本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

がーん

先日梅酒を漬けたので、ここにはそのことを書こうと思ってました。
で、携帯のメモリに入れた梅酒の瓶の写真を開こうとしたら、「ファイルが読めなくなった」みたいな警告が出て、それっきり、メモリーカードに入れたファイルがすべて消えてしまいました。

がーん。

どうもこのmicro SDカードっていうの、壊れやすそうで気になってたんだけど。
それよりも静電気か何かのせいでしょうか。携帯に戻して開けてみたけど、やっぱり何のファイルも入ってないらしい。

不幸中の幸いで、メモリカードがバックアップだったため、失くした写真は1枚で済みましたが、「バックアップを取っとけ」と言われてバックアップの方が壊れるなんて一体何を信じたらよいやら…。

と途方に暮れていると忘れそうだから書いとこ。

梅酒を作るとき、どのくらいの大きさの容れ物を用意したらいいか、忘れちゃうんですよね~。うちは、今年にっくき赤いフタの瓶を処分して、ガラスのフタの容器を買いました(だから写真を載せとこうかと思ったのです)。発酵しても金具が調節してくれるので、途中で様子を見なくてもすんで助かります。今回使ったのは、3リットルの瓶2つです。

梅は2Kg用意して、それぞれの瓶には1kgずつ。それに果実酒用のお酒と、氷砂糖を用意しました。うちは実を食べるだけだからお酒は梅1kgにつき1.5リットル。(パックが1.8リットル入りだからだいぶ余った)。こういうことをしながら「めぞん一刻」の一ノ瀬さんを思い出したりするわけです(一ノ瀬さんはお酒を飲み終わって梅が余っているのですが、その方が珍しいパターンらしいです。そうなの?)。

氷砂糖が1パック1キログラムだったので、うっかり1瓶に半分の500グラムずつ投入してしまいました。400gで良かったのに…失敗した。
やり直すにしても、来年なのね…。

と、渋い顔(たぶん)をしているところに、わに登場。
micro SDカードの中のデータがなくなっちゃった…!と訴えると、
「そんなはずない」とキッパリ。(←この冷静なところが憎らしい)
「どうせ乱暴に使ったに決まっている」とさんざん説教されたうえで、Macで読んだら
「ほら、ある」 
だって。
どうですか、奥様?憎らしくありません、うちのわに?(←忘恩の徒)
まあ、いいや、こちらがなくしたはずの写真でございます。
「カードリーダーのツメ壊したでしょう。もう使えないよ。何でも壊すんだから…」と説教は続きますが、もう見られた以上はどうでも良い私。お騒がせしました。

a0003079_037280.jpg
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-06-04 23:53 | プチ日記