本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

天皇陛下の全仕事

知ってるようで知らないのが天皇陛下のお仕事。

ということで、宮内庁担当記者だった著者が、
天皇陛下の日常業務について解説している本を読んでみました。

社会科でも習ったし、報道されているお仕事もあるし、その大変さは
だいたい予測がつきますが、それを上回る激務です。

思いもよらない仕事が重要な事もあります。たとえば、国体や植樹祭など決まった行事への出席。これらは各県持ち回りで開催されるため、地方を訪問することになるわけですが、なんと、飛行機なら空港まで、新幹線なら東京駅まで、首相がお見送りに来るそうです。(知らなかった…)

他にも、国家の象徴としての立場から、あれこれ気を遣わなければいけない点があり、その辺も考えるだに大変そうです。

それにしても、何がキツイって、「天皇の国事行為」と決められている仕事は、入院か外遊でもない限り、他へ投げられないことあたりでしょうね。
国会を召集するとか、総理大臣を任命するとかは、そうしょっちゅうはないでしょうけど、法律や条令を公布するとか、栄典を授与するとか、細々したものが結構あり、書類の決裁だけで週2回、午後かかりっきりになってしまうそうです。

事務仕事以外にも、接見とか、奉仕団の人への挨拶とか、気疲れしそうな仕事がてんこ盛り。週休二日にならない週も多く、代休もままならない。
この状態が定年もなく、退位するまで続くんですよ。
法律によって「生活のかなりの部分がほぼ自動的に決定済み」な生涯とはどんなものなのか、想像もつきませんが、本書で見る限りでは、本当にお気の毒な印象です。

おかげさまで日本の伝統が守られている面はあるのでしょうが、
(とかいって、実はほとんど明治に作られた伝統だったりするけど)
だからってこれで良いのかという気はします。
日本で一番「滅私奉公」してる人が今上陛下とは(泣

ここで図らずも、数年前に日本でも公開された、スティーヴン・フリアーズ監督の「クイーン」を想い出してしまいました。イギリスのエリザベス現女王を主役にした映画です。

映画の中では、労働党の党首であり、ある種究極の反対勢力とも言えるブレア首相が、エリザベス女王には敬意を持って接する姿が描かれていました。女王は、自分の義務と役割に忠実であろうと努力し、公人として自らを律しています。その姿勢からは、おのずと品格がにじみでています。
 
自分の都合より義務や原則を優先するとは、言うは簡単ですが、いろいろな意味で難しいことだと思います。女王も戦中・戦後の厳しい時代をくぐり抜けてきたので、「不自由な生活」にも耐えられるということはあるのでしょうが…。

ただ、品格を保つということはその一方で、失うものも大きいと、映画を見たときには感じました。ある決められた秩序からはみ出さず、変えるよりは忍従によって自分を律する姿勢は崇高ではありますが、これからの未来、それだけでやっていくのはなかなか難しそうな気配です。

本書は「クイーン」とは異なり、天皇陛下の信条や発言などが取り上げられる訳ではなく、ほとんどがお仕事の内容について淡々と記しており(仕事を通じて人柄を描いている箇所もありますが)、好感のもてる書きぶりです。

講談社現代新書
山本雅人
[PR]
トラックバックURL : http://palantir.exblog.jp/tb/8043736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from foggyな読書 at 2009-09-26 21:26
タイトル : 天皇陛下の全仕事
巷で噂のこの本、私にしては珍しく新刊を購入。 銀の匙さんも紹介していらしたので、最近とみに物忘れの激しいこの頭(号泣)の中に、要チェック印をでかでかと付けて、忘れないようにしていたのです。 著者である山本雅人氏は、日経新聞で宮内庁担当の経験のある人。学習院卒ということもこの本を書くきっかけの一つだったのかな。 要するに、天皇陛下というのは超多忙だということがよくわかる本です、というと身もふたもないけれど、実際そうなんです。 日本の報道は偏りすぎなのではないでしょうかね。 大昔...... more
Commented by elfarran_in at 2009-03-09 01:05
“自分の都合より義務や原則を優先する”
ソコんトコ肝に命じて頂きたいヒトビトが多すぎますよね
国家の中核。
医術は仁術なんて単語も、もはやバッチグ~ぅ並な死語だしな。

天皇陛下のお仕事も大変でございますがコレを淡々と
こなしてらっしゃる姿には、贖罪的なにほひも漂い
見てると胸が苦しくなったものでございます・・・・◎室アルバム。
今の両陛下は、とても明るくてらっしゃるので
休日の朝の余興、いえ、余暇を過ごすにちょうどよい
のですが。←このあたりって不敬罪??^^;

侍従の方が、昭和天皇が訪問される先々で
ストップウォッチを持って歩幅と時間を計ってる
お仕事ぶりをドキュメンタリーで見たコトがありますが
それはそれは正に・・・陸上記録に勝るとも劣らぬ
コンマな世界で平伏した記憶を思いだしましてございます。

Commented by ラッコ庵 at 2009-03-10 21:21 x
日本で唯一、職業選択の自由など基本的人権がない方かもしれませんね。
いや、法律上は国民でさえないのかな?
ストレスで声がでなくなっても、過労で倒れてもやめることができないというのはお気の毒というかなんというか。
「環境がストレスになってる」と言われた雅子さま。じゃあ、離婚するしかないけど、皇太子妃って離婚できるんでしょうか?
Commented by foggykaoru at 2009-03-10 22:16
この本、ちょっと気になってました。
今度読んでみよう。

皇室の人たちって、式典とか、いくら退屈でもあくびすらできないんですよね。ましてやうたたねなど、、、って低レベルですいません。
でも、国会議員はうたたねするのが日常茶飯事のような気がする・・・
Commented by silverspoonsjp at 2009-03-11 23:32
☆Elfarranさん
なるほど~鋭いですね。考えても見ませんでしたが、ご指摘を頂いて、「贖罪的」というのは当たってると思いました。先代はそれで納得ですが、今はそこはかとなく「罰ゲーム」の方向に傾いている気も…(特に東宮妃に対してはね…)

エリザベス女王の映画では、戴冠の前に、国民に対する義務の遂行に生涯を捧げる決意をしたという場面があったように思いますが(うろ覚えですみません)実際、ご本人の意思はどれだけ働くものやら…。

>ストップウォッチを持って
声を掛ける人数や言葉の内容、長さ、滞在時間なんかも、来られる側にすると重大な関心事なので、不公平感が出ないように調整するのが大変みたいですね…。
Commented by silverspoonsjp at 2009-03-11 23:51
☆ラッコ庵さん
基本的人権はないかわり、義務の方は少なくとも二つはバッチリ果たしてますから、なんていうか非人道的ですよねぇ。この世界で育って慣れていてもストレスになるくらいだから、外の世界から来たらその心労はいかばかりか…。きっと一大決心をして嫁がれたでしょうに。

今の人は我慢が足りないとか批判する人もいるけど、たぶん病気になるほうが当たり前の反応なんだと思います。
Commented by silverspoonsjp at 2009-03-12 00:06
☆foggykaoruさん
小ネタ大ネタ取り混ぜてあって飽きさせませんので、ぜひどうぞ。他国の王室の話と読み比べてみるのも面白そうです。

割合小規模な美術展のオープニングなんかにも皇族が貴賓として招待されることがあります。拝見した方は、ほんっっとにスタイルが良かったです。それから、椅子の掛け方や会釈など、立ち居振る舞いもキレイ。微笑は独特で、あれをずっと保つのは筋トレより大変そうです。

人間、見られてない、いやさ、居ても居なくても一緒と思ったら、寝ちゃってもしょうがないのかも知れません。センセイ方のセレブリティ度をアップして、今日の◎◎センセイとかいって、一人ずつ顔をアップで撮って渋谷や新宿のスクランブル交差点とかで流したらどうでしょう。それかたまに議場に山羊を放して舐めてもらうとかね。飛び起きると思いますよ。
by silverspoonsjp | 2009-03-08 22:36 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback(1) | Comments(6)