本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

トロッコ列車

間に牛肉をはさみまして(笑)、ちょっと京都の続き。

清水へ 祇園をよぎる桜月夜…はもう時期的に遅かったのですが、京都御所が特別公開になっていると知り、出かけてみたところ、御所の枝垂れ桜は満開でした。案内には糸桜、と書いてありました。いかにも京都らしい感じ。御所の周りの公園は広くて、とてもすがすがしいです。皇居の周りにも公園はありますけど、京都御所のような、清澄な感じはないですね。
a0003079_2164543.jpg

皇居はもともと将軍の住まいだったから、堀があったり、真っ直ぐ中に進めなかったりしてものものしい感じなんですが、御所は貴族の屋敷の規模が大きくなったような雰囲気で、感じが良いです。

御所の中は、なぜか生活シーンの再現展示?がしてあり、菊の紋章入りグッズがあれこれ売っています。私は思わず、菊の御紋入り朱肉入れを買ってしまいました(をいをい)。商売上手いな~。
a0003079_2162047.jpg


その後、JRに乗って嵐山へ。この旅の2番目の目的である、トロッコ列車に乗るためです。前日にNHKで中継があったそうで、嵯峨嵐山の駅は大にぎわいでした。切符は予約してあったので座れましたが、当日切符は売り切れていました。ただ、立ち席だったら乗れますし、嵐山から亀山まで25分間の旅も、車窓を見ているとあっという間です。天気が良かったらふらりと乗ってみるのもいいかも…。亀山行きなら、右手の車窓の景色が綺麗です。

トロッコの駅では保津川くだりの予約もできます。列車と連動しているので、着いたら待たずにすぐ舟に乗れます。混んでる時期には利用してみるのもいいかも。

急流くだりだと聞いていたので、ニュージーランドのラフティングみたいなものを想像していましたが、さすがにそんなことはなく(当然ですか)、至って平穏な2時間の船旅でした。前の席に座ってるおじさんが保津川の景色をプリントしたカップ酒を取り出したので、その用意の良さに思わず爆笑…。10何人も乗ってる舟を漕ぐのは重労働なようで、途中何度も船頭さんが交代します。彼らが船べりをひょいひょい移動するのを見たり、さっき乗ったトロッコ列車を見上げたりするのも、タイみたいに物売りの舟が伴走(?)するのも、なかなか楽しい。連れは身の程知らずにも「紅葉の時期にまた来たい…」と贅沢を言っておりました。

a0003079_2055458.jpg
初期のトロッコ列車。人力で押してたそうな。まー確かにゴブリンが押してくれる訳じゃないから…(殴らないでください!)

a0003079_2144382.jpg
駅の売店で珈琲を買ったら、こんな素敵なカップに入れてくれました(プラスチックですが)。車内で悠々と飲んでいると、隣の席で缶コーヒーを飲んでいる、台湾人観光客の熱い視線を感じました。ほほほ、駅で買わないとダメなんですよん。正義は勝つ!(意味不明)
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-04-26 21:30 | プチ日記