進度の関係で、こんな半端な時期に…。

そして、せっかく京都へ行ったというのに、
相変わらず同じ場所を徘徊する私。
またしても一乗寺の恵文社書店へお邪魔いたしました。

その場では買わなかったものの、帰って買おうと思っていると忘れるかもと、
三条のアンジェでぱっと購入いたしました。

装丁の白く見える部分は帯で、外すと、同じ模様が銀の箔押しでついた表紙が現れます。
素朴さとモダンさを上手く表現した素敵な装丁です。

表紙の図案がつまり「ヒンメリ」の形です。
説明を読まずに中の写真だけずっと追っていくと、
確かに表紙にあるとおり一筋の光のような、洗練された造形です。

しかし、説明を読んでみると、これが麦わらで作られた伝統工芸品だとわかります。
そのギャップにいささかびっくり。

作り方が詳しく出ているので、作ってみるのも楽しいと思います。

ヒンメリは1150年ころからもう存在していたそうで、作者はずいぶん文献を調べていらっしゃるようです。せっかく本にするなら、もう少し背景なんかも読みたかったですね。そう思わせるほど面白い装飾品です。

a0003079_14144957.jpg
←本書10ページから。軒下に下がっているのがヒンメリ。

おおくぼともこ著
プチグラパブリッシング
1905円 2007年
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/7002773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Elfarran at 2008-04-14 17:19 x
この麦わら細工・・・クリスマスのオーナメントに活用されて
いませんか?ドイツのクリスマスマーケットでたくさん売られてて
それはシンプルだったのですが、この軒先バージョンは組み合わせて
立体にしたみたいですよ♪作り方書いてるのかぁ・・・買おうかな(笑)
作ってみたいカモ。。。。。お盆の馬とかみたいなのも藁で
作られたの、見たことあります。親戚かしら~(^m^)
Commented by silverspoonsjp at 2008-04-15 00:45
>お盆の馬とかみたいなの
そうそう、藁細工といえば、普通はそういうのを連想しますよね。だからこの本の巻頭の写真を見ても、あまりに整然としてて全然藁細工に見えなかったんですよ。ドイツのも結構カッチリしているのでしょうか。

作り方、バッチリ書いてあります。キット付きで展示してたこともあったみたいです。展覧会があったら見てみたいですね。
by silverspoonsjp | 2008-04-13 14:19 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(2)