本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2005年 12月 25日 ( 1 )

a0003079_2353121.jpg
(いきなりすいません。可愛かったのでつい)

皆様、こんばんは。大迷惑の雪のニュースを見ながら、なぜ東京はこんなに晴れている?と思うことしばし。厚着をした人が多く電車が混む=光化学スモッグ=晴れ これが東京の冬の三大特徴であります(試験には出ません)。

さて、いつもは明治通りの渋谷駅そばからキャットストリートに入り、表参道にぶつかったところでまた戻ってしまうのですが、せっかくだから原宿の方もぶらぶらしよう、と珍しく道を渡ってみました。

そういえばもう1年以上この辺まで到達していませんでした。せっかく来たし、ラ・フォーレのFOB COOPでハンドソープを買っていこう、と入ったら、がーーーん!
カフェだけになってました。また一つ原宿に行き着けの店がなくなっちゃった(T T)

同潤会アパートの跡地には、ベルリンの壁みたいなものが出来てるし。あまりにもみっともない建物なので仮設なのかと思ったら、これが「表参道ヒルズ」ってやつだったのですね。
安藤さんの設計だというから、もっと素敵な建物ができると思ったのに、がっくり…。入ってみないとわかりませんけどね。

a0003079_23533283.jpg
で、何だかもう帰っちゃおうかなムードになってたときに、ひょいと上の方を見たら、温かいオレンジ色の看板が目にとまりました。ステーショナリー屋に目がない私は、早速行ってみることに。裏から回ったので入り口がわからずちょっと困りましたが…。

a0003079_2354818.jpg
お店の名前はフライハイト(Freiheit)といい、本当に小さなスペースでしたが、輸入文具が並んだオススメのお店です。集めた切符を入れておく半透明のグラシン製封筒を探してたんですが、スウェーデンもの、カナダものなど各種取りそろえあり。そのほかにも、ボトルと封筒がセットになった「瓶に入れて送る手紙」セットだの、世界の主要都市の白地図がシールになったもの↑(韓国製らしい)など、洒落てて使える文具がたくさんおいてありました。

a0003079_11937.jpg
まだ開店したてということで、宣伝用につくったシールを頂きました。無料で頂いてはもったいなくらい可愛いです。HPはこちら。

この出会いに気をよくして、原宿通りを抜け、神宮前三丁目の交差点まで出ると、雑居ビルの1階にBooks&Cafe Issueと描いたポスターを見つけました。写真にはお店の内部が映っており、本棚に置いてある本に可愛いのがあったので、入ってみました。

上下2フロアを使っているもののこぢんまりしたお店で、道に面した側にテラスがあります。棚にはGlyph発行の書籍やムナーリ本などいかにもcafe向けの本が置いてあって自由に読むことができます。かなり手作り感はありますが、棚の本のセレクト一つ取ってみても、このところ個人開業のcafeに行き慣れたせいか、カフェがやりたくてやりたくて開きました!という雰囲気が希薄なのが惜しいですねえ。どことなくリサーチとマーケティングをがっちりやって、今いちばんウケてるスタイルにしてみました、って感じが漂ってるんですね…お店の人に聞いたわけじゃないから、これは単なる感想ですが。後はお客さん次第かな。

HPはこちら

去年~今年あまりにも忙しかったため、街歩きもさっぱり出来ませんでしたが、来年は犬年、犬も歩けば棒に当たるの信念でお散歩したいものです。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-12-25 00:56 | 書店めぐり国内編