本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ISBN

 ISBNとは、International Standard Book Number (国際標準図書番号)の略で、JIS X 0305で規定され、国際的に統一された規格です。理論上は、100億冊の本に、異なる番号を振ることができます。  

 日本の書籍では、1981年以降出版されたものには、奥付、箱、背表紙などに、この10ケタの番号がついています。例えば、『旅の仲間 上1』なら、ISBN4-566-02362-1になります。
 
 このうち、最初の1桁「4」は国(地域もしくは言語)を表しています。(ISBNから国名を調べたいときは下記渋谷氏のサイトより、「ISBNの国名」をご覧ください) 。
 次の566は「評論社」の出版社コードを表しています。各出版社には、日本図書コード管理センターにより、固有のコードが割り当てられています(ISBNから出版社名を調べたいときは下記渋谷氏のサイトより
こちらをご覧ください)。
 次の02362は書名番号(刊行物記号)で、それぞれの出版者(社)が自分の発行した書籍に付けます。
 最後の「1」はチェック・ディジットといい、ISBNが間違っていないかどうかコンピュータが自動的に検算するためのものです。
 
 ISBNは全部で10ケタと決まっていますので、日本の場合は最初と最後を除いた8ケタで出版社と書名を表します。そのため、大量に出版するところは少ないケタ数が割り当てられ、書名番号のケタ数が多く使えます。大量に出版すると、よりケタの少ないコードが新しく割り当てられると聞きましたが、どうなんでしょう。   
 6ケタ出版社(うっ…)に勤める友人は、取引が古い順から少ない番号が与えられているのだと言っていましたが、それですと、00岩波書店、01旺文社あたりはまだ話がわかりますが、創業1954年の徳間書店が19で、1948年の学燈社が312なので変です。  ということで、やはり先に述べた見解が正しいものと思われます。   

                *           *             *
 
 なお、通常はISBNの後ろに、Cで始まる4桁の分類コードと、Pで始まる価格コードがついていますが、こちらは日本国内向けのものです。   それぞれの分類コードについては「CyberLibrarian」の分類コードのページをご参照ください。    
                *           *              *

 さて、前置きが非常に長くなりましたが、ここからが本題です。 今見ましたように、ISBNのうち、書名を表す番号は、出版者がつけたものです。同じ本なら同じ番号になりますが、問題は改訂したケースです。  
 一般に、増刷した場合、番号は変わりません。版が変わると、通常は番号も変えます。また、装丁を変えて「新装版」とした場合にも、振り直します。辞書などですと、改訂するたびにISBNを振り直さないと、読者が混乱することになります。
 ところが、出版者側の番号管理が徹底していない場合、または番号をつけなおすガイドラインが担当者によって曖昧だったりする場合など、必ずしもこの原則に従っていないケースが起こりえます。  
 そのため、ISBNだけを基準にした書籍の注文は、トラブルが皆無とはいえないのです。洋書の通販では、書名や装丁を指定しても、「ISBNで管理している」の一点張りなので、LotRのように、刷りによって単語が変わっていたり、映画化によって装丁がコロコロ変わったりするような本では、欲しいものがはっきり指定できないので困ってしまうわけです。書名でも指定できるようにしてもらえると有り難いんですけどね。  
 
 この項の記述につきましては、渋谷 憲政氏(久留米工業大学教養部)のサイトを参考にさせていただきました。

<追記>
2006年から、ISBNの先頭に「本」を表す数字3桁が加わり、11桁になりました。
[PR]
by silverspoonsjp | 2004-03-24 18:03 | 本にまつわるエトセトラ