本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

三つ子の魂

こんにちは。今日は夏休みでようやくのんびりしています。あ、もう9月ですね、早いなー。

さて、日経パソコンの8月号を見ていたら、とても気になる記事がありました。
と言っても、新製品のレビューとかではありません。

アメリカのラトガース大学教授、ヘレン・フィッシャーさん(写真で見る限りではメリル・ストリープに似てる)の紹介記事で、タイトルは

「現実世界で愛し合う二人は 仮想空間でも恋に落ちる」

恋愛の世界にネットの影響はまだなく、たとえ仮想世界の恋愛であっても、やはり現実を反映するとの結論です。

ほほー。

ま、そりゃネットでお見合いサイトを監修している博士の結論としては、そうでしょうとも。
しかし、私が気になったのは仮想か現実かより、この部分。

「そもそも脳は5歳から8歳ごろまでに、無意識のうちに自信の理想的な恋人のイメージを築き上げる」

それ以降にどんな小細工をしようとも、好きな人のタイプを変える事はできない、という説です。つまり、「だめんず」を選んでしまう人は、5~8歳の時に刷り込みが完了しているので、何度痛い目に遭ってもまた「だめんず」を選ぶ、と、そういうことですね。(お父さん、お母さん、気をつけましょう)

でも、この頃会う人のタイプなんて限られてますもんね(巻き毛の人も見たことなかったしさ)、どうもにわかには信じがたいんだけど…といいつつも、当時どんなタイプが好きだったか思いだしてみるとですね、




えーっと?



あっ、それは「バビル2世」(年バレバレやん)

ロデム。(こらこらこらっ!)

ロプロスでないあたり、自分の鳥好きも大したことないなーって思えてちょっとしょぼん(そういう問題??)

ひさびさなのにくだらないエントリーですみません。
皆様いかがでしょうか。
[PR]
by silverspoonsjp | 2009-09-01 16:23 | プチ日記