本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

指輪物語エルフ語を読む/伊藤盡 著

a0003079_23383455.jpgついに、待ちに待った本が出ました!映画「ロード・オブ・ザ・リング」の日本語吹き替え版でエルフ語の監修をなさった、伊藤盡(つくす)先生のエルフ語入門書です。
先生が講師を勤めるエルフ語講座には遠くて行かれない…という方も、この本があれば、講座の内容をかなりつかむことができるでしょう。

エルフ語とは、J.R.R トールキンが創造した言語のことで、彼の著作にエルフがしゃべる言葉として登場します。トールキン自身は、この言葉の背景として「指輪物語」や「シルマリルの物語」を書いたといっているそうなので、物語をより深く知りたいなら、エルフ語を知ることが大切になるわけです。

「エルフ語」の入門といっても、中味は言葉のレッスンだけではありません。前半は、トールキンの言語創造と、その背景にある、言語学や神話についての解説があります。

たとえば、古英語を話したアングロサクソンの王家には実際に「エルフの忠言(Alfred)」
「エルフの友(Alfwine)」という名をもつ王族がいたとか。

後半はクウェンヤとシンダリン、2系統のエルフ語の説明になっていますが、ここにも、言葉を通して物語をさらに楽しむための蘊蓄が詰まっていて、ファンには必読の書となっております。

これを読んでおけば、森でエルフに会っても大丈夫!

ISBN 4-413-03488-0
青春出版社 1400円
四六判 240ページ
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/795305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Chubb's Cham.. at 2004-08-06 10:48
タイトル : 皆様のお蔭です!
昨日なぜ梅田へ行ったかというと・・・ コレコレコレの理由であります。 正装したホビッツが表紙を飾る『DVD&ビデオでーた』'04.8月号、 その上に伊藤盡著『指輪物語 エルフ語を読む』、 さらに恐れ多くもその上に「スルッとKANSAI Rainbow Card」の「ロード・オブ・ザ・リング」バージョン。 帰宅してあちこちの素晴らしいHPのBBSをチェックしてから「エライコッチャ」 ぴゅーっと紀●国屋へ行ってまいりました。 で行くと呆然自失、指輪の幽鬼に頭をのっとられてパチパチ写真を撮るヘンな人と成り果てていました。 で、クラフトエヴィング商會の『猫』と『犬』を買い忘れ...... more
Commented by crann at 2004-08-04 14:56
森で会う予定のエルフは、どの種族でしょうか?(笑)
クウェンヤ訛りシンダール風味とかだと難しいでしょう。そういうときはいっそ西方共通語(笑)
それって古英語…もっと無理かもしれませんね…
私もこれから買いに行きます♪
Commented by silverspoonsjp at 2004-08-06 00:32
筆談って手もあるんでしょうが、書くのはしゃべるより難しそう。
よくあるじゃないですか、旅行先で必死に外国語をしゃべっていると、相手が突然「でさ~、それって、どういうことなわけ??」とか何とかめちゃくちゃ流暢な日本語しゃべりだすってパターン(泣。

この本、本当にお買い得です♪
Commented by wata at 2004-08-06 00:39 x
こんばんは〜。

>これを読んでおけば、森でエルフに会っても大丈夫!

ぜひ、会いたいですね〜♪
Commented by silverspoonsjp at 2004-08-07 02:11
wataさん、こんばんは~!
エルフ語講座の新規お知らせ、来ましたよ!
次はドワーフのお話が入るようです。

渋谷東急Beにて、エルフ語講座文化背景編

10月16日 北欧神話と伝説のエルフ語
11月20日 エルフとドワーフの微妙な関係
12月18日 ドワーフの書くエルフ文字

継続申し込みが8月25日までなので、恐らく一般申し込みはその後になると思われます。次回は少し受講者少なめかも…。
by silverspoonsjp | 2004-08-02 23:52 | 「指輪物語」関連の本 | Trackback(1) | Comments(4)