本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

雑誌のバックナンバー

神保町のRBブックパワーが扱い品目を減らしてからというもの、雑誌のバックナンバーが手に入れにくくなって本当に困っています。

いったいあの大量の在庫をどこへやったのか?…の詮索はさておき、古雑誌というものは手に入りにくい割にはプレミアも付きづらく、あまり良い商売ではないんでしょうね。

銀座の教文館、神田の三省堂本店など、新刊書店で扱っている雑誌はそれほど多くないし(恐らく、次号が届いても返品しないと買い取りになってしまうためだと思います)、Fujisanなどのネットショップや版元の通販は、今も続いている雑誌で直近の号しか普通は置いていません。

頼りの図書館も、たいていの図書館では最近2年分くらいのしか置いてないのではないでしょうか。以前、廃刊になった大変貴重な雑誌の全号揃いを図書館に寄付しようとしたら、古雑誌は要りません、と思いっきり断られたことがあります(仕方ないから大学図書館に寄付しました)。

かような困難があろうとも、たとえば80年代前半に流行ってたスタイルについて知りたい!というような時は、本を見るより雑誌を見た方が確実。そして今はインターネット時代、どうしても買いたいという以外は日本の雑誌なら中味を見る方法はあるのでした。

一つは、国会図書館のアーカイブ「PORTA」を利用する方法。

↑このサービスは説明がわかりづらく、いまいち何が出来るのか判然としませんが、少なくとも、国会図書館に見たい雑誌が所蔵されてるかどうかはわかるので、あればお近くの図書館を通じて閲覧する、または国会図書館で見ることが可能です。運良くデジタル化されていれば、居ながらにして画像を見ることも可能(要登録)。

そして最近マイクロソフトのポータルサイトで始まったのが、
マガジンサーチ」というサービス。

今のところ、マガジンハウスの発行する「クロワッサン」「ターザン」など数誌のバックナンバーが閲覧できるだけですが、それでも全ページ読めてしまうのが凄い。

最近では雑誌もデジタル製版だろうから、印刷直前のデータを使えば、アップロードはお手のものなんでしょう。

ということで、直接の制作費はかからないとはいえ、一体どういうビジネスモデルになってるのか、それには興味があります。マイクロソフトが補助を出すとか…あり得ないか…あるいは、今後は広告を、バックナンバーとしてwebで宣伝できると言って集めようという算段なのでしょうか。雑誌の広告集めは苦戦しているし…。それにしても、なぜ苦戦しているかは、読者が減ってるからなのですから、何週間か待っていれば必ず無料で全ページ読める雑誌をわざわざ買う読者はますます減るのでは、というのは余計な心配なんでしょうか。

以前、某大手出版社で雑誌の編集をしている人に、冗談とも本気ともつかない口調で、「私たちは消耗品を作ってるだけだから…」とグチられたことがあるんですが、デジタルなら読み捨てられないけど、紙版が買っても貰えなくなったらわざわざ雑誌って形で出すことないですものね。
(やっぱりパソコンの画面で雑誌の紙面は読みづらい)。

一体、どうなることやら…。
[PR]
by silverspoonsjp | 2008-06-13 23:26 | 本にまつわるエトセトラ