本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ボヌール

以前に、ミュゼ浜口陽三で開催されていた南桂子の展覧会を見る機会があり、そのとき会場で見て以来、買おうかどうかずっと迷っていた画集でした。

気に入っていた鳥の絵が載ってなかった(泣)ということもあるんですが、荒くれ者なものですから、どうもこのメルヘンチックすぎる世界について行けない感じがしたからです。

もちろん、メルヘンチックに見えるというのはこちらの勝手な取りようであって、よく絵を見ると、ふわふわしたモチーフの中に驚くほど強固な意志がのぞいているのが、ありありと伺えます。

もう一度見てから考えよう…と、後日本屋に行くと、巻かれた帯に、谷川俊太郎の言葉が載っているのに気づきました。

物語は立ち止まり 詩は口をつぐむ
見つめる私たちを 見つめ返す絵…


これ以上的確に、この画の本質を捉えた言葉があるでしょうか。
中味の詮索はたちまちどうでもよくなり、この帯の文句を眺めるためだけに、
本を買ってしまいました。

恐るべし、谷川俊太郎!

南桂子 著
リトルモア
2940円
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-05-21 23:39 | 素敵なヴィジュアルの本