本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

本屋さんの品揃え

本屋さんはどういう風に品揃えしているのでしょうか。
 以下はいくつかの本屋さんの店員さんに直接聞いた話です。
 
 日本の書籍は「再販制度」を採用しています。再販制度とは、メーカーが卸や小売に商品の販売価格を同一にさせるもので、新聞、書籍などの販売システムが該当します。本に値引き商品がなく、全国同一価格なのは、そのためです(ただし、独占禁止法の面からいうと例外的な措置のため、業界でもバーゲン本を出すなどの試みをしているそうです)。
 ここでの小売とは本屋さんになります。本屋さんは基本的に本を定価で売り、仕入れは卸(取次<とりつぎ>)から行います。このとき、販売実績などの力関係によって、取次からどんな本が仕入れられるかがある程度決まってしまうそうです。

 通常は、本を仕入れても、返品条件を満たしていれば返品することが出来ますが、中には買い切りが条件の本もあります。古くは岩波文庫がそうですし、最近話題になったのは「ハリー・ポッター」の第4巻。返品不可だったため、大量に在庫を抱えたところもあったようです。
   
 このような流通システムのため、部数が少ない本だと、どういう本屋に卸すか(配本)のパターンが予め決められていることがあるそうです。そうなると、小さな書店や地方の書店にはなかなか変わった本は届きません。そういう書店では、取次へ注文を出さなければならないそうです。最寄の本屋で取り寄せを頼むと断られることがあるそうですが、ダンボール箱がいっぱいになるまで本が届かないので、お客さんを待たせることになるからと聞きました。
 
 取次から送られてきた本は、梱包を解いて棚に並べますが、これが結構な重労働。売れなさそうな本のセットは開けずにそのまま期限がきたら取次に返しちゃうと言ってる人もいました。そ、そうなの?

 小さな書店では、本屋さん単位で仕入れの担当者がいます。大規模な書店になると、各本棚ごとに仕入れの担当者がいます。本屋によっていろいろですが、たいてい仕入れやポップ書きなど全面的に任されると言っていました。だから、同じジャンルでも本屋さんによって、かなり品揃えに差があります。本屋さん業界は業界内で転職が多いそうで、定点観測していると、担当者が変わったのはすぐにわかります。
 
 店員さんは本に詳しく、かつ結構話し好きな方も多いので、空いている時間帯に本屋に行くことがあれば、お勧めの本など聞いてみるのも面白いと思います。
[PR]
by silverspoonsjp | 2004-03-24 18:02 | 本にまつわるエトセトラ