本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー

<   2005年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

a0003079_2357285.jpg
積ん読してるうちに早2年ほど経ってしまいました。ちらちらとは読んでいたんですけど…。

作品論どころか小説自体をあまり読まないため、この本を読んで、読んだつもりになった小説がいくつもあるというお恥ずかしい状態です。そんな私でも興味深く読み通すことができました。

本書は室内空間から、時代背景を考慮しつつイギリス小説の読み直しを試みた論考を集めたものです。

実は、映画や演劇では、セリフの代わりに背景が登場人物の性格を語ることは珍しくありません。たとえば、イギリス人のトールキンが書いた原作を元に作られた映画「ロード・オブ・ザ・リング」を見るとそれはよくわかります。映画の最初の室内のシーンは前作「ホビットの冒険」の主役ビルボと、彼の甥であるフロドが住んでいる屋敷の内部です。

竜から宝物を手に入れ、また魔法の指輪をも手にして帰還したビルボが住まうこの屋敷は、いかにもイギリス風で居心地が良さそうです。紙切れや本があちこちに散らばっている部屋のありさまも、いかにも長いこと独身で気ままに暮らし、読書や書き物が好きな人の住まいであるという感じをかもし出しています。

「ロード・オブ・ザ・リング 公式ガイドブック」は、映画を撮った際のさまざまなエピソードがつまった本ですが、この中で美術監督がこの家を評して「いつまでも変わらない保守的なものを感じた。いくらかチューダー風でもあった…ビルボ・バギンズのような人物がいかにも住んでいそうなところだ」というコメントが強く印象に残っています。それだけに、映画の最終シーン近く、ビルボが去り、フロドが独りで住んでいる同じ屋敷の中の変わりように気づかずにはいられません。彼も叔父同様、使命を果たして帰還したものの、きれいに片付いた部屋は寒々として、彼の心の中を物語るかのようです。

映画を観てから本を読んでみると、トールキン自身が室内の描写をし、またそれによって登場人物の心情を描写している箇所が少なくないのに気づきます。彼は「ホビットの冒険」のためにビルボの屋敷の内装の絵まで描いており、物語の上でその場面がいかに重要であるかがわかります。

イギリス人にとって室内とは、そこに住む人の「魂の博物館」であり、その人の「城」だといいます。本書の指摘を受けて読み直してみると、イギリス小説の中で室内の描写が(または室内が描写されないということが)、どれほど重い意味を持っているかということに改めて気づかされます。また、作品が書かれた時代背景に沿った考察になっているため、イギリスの近代史に興味がある人にとっても心惹かれるものがあるのではないでしょうか。

目次は以下の通りです。

インテリアの歴史的表象
1 インテリアという表象
2 カントリー・ハウスと室内空間
   ―ジェイン・オースティンの館に触れて
3 もの溢れるヴィクトリア朝と作家たち
4 ウィリアム・モリスとアーツ・アンド・クラフツ運動      
   ―デザイン思想と社会改革のヴィジョン
5 世紀末の開かずの間
   ―『ドリアン・グレイの肖像』の室内装飾をめぐって

作品に読むインテリア
6 〈インテリア小説〉としての『嵐が丘』
   ―バルテュスの挿絵を手掛かりに
7 鏡で読み解く『ヴィレット』
8 〈見せる〉ことと〈使う〉こと
   ―エリザベス・ギャスケルの『北と南』における〈家〉の条件
9 寝台に横たわる人びと
   ―イヴリン・ウォーとカントリーハウス

生の空間を求めて
10 部屋の文学・家の文学
   ―E.M.フォースターのインテリア
11 〈子ども部屋〉にひそむ驚異
   ―イギリス児童文学にみるインテリアの表象
12 移動する部屋
   ―イシグロ、ロレンス、チャトウィンに見る断念の形影
13 変容する女たちの部屋―ドラブル、カーター、
   ブルックナー、レッシング、マードック


久守和子/中川僚子編著
ミネルヴァ書房 
ISBN 4-623-03752-5
定価 3200円 
A5判 316ページ
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-31 23:55 | 人文科学の本 | Trackback | Comments(2)

無駄遣い

a0003079_0462156.jpg

最後だから、つい、注文しちゃいました。劇場公開版より長くてフィギュアとおまけDVDのついた「ロード・オブ・ザ・リング」ギフトセット、フランス語バージョン。その名も、Le Seigneur des Anneaux III, Le Retour du Roi [Version longue] - Coffret Collector 5 DVD [inclus la miniature de la ville de Minas Tirith] ふーん、villeってつくのね…。inclus はincludeみたいな意味でしょうか。miniatureはミニチュア?何となくわかるようなわかんないような感じが面白いです。まだらボケ状態といいますか。英語版にもフランス語とスペイン語の字幕がついているようなんですが、吹き替えが聞きたいので…。

中国語のを買おうと思ったのに、現地で見あたらなかったのがよっぽど無念だったのか、思わず無駄遣いです。アマゾン・フランスを通しましたが、フランス語が全然わからない私は注文するのもどっきどき…。ただ、AIDEをぽちっとしたら、案の定、英語ヘルプのコーナーがあったので、少し気が楽になりました。アマゾン・フランスにはまだ「旅の仲間」のアルゴナスセットも「二つの塔」のゴラムセットも売ってるんですが、海外では限定発売じゃないんですね。

ログインするたびに「ぼんじゅーる ××」って出るのが、またどっきどき…。
さあ、無事に届くでしょうか!続報を待て!

早速続報です。どうやらDVDは無事発送された模様!Date de livraison estimee: 7 fév. 2005 - 12 fév. 2005 果たしてチャットに間に合うのか!!乞うご期待。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-28 01:08 | プチ日記 | Trackback | Comments(8)
a0003079_237149.jpgなんとなくまだ中国を引きずっておりますが、これはなかなか良い図録ですのでお許しを…。こんな展覧会、全然知らなかった、と思ったら、2004年の夏から秋にかけて、福岡、兵庫、新潟で開かれた巡回展だったそうです。お近くの方はごらんになりましたでしょうか。

前々から福岡アジア美術館が良いコレクション/企画展をしているという話は耳にしております。一度は行ってみたいのですが、何しろ外国に行くより高くつくため、なかなか踏み切れないのは皮肉な話です。

さて、この図録は、近代の中国絵画の歩みを俯瞰するものになっています。取り上げられた5つのタイプの絵画は、時代は連続しているものの、手法・画題・販売対象とも全く異なっているため別々に紹介されることが多く、各ジャンルごとの書籍はいろいろ発行され、それぞれに多くのファンがいます。それだけに、通史で見せる今回の企画はかなり欲ばった内容といえます。

a0003079_23164027.jpg

「チャイナ・トレード画」は、貿易で中国を訪れる西洋商人たちがお土産として買い求めたもの。画題も彼らの好むような異国趣味バリバリのものとなっております。ほとんどが油絵で描かれているのに、モチーフや構図が中国風味という組み合わせに奇妙な味があります。このジャンルの作品は香港の有名なデザイナー、アラン・チャンがモチーフとしてよく使っているので、目にする機会も多いのではないでしょうか。一見洋画風のものが多いなか、p。70の↑作者不詳のこの作品は、19世紀にもかかわらずこのポップでCGっぽい感覚が私の心をつかんで離しません。このジャンルではティンクワーの作品と並んでお気に入りです。

このほか、表紙に使われている「カレンダー画」もリバイバルがあるたびに人気の出るジャンルですし、今も現役な「プロパガンダ画」も取り上げられています。

専門家による解説も入った豪華な内容で1800円とはずいぶん安い気がしますが、図録なので写真の使用料が免除になっている、大量に作る、などのメリットのおかげでしょうか。私は神保町の中国専門書店・東方書店で買いました。東方書店では通販もやっています。国内書のコーナーで検索してみてください。ふつうの本屋さんでは扱いがないのではないかと思います。おそらく、開催館である福岡アジア美術館等で入手可能と思われます。

2004年 212ページ
A4変形 チャイナドリーム実行委員会
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-26 23:31 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(2)
a0003079_19224533.jpg

しばしの間、上海旅行におつきあいくださいまして、ありがとうございました。ようやく気持ちも日常生活に戻ってまいりましたところで、はずみをつけて神保町に参りましょう。

寒いときはあまり外をうろうろもしていられないので、本を買ったらとりあえずカフェに入ります。こちらのお店のコーヒーが、神保町の中では一番好きです。濃いめのコーヒーが好きなため、「濃いめがお好きな方はおっしゃってください」というお申し出が嬉しいです。

お値段は高いのですが、昼間のゆったりした雰囲気とこの味なら、十分納得です。2階にあって、直射日光は当たりませんが日差しを感じるので、冬は特に居心地よく感じます。打ち合わせしている人や文学談義に花を咲かせている人なども多く、神保町らしい光景です。お店の人がとてもいい感じなので、カウンターに座ってお話している人もいます。禁煙ではないみたいなので巡り合わせにもよるのでしょうが、タバコ関係でひどい目にあった経験はありません。

場所は、「ナウカ」の並び、靖国通りのマクドナルドとスターバックスの間の道をずんずん入っていったところです。この隠れ家的な雰囲気もいいですね。

お店のHPはこちら。おいしいコーヒーの入れ方などもわかります。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-25 19:22 | Trackback | Comments(0)
a0003079_23105376.jpg実際に旅行に行っているときより、計画立てているときのほうが楽しいことって、ありますよね。私はハプニングが起こる旅が好きなので、旅には絶対にガイドブックを持っていきません。ただ、行く前や帰ってきたあとに、ガイドブックを眺めるのは大好きです。

この「上海歴史ガイドマップ」は、唯一例外で、持っていったらよかったな、と思った本。上海をいくつかの地域にわけた地図帳ですが、良く見ると、現在の地名の下に別の色で、戦前の地名やビル名が記されています。オールカラーの地図のほか、本の後半には主な建物・地域の由来と解説、現在と過去の地名を検索できる索引がついています。上海のモダン建築や歴史に興味のある方なら、10冊のガイドブックよりこの1冊を強力にお勧めします。街のところどころに「○○暗殺現場」なんて入っているのも上海の歴史の一面ですね…。

この本の内容と特色についてはこちらがとてもわかりやすい紹介になっています。

木ノ内誠編著 
大修館書店 1999年
3,150円 214p
ISBN4ー469ー23205ーX

a0003079_23244371.jpg
また、上海の本屋さんに入ると、現地で編集・出版された「自助旅遊」ガイド本も目につきます。「自助」とはセルフヘルプの意味で、日本流でいうと「歩き方」シリーズのような個人旅行者向けの本に近いでしょうか。歴史建造物を見て歩くものとか、映画のロケ地めぐりとか、サブカルチャーシーンを観察する内容など、切り口もさまざまで面白いです。中国語がわからなくても、かなり旅の良いヒントになるのではと思います。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-23 23:24 | センス・オブ・ワンダーの本 | Trackback(1) | Comments(10)
a0003079_20485522.jpg上海の書店街-福州路の中心は、最大の書店、「上海書城」…なんですけど、大きすぎて疲れちゃいました。何でもそろってるかというと、同じ本を大量に置いてるだけで意外に必要な本はおいてなかったり…。

その近くにあるのが、思考楽書店。スコラ書店、と読むのでしょうか。ここは本を買うと自動的に会員になり、次回から本が割り引きになるというサービスをしています。中国では一般に本は定価販売なので、この販売方法はお店にとって結構負担が大きいと思うのですが、それだけにとても賑わっています。この書店の一階にあるのが、写真のフィギュア屋さん。LotRのフィギュアとかあるかなーと覗いてみたら、おいてあるのは中国マンガのキャラでした。

a0003079_21204076.jpg「図書闇市」-かと思ったら青空市ならぬ夜市でした。8折とは80パーセントオフではなく、8掛けの意味です。

いよいよ明日は上海編最終回の予定。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-22 21:35 | 書店めぐり海外編 | Trackback(1) | Comments(0)
a0003079_19441828.jpg上海といえば、やはりジャズ。1930年代、オールド上海時代のジャズバンドについて書かれた本なども見かけましたが、「季風書園」の音楽コーナーでいちばん目を引いたジャズの本はこれでした。

銀の表示にビニールカバー、正方形の、CDを思わせる本のつくりも名盤案内にぴったりです。デューク・エリントン、マイルス・デービス、ジョン・コルトレーンからパット・メセニー、ウィンストン・マルサリス、ジャミロクワイ、Us3あたりまでをカバーしています。

ジャンル名もいいですね。「人声(ボーカル)」「鍵盤・取様(キーボード・サンプリング…。オルガン・ジャズかな?)「大楽隊(ビッグバンド)」…。
a0003079_19445315.jpg

デザインといいセレクトといい、あまりに決まりすぎているし、ご当地ものは紹介されていないので、ひょっとして翻訳かな?と思いましたがオリジナルのようです。1ページに収まるコンパクトな解説もオシャレです。
「Mercy!Mercy!Mercy!」の解説には、いま上海で若者に大人気(らしい)村上春樹の評が引用されていたりして、やるな!って感じです。

王昕 著

世紀出版集団 上海人民出版社
48元 2004年 340ページ
ISBN 7-208-05095-3
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-21 19:44 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(0)
a0003079_20365924.jpg
本日も上海の本屋さんから。たまたま泊まっていた宿への最寄り駅でしたので、入ってみました駅構内の「季風書園」。日本にもよくある駅ビル内の本屋さんみたいなものかな、と覗いてみてびっくり。エントランス部分はムーディーなブックカフェになっています。
a0003079_20392445.jpg

中へすすんでみると、ワンフロアのちょうどいいくらいの広さの店内に、棚一つがワンコーナーくらいの展開で本がならんでいます。レジ前の平台にはオシャレなカフェにおいてありそうなビジュアル本や、若いホワイトカラーの子たちの興味を引きそうな本が並べてあり、奥には人文社会やコンピューターなどさまざまなジャンルの棚があります。壁面一つ分が翻訳小説というのも変わったチョイスです。

ちょうど東京でいうと青山ブックセンターみたいなスタンスの本屋さんなのでしょうか。各棚とも選書がよく、棚の真ん中あたりに、表紙を見せて並べるスペースをとっているのが目を引きます。行ってみた本屋さんの中では一番選びやすく、気に入ったお店です。
a0003079_20422611.jpg
←ゲバラなんか壁に掛けていてオシャレ…。本を入れてもらった袋を見たら、市内8カ所に支店があるようです。美術書専門店もあるらしい。うーん、行ってみたかった…

季風書園 陕西南路駅構内支店
9-22時 無休
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-20 20:47 | 書店めぐり海外編 | Trackback(1) | Comments(0)
a0003079_22233492.jpg

「紅楼夢」といえば昔から、中国文学のなかでもオタ…もとい、マニアの多い小説で、この小説を究めんとする学問は「紅学(ホンシュエ)」、フリークは「紅迷(ホンミー)」という用語まであるほどです。

本文は18世紀に書かれたものとされ、当初のタイトルは「石頭記」(石ころの物語)といいました。天をつくろうために集められた石ころが結局役立ててもらえなかったのを悲しみ、せめて人間世界を見てみたいという望みをかなえてもらい、そのときの事柄を記した物語だという意味です。石は裕福な家の少年・贾宝玉として、彼をとりまく美少女たちとの恋物語を織りなします。

ですから、宝玉の生活を描いた部分は、清朝のお金持ちの日常がこと細かに描かれ、リアルそのものなのに、前ふりの仕掛けによって、どこのいつの話かつかみどころがなくなっているという趣向なのです。

この本もの装丁も、線装の本に、中の絵が覗き見える帙をつけた、内容にマッチしたものになっています。
a0003079_2223568.jpg
a0003079_22244357.jpg


本書は晩清の時代の画家・孫温による、「紅楼夢」全編に渡る絵物語になっています。本編に登場する小道具(時計や調度)や壁に飾られた書画なども緻密に描きこまれています。必ずしも本の中の記述をそのまま描いたものではないようで、ここに描かれた内容を研究する人も出てきそうな、まさに入れ子の物語にふさわしい凝りようになっております。

オールカラーで色は綺麗ですが、若干版ズレがあるのか、あまり画像がシャープでないのは残念です。古籍書店で買ったとき、棚には1冊しかありませんでしたが、他のないですか?と聞いたら、奥からビニールでパックした開封してないのを持ってきてくれました。さすがです。

作家出版社 2004年
298元 270ページ 大型本
ISBN7-5063-3044X
a0003079_0346100.jpg

[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-19 23:07 | 素敵なヴィジュアルの本 | Trackback | Comments(0)

【上海】外文書店

a0003079_20303858.jpg


中国の大きな街にはたいてい外文書店という名前の大きな本屋さんがあります。ここは上海の福州路にある外文書店です。

ここで扱っているのは、(中国にとっての)外国語・外国事情に関する本と、輸入書です。むかーしむかしには、この系列の本屋さんにいくとたいてい、「内部発行」というナゾめいた部屋があり、「外賓免進」(外国のお客様は入らないでください)と書いた札が下がっていたものです。すわ、国家機密でも??と思いきや、外国の中古本とか、早い話が海賊版のようなものを置いてたりしたのです。

いまは国家機密より海賊版を置いているほうがヤバくなったせいなのか(爆、そんな看板はとりあえず見ませんでした。そのかわり、直輸入の洋書が占める割合が大きくなっており、お値段も日本並みかそれ以上です。デザイン書のコーナーには「wall paper」など、ほとんどダイレクトにオシャレ系の洋雑誌などが入っているようです。

中国では長らく辞書の編纂は国家事業でしたので、中国の老舗出版社から発行された辞書はいずれも質が高く、権威あるものです。中―中の小さなものなら「新華字典」、広辞苑並みのものなら「現代漢語詞典」をお勧めします。ただ、これらの辞書は日本でも中国書を扱うお店で手に入りますので、英中対訳の読本や、中国文化を英語で説明したものなど、この書店ならではの本を探してみるのも面白いです。日本語の雑誌や漫画なんかもおいてあります。

ちなみに、階段には壁の両面を使って、「ロード・オブ・ザ・リング」の洋書を宣伝するポスターが張り巡らしてありました。

a0003079_2042734.jpg


真ん中の空間には白の勢力、片側の壁には闇の勢力が貼ってあって、お、ファンがいるね?と嬉しくなっちゃいました。

外文書店について日本語では こちら

福州路390号
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-01-18 20:48 | 書店めぐり海外編 | Trackback | Comments(2)