本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

私が「ぴあ」にキレた理由(わけ)

皆さん、こんばんは。

わたくしこと、こう見えても「ぴあ」の年間予約購読読者でございます。給料天引きで購入し続けてはや◎◎年、こんなに長いこと読み続けてる雑誌は他にございません。

だけど、それもいよいよ、過去形になろうとしているのでございます。
なぜって…?2ヶ月前のリニューアルの結果がひどすぎるからでございます。
一体、読者を何だと思ってるのでしょうか。

そう、思い起こせば今は昔、隔週刊で使いやすかったのに、情報が増えたとか言って週刊になったときも(どう考えてもあれは売り上げと広告収入を増やそうとしてるとしか思えなかったけど)、私はおとなしく購読を継続いたしました。

あのとき、抗議しておけば良かった。

直近1週間~10日くらいの催し物しか載ってないと、社会人は予定を立てられないんですが、と。

とは言っても、ボリュームが増えた分、かなりマイナーな催しまでカバーしてるし、特集記事もたまに面白いのがあるしね、と善意に解釈したのでございます。

ところが、この11月に「ぴあ」は、またまた隔週に戻ったのでございます。良かったじゃん!とお思いですか…いやはや、とんでもございませんよ!(怒りはいよいよ沸点に)

忠実なる読者には告発の権利がある!

敢えて言おう、カスであると!

雑誌がリニューアルするというのは、たいていの場合、売り上げが落ちているということなので(だって、好評のものを変える必要ないですもんね)、必死のはずなんですが、頑張る方向が逆だと思うんですけど。

巷には情報がいっぱいありすぎるから、編集部が選んでオススメしましょう、というコンセプトには別に反対しないけど、だったら、さすがは「ぴあ」編集部!って思わせてくれる作品をオススメしてくれなくちゃ。まさかとは思うけど、広告出してくれたとこを推薦したりしてないでしょうね、と勘ぐりたくなるひどさ(しかも座談会形式でほとんど記事のていを成してない…)

レイアウトを変えて、情報は少なく、紙面は見づらくなってるし(情報が少なくなっても見やすくなってるならまだしも…)

ぴあのもう一つのウリ、インタビュー記事も、相手のことより書き手の事情が前面に出てる記事が目立つし(紙面が埋まるほどはしゃべってもらえないのかしら)

ぴあを買ってた最大の理由である、マイナーな特集上映や上映会情報に至っては、@ぴあをご覧下さいになってる始末。だったらネットで見ますよ?!(←あ、怒ってる怒ってる)

せっかく雑誌媒体なんだから、ネットじゃできない工夫がいろいろあるでしょう!何とかしてくださいよ。キレますからね、ホントに。
雑誌不況なんて言って、誰が悪いんだか…
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/7846689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by silverspoonsjp | 2009-01-23 23:55 | 本にまつわるエトセトラ | Trackback | Comments(0)