本と読書をめぐる冒険


by silverspoonsjp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0003079_2181552.jpg
何を隠そう、東京では水曜夜10時にやっているバラエティ「ワンナイ」のゴリエちゃんの大ファンなのです(まだ2回しか観てないけど)って言ったら家の者に

「ゲイが好きなの?」

と聞かれました。
…あのね。それはゴリエちゃんと、ゲイの人、両方に失礼なの。

ゴリエちゃんはゲイはゲイでも「芸」の方なの!しかも日本の伝統芸なんだってば!
玉三郎やタカラヅカのファンなんて日本じゃ普通の趣味なんですからね!
と反撃したけどあまり分かってくれませんでした(T T)

とにかくですよ。ゴリエちゃんは愛らしい。
今時、「~なの」「~わかんない☆」なんて言葉遣いする女の子いないもん。

こちらではゴリエちゃんのDVDが発売になっていました。
さすがに買いはしませんでしたけど…。

さて、ここでまたお知らせです。誠に申し訳ございませんが、明日から夏休みでチェコに10日間ほど行って参ります。戻りましたら、またご報告させて頂きますね。
それでは、皆様お元気で!
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-09-18 23:34 | プチ日記
a0003079_225577.jpg
頭隠して尻隠さず
おっ、神保町にいきなり曳舟警察署出現…か?
と思ったら、よく見るとホシは証拠を…。
a0003079_22552074.jpg
こんなところがロケ地になるとは驚きです。そりゃ、ホンモノの警察で撮影したらジャマでしょうけどね。

この建物は学士会館といって、旧制ナンバー中学の同窓会が母体になって出来た会員制の施設でした。ごく最近改築してしまいましたが、戦前からのモダンな雰囲気を内装・外装ともに残しています。戦後はGHQに接収され、将校クラブとして使われていたそうです。レストランがあって、今では誰でも中へ入れますので、建築に興味がある方は、神保町に来られた折にはぜひ覗いてみてください。ことに建物に向かって右端の洋食店「Latin」には元の雰囲気がかなり残っています。

また、談話室や囲碁室は会員制かと思いますが、前に会員の方と打ち合わせをするので入ったことがあります。見渡す限り身なりのりゅうとしたおじいさんばかりというスゴイ空間でした…(^^;)その関係か、ここの外エスカレーターは日本一遅いんじゃないかと思うほどゆっくり動きます。おかげで、いつもつんのめりそうになります。却って危なくないんでしょうか。

上の階には宿泊施設もあります。できれば1度は泊まってみたいですね~。

HPはこちら。Historyの項目を参照させて頂きました。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-09-12 23:12

Style's Good Food Service

ようやくまともに外食も出来るようになったので(先週まで昼も夜もコンビニ弁当でございましたよ、トホホ)、久しぶりに遠出したりしてみます。

こちらは、道の明治大学側を駿河台から下がり、駿河台交差点へ下りきる途中に昔からあるお店ですが、内装をリニューアルしてなごみ度が上がっております。椅子はゆったりとして座りやすい、ケーキは手作りでおいしい。言うことなしです。食器はシンプルで心地よく、ランチメニューのパスタとタコライスは評判も上々…なんですけど、昼の時間帯は避けまくっておりました。

何せ、周囲に飲食店が少ないため、ここまで来て入れないとたちまち昼食難民の仲間入りだからです。しかも、そんな客の窮状を知ってか知らずか、お店の人の対応は悠々したもの。入り口から中が丸見えなので、空席がバッチリ把握できてしまうのですが、段取りさえしっかりすれば誰も待たずに済むのに、行列させたいためにわざとやってるのでは??と勘ぐってしまうほど…というのは毒舌が過ぎますが、まあ、そんな人気のお店に、時間の余裕がないとき行こうとする方が悪いんでしょうけど。

コーヒーがおいしいし、中で小さな展覧会が開かれていたり、面白い本が置いてあって自由に読んだりできるので、空いてる時間に行くことをオススメいたします。

お店の情報はこちら。最近土曜も営業を始めたようです。

さて、ここには限らないんですけど、最近ランチどきまで「お連れ様が全員揃ってからご案内します」というお店が増えてきましたね(そんなの神田だけかしら)。かき入れ時の客に長居されたら困るというお店の事情はよく分かるけど、たいていのサラリーマンは、お昼休みが1時間以内で、しかも神田あたりじゃほとんどの人は1時にはオフィスに戻らなければいけないのです。だからたいてい、この辺の普通のお店は12時40分を回るとお客さんの波がいったん引きます。全員が揃おうが揃うまいが、お店にとっては同一の時間帯に入れるお客さんの量は違わないんじゃないでしょうか。

並ぶとわかったら、友達に注文を頼んでさっさと用事を済ませないと困るときだってあるので、お客の事情も分かって欲しいなあといつも思うのです。何かヘンなグチのエントリーですみません。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-09-11 23:32 | プチ日記

無何有の図書室

a0003079_854859.jpg
こちらは「無何有」の図書室。エントランスには座り心地の良い椅子が並べられ、ゆっくり読書が楽しめそうなしつらえ。

a0003079_8542573.jpg
奥には逆コの字型に書架があり、ビジュアル本や旅の本などが収められています。チェコに行こうと思っていたので、早速「黄金のプラハ」を抜き出して読み始めました。他には誰もおらず、遠くの花火の音が聞こえます。

部屋に持って帰ってもいいとのことでしたので、ハンモックにゆられながら読書。山庭の緑がことの他美しかったです。紅葉のころ、雪景色のころ、桜のころ、四季折々の様子も見てみたいなと思いました。予算的に、当分は無理そうですけど…(T T)。ホテルの中に籠もりっぱなしというのはどうかと思っていたけど、たまにはこういう夏休みも悪くないです。

無何有のHPはこちら
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-09-10 09:08 | プチ日記
a0003079_23265743.jpg

急遽時間が空いたので宿の当ても何もなく、急遽ネット検索で見つけた加賀は山代温泉のこのお宿。お高いけど、面白い設計の建物みたい。ま、1泊くらいは良いでしょう…ぽちっとな、としたら、えーっと、この値段は一部屋分じゃなくて、一人分??そ、そりゃお友達同士ならアリでしょうが、二人分となると…てことで、今まで泊まった中で一番お高いお宿でございました(T T)

上は受付(フロントっていう雰囲気では全然ない)で頂いた宿のリーフレット。和紙で出来た表紙に、中は各部屋の写真。いかにも日本の宿的なものでうううーむ、なのでございますが、奥付を見ると、この建物を設計した方がデザインしています。リーフレットのような、紙モノまで含めて宿の設計だと考える姿勢は素晴らしいと思います。

a0003079_2338670.jpg

滅多にないこのような機会には、本当にその値段に見合っているかどうか気になるうえに、つい点が辛くなってしまうのが貧乏人の悲しいさがでございますが、ここのお部屋は良かったです。最大のおもてなしはセミの声。セミの声のシャワーを浴びながらハンモックでゆったりしたり、お部屋に付属の露天風呂に入ったり…。ああ、極楽。


a0003079_0472120.jpg

最近のこの手のお宿には良くあるそうですが、ステキな図書室がついてます。写真の容量をオーバーしちゃったらしいので、それはまた明日に。
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-09-09 23:40 | プチ日記

【金沢】あうん堂

a0003079_002391.jpg

ご無沙汰いたしました。ようやく仕事も一段落です。途中で覗きに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、実は途中数日抜け出せた日があり(本当は仕事をしなくてはいけなかったのですが…ゴールデンウィーク以降ずっと休まなかったから許して)、ここぞとばかり金沢へ行って参りました。

金沢21世紀美術館で展示を見るのが目的だったのですが、欲ばって市内も歩いてみました。東京から電車だと4時間かかるので、実質半日くらいしか街歩きの時間がなく、歩いたというより走ったという方が正確です。金沢は2回目とはいえ、かなり昔に行ったので面白いところはないかなあと思い、ミニコミを探しにBook246に行ってみました。ここは23時まで営業しているので滑り込みセーフ。開いてて良かった!

探していたのはこの本です↓
a0003079_011837.jpg
住んでる人が面白いと思うところが旅行者にとって面白いとは限りませんけど、少なくともそこの人がどんなものが好きかはわかります。この小冊子[そらあるき」は金沢で個性的なお店を持つ店主さんたちが集まって作ったもの。でも単なるお店の宣伝ではなく、最近の個人発行のミニコミっぽい雰囲気。定価300円です。

ちなみに「そらあるき」とは、雪の上を、雪を踏み抜かずに歩けたときのことを指すそうです。普段歩くときより、ちょっぴり空に近いお散歩。ステキな言葉です。

その中で編集スタッフに名を連ねる古書店にひかれて訪ねてみました。名前はあうん堂さんといい、ひがし茶屋街のほど近くにあります。間口が狭い町屋作りで茶屋街の建物に似ています。ドアを開けると、細長い建物をうまく生かした作り、古本スペースより喫茶スペースの方が心持ち広いかな、という感じで、その古本スペースがヒミツの隠れ家風なのがとても良いのです。

金曜日の昼下がりなのにお客さんが何人も来ていて、気を利かせた先客が席を空けてくれました。お店のご主人夫妻(?)も「やあ、いらっしゃい」くらいの勢いで、金縁メガネの端からじろっとお客を品定め、みたいな老舗古本屋の雰囲気とは全然違います。お友達の家のダイニングに通されたようなアットホームな感じです。

古本探しというより、ここでちょっとした朗読会だの、読書会だのをしたくなるようなこぢんまりしたスペースで和めました。こんなお店が近くにあったらきっと入り浸っちゃうだろうな…。昔、小泉今日子さんが「大人の部活」という魅力的な提案をしていましたけど、大人の部活室にぴったりだなんて勝手に思っちゃいました。めちゃくちゃオススメです。

あうん堂さんのHPはこちら
[PR]
by silverspoonsjp | 2005-09-08 23:59 | 書店めぐり国内編