本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

インド夜想曲/アントニオ・タブッキ


これは、不眠の本であるだけでなく、旅の本である。
不眠はこの本を書いた人間に属し、旅行は旅をした人間に属している。


こんな魅力的な序からはじまる中編小説。黄昏の雰囲気につつまれた静かな物語です。失踪した友人・シャヴィエルを探しにボンベイにやってきた男。小さな手がかりを追って、夢ともうつつともつかぬインドの夜の旅が始まります。

駅の時計が十二時を告げた。僕は眠気が襲ってくるのを感じていた。線路のうしろの公園からカラスの啼き声が聞こえてきた。「ヴァラナシというのはベナレスのことですね」と僕は言った。「聖都でしょう。あなたも巡礼に行かれるのですか」
 僕の連れはたばこを消して、軽く咳をした。「私は死にに行くのです」と彼が言った。「あと何日も生きられないのです」そう言って、彼は頭の下の枕の位置をなおした。「もう寝ましょう。あまり眠る時間は残っていませんよ。私の汽車は五時発です」
 「僕のはすこしあとです」僕は言った。
 「ああ、心配ありません。ボーイが時間に起こしてくれますよ。こうしてお会いした姿では、もうお目にかかることはないでしょう。このスーツケースではね。よいご旅行を」
 「あなたもよいご旅行を」僕はこたえた。



蒸し暑い夏の夕暮れにこの小説を手に取ると、まだ見ぬインドの喧騒に包み込まれるような気持ちがします。しかし、そのインドはどこにあるのでしょう。実際に行ってみてさえ、それは本物ではなく、私の心が映し出す影に過ぎないのかもしれない。

あるいは、旅とは元来そういうものなのかも知れません。

本作品は映画化もされており、物静かな主演のジャン=ユーグ・アングラード はこの作品の雰囲気にぴったりでした。ラストを除いては…(フランス映画ならこんなラストがお好みかもしれないけど)。
訳は須賀敦子。抑制がきいた、深みのある文章です。


須賀敦子訳
ISBN  4560070997
新書版  163p  白水Uブックス 1993年
[PR]
by silverspoonsjp | 2004-07-20 22:22 | センス・オブ・ワンダーの本